「 お金の知恵 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
エネルギー獲得に有利な江戸に魅力を感じたのは.当然だった  第 719 号

エネルギー獲得に有利な江戸に魅力を感じたのは.当然だった 第 719 号

 発電設備のないダムにも発電機を付けるなど 既存ダムを徹底活用せよ ! ―  持続可能な日本のための秘策。   世界でもまれな「地形」と「気象」で エネルギー大国になれる !  「日本のダムは、ちょっと手を加えるだけで、 現在の水力発電の何倍もの潜在力を 簡単に引き出せる――。  この事実を、今、日本の人々に伝えることが、 数少なくなった「水力のプロ」としての 私の義務...

続きを読む

「非凡な」「尊敬される」会社になるための方法  第 715 号

「非凡な」「尊敬される」会社になるための方法 第 715 号

 ソニーは起死回生なるか?  アップルはさらなる 成長を遂げられるのか?「売れる企業」「売れる ブランド」とは何か? 2社のモノづくりや 経営戦略などを、過去から現在に至る まで俯瞰して徹底的に検証する。  企業に永遠はなく、栄枯盛衰が 繰り返されてきた。  現在絶好調のアップルとて、1996年にスティー ブ・ジョブスが復帰するまでは、「身売り 確実」と言われる状況にあっ...

続きを読む

今!!この瞬間から周りの人の目を気にするのをやめよう  第 698 号

今!!この瞬間から周りの人の目を気にするのをやめよう 第 698 号

 Iotという言葉を最近ニュースでも よく耳にすると思う。  これは、ありとあらゆる「モノ」がインター ネットとつながっていくことを意味する。  すべての産業が「水平分業型モデル」となり、 結果〝タテの壁〟が溶けていく。  この、かつてない時代に求められるのは、各 業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。  そして、「越境者」に最も必要な能力が、 次から次に自分が好...

続きを読む

肉体を鍛えることと脳を鍛えることは切っても切り離せない  第 683 号

肉体を鍛えることと脳を鍛えることは切っても切り離せない 第 683 号

 「日本を待ち受ける世界との競争に一番必要 なのは、実は英語だけでもMBAだけでもなく、 カラダ作りとコンディショニングだ! 」  私がこの本を書こうと思ったのは日本の リーダー像と世界のリーダー像に大きな 乖離があると感じたからだ。  もっといえば、現代日本人をリセットして、 文武両道が当たり前だった古来の日本人の 生き方に戻すためである。  織田信長も宮本武蔵も嘉...

続きを読む

概念を手描きして見せる存在がプロジェクトの要のポストにいられる  第 666 号

概念を手描きして見せる存在がプロジェクトの要のポストにいられる 第 666 号

 フェラーリやマセラティをデザインし、近年は 家具や食器、そして新幹線のデザインまでを 手がける、世界的な工業デザイナー・奥山清行氏。  氏は自身が活用できた理由を、「日本人として のセンスがあったから」だと断言する。  では、その日本人のセンスとはどんなもので、 それを引き出すためにはどうすればいいのか。 それを説くのが本書。  個人が世界で活躍するために、そして日本...

続きを読む

社会に役立つことを選択した方が.最終的には自分も得をする  第 643 号

社会に役立つことを選択した方が.最終的には自分も得をする 第 643 号

 脳科学の権威、苫米地英人氏がすべてのビジネス マンに送る脳力UPの秘訣!  ますます情報化が進むストレス過多な現代を生き 抜くには、「スピード」が命! 迷いなく賢明な 即決即断そして行動で成果を出せる脳を つくるための行動習慣ヒントが満載。  実際、即断即決ができるようになると、 あなたの人生は変わる。  スーパーマーケットで買い物に1時間かけている 人は、ネットで...

続きを読む

自分の分際をわきまえ.とにかく稼ぐことだけに専念せよ  第 641 号

自分の分際をわきまえ.とにかく稼ぐことだけに専念せよ 第 641 号

 江戸・明治の日本で、巨万の富を築いた驚くべき 商人がいた! 「現銀安値掛け値なし」で大繁盛を 生み出した三井高利、酒造業・両替商で 大坂一の豪商となった鴻池善右衛門、 大文字屋を創業した下村彦右衛門、 みかん船や材木商で大成功した 紀伊国屋文左衛門、真珠の養殖で富を 成した御木本幸吉など。  彼らはなぜ一代で成り上がれたのか。  いかにして商売を大きくしたのか。 ...

続きを読む

クオリティが高い人はすべて仕事が速いものだ  第 614 号

クオリティが高い人はすべて仕事が速いものだ 第 614 号

 とことんまで無駄なものを持たない「整理術」 最高に効率のよい環境をつくるための「片づけ術」 そして、その上で最大のパフォーマンスを発揮する ための「段取り術」について、事例を交えて紹介。  忙しい人は、成功できない。  「うちの会社は社長などいてもいなくても同じ」 と社員から陰口を叩かれるのは、それだけその会社 が上手く経営されているという証拠なのだ。  ロスにあるY...

続きを読む

失敗を繰り返しながら.実直に成功へ近づいていったのだ  第 609 号

失敗を繰り返しながら.実直に成功へ近づいていったのだ 第 609 号

 著者は長年、孫正義社長のどんなむちゃぶり にも答えてきました。  そのために必要だったのが、超スピードで、かつ 確実に成果を出す仕事をすることでした。  本書は、そのためのノウハウを凝縮したものです!  その仕事術とは、PDCAを確実に、かつ超スピード で回すというものです。  ソフトバンクでは、いまも6万人超の社員に 求められています。  特別な能力を持っ...

続きを読む

幸福とは「人の役に立ち、人に必要とされること」  第 607 号

幸福とは「人の役に立ち、人に必要とされること」 第 607 号

 人間が成長する存在であることを考えれば、 日本的経営の方が経済的パフォーマンスも 良く、人々や社会を幸福にするパワーも はるかに優れています。  今日の優れた欧米企業はそのことに気づき、 日本的経営を咀嚼し、追求しています。  筆者は欧州で4年、アメリカで3年、日本企業の 現地法人社長として企業経営を経験している。  逆に欧米で仕事をしていると、欧米企業のほうが、 ...

続きを読む

スポンサードリンク