「 お金の知恵 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
お客さんの不安を解消してこそ仕事の意味が生まれる 第1,258号

お客さんの不安を解消してこそ仕事の意味が生まれる 第1,258号

  エリザベス女王から「庭の魔法使い」と絶賛され、 世界の最前線で戦う男は、こんな「基本」を 大事にしていた。世界が賞賛する日本 人の、勇気に満ちた仕事哲学。  実績も知識もない、英語もできない僕が、30代半ば をすぎて始めた庭づくりで、世界一をとれ た理由がここにある。  日本人が世界で活躍するために必要なことは何か。 日本での...

続きを読む

すべてを捨てる覚悟ができると与えられる 第1,249号

すべてを捨てる覚悟ができると与えられる 第1,249号

 三日月という月は存在しません。太陽 の光が当たる角度によってそう見える だけです。ほんとうの姿は、欠けて いる部分などまったくない「まんまる」。    同じように、あなたも自分や人の三日月 ばかりを見ていませんか? 「まんまる」 (=答え)に目を向けるだけで、三日 月(=問題)は消えてなくなるのです。    25年にわたり15万人を救ってきた カウンセリング界のカリスマが 語る、究極の人生論! ...

続きを読む

人間は欲望が満たされると自惚れ.身勝手になってしまうものだ  = 3-1 = 第1,232号

人間は欲望が満たされると自惚れ.身勝手になってしまうものだ = 3-1 = 第1,232号

 ファーウェイという企業をご存知でしょ うか。初めて明かされる紅い巨人の素顔、 中国語社名は「華為技術有限公司」。    世界170カ国に展開、世界人口の3分の1 にサービスを提供し、米国の経済誌に 「世界でもっとも革新的な企業」 として、フェイスブック、ア マゾン、アップル、グー グルに続く第5位に 選ばれるようなグローバルIT企業です。    1987年。任正非(レン・ツェンフェイ) という中...

続きを読む

情報技術によって大きな変化が生じるのはごく当然のことだ 第1,229号

情報技術によって大きな変化が生じるのはごく当然のことだ 第1,229号

あけましておめでとうございます  みなさまには新しいこの一年の無事と 健康や幸せを願われたことでしょう。  神様にお供えしてからいただく お祝いの料理であるおせちに関して はお正月行事と暦 第 46 号に 書いております(参考にして いただければ幸いです)。    仮想通貨を支える情報技術、ブロック チェーンが、いま、応用対象を拡大し、 ビジネスや経済、社会の姿を劇的 に変えようとしている。   ...

続きを読む

大きな社会変化が差し迫った時代の中で生き延びる秘訣 第1,222号

大きな社会変化が差し迫った時代の中で生き延びる秘訣 第1,222号

 世界の経済が、密接につながりあう 現代において、国家財政破綻は、 もう「対岸の火事」ではありません。    いざ、それが降りかかってきたとき、 はたして自分は冷静に対処すること ができるのか、はなはだ不安です。    その要因を探ると同時に、破綻の根底を 成している「変わらない人間の欲望」 を自戒するための書籍でもある。    デトロイト、2013年。アメリカ 自治体史上、最大の財政破綻。   ...

続きを読む

実は米国の驚異的な投資家の厚みに支えられている  = 2-2 = 第 1,218号

実は米国の驚異的な投資家の厚みに支えられている = 2-2 = 第 1,218号

 火星を目指し、マスクほどのスケール で人類の未来の物語を語れる人物 はほとんどいない。    マスクはロケット、電池、ロボット、 人工知能、そして脳に至るまで、 知の最先端を横断していく。    本書を書きながら常に頭にあったのは 構想すること、仮説を披露する ことの力である。    エンジニアとデザインナー。    「彼は驚くほど先端技術に詳しい。技術 者をつかまえては質問責めにし、現場 を改...

続きを読む

実は米国の驚異的な投資家の厚みに支えられている  = 2-1 = 第 1,217号

実は米国の驚異的な投資家の厚みに支えられている = 2-1 = 第 1,217号

 地球の温暖化防止と火星への移住法の 確保という人類規模の壮大な目標を 掲げるその個性は現代の起業家 の中でも突出している。    ベンチャーとしては極度にリスクの 高い重厚長大産業で新たな手法に 次々に挑み、米国のものづく り復権の最先端を走る。    しばし考えた後で、整理された答え が流れるようにあふれ出る。    大胆な構想と冷静な判断でテスラや スペースXなどを率いる希代 の起業家マスク...

続きを読む

最近の日本のテレビ界はガラパゴスといっていい 第 1,216号

最近の日本のテレビ界はガラパゴスといっていい 第 1,216号

 世界的に見ても、日本のテレビ界はガラ パゴスといっていい。ニュース報道、 テレビ映画、テレビタレント―。    そして、若者がテレビを捨てた。 この本は、衰退へと向かいつつ あるテレビというメディアに、 その“余命”を宣告した本である。    田中角栄が見つけた「ビジ ネスモデル」とは。    テレビ局が開局するには、監督 官庁の意向が大きく左右する。    かつては郵政省がこれを担当し、地方の...

続きを読む

情報や人脈を活用し秘密インテリジェンス機関を作り上げていった 第 1,212号

情報や人脈を活用し秘密インテリジェンス機関を作り上げていった 第 1,212号

1949年、中国・山西省でまだ日本兵 達は戦っていた。彼らだけではない。 帰国した大本営参謀、軍人や児玉誉士夫 らは、「理想」の実現を諦めずに 戦い続けていたのである。 ある者はアメリカと手を結んで反共活動 に身を捧げ、ある者は日本軍復活のため に奔走し、ある者は政界工作に突き進んだ。 その活動はいつしか、東アジア 全体へと波及していく。 CIA文書など発掘資料をふんだんに 使いながら描く、戦後の...

続きを読む

顔を見ることを通じて.相手の健康状態や精神状態を知る 第1,211号

顔を見ることを通じて.相手の健康状態や精神状態を知る 第1,211号

日本全国の“地勢と気象”に注目する著者 が、歴史の謎に新たな光を当てる。数 千年の長きにわたり、日本文明を 存続させてきた「環境・民族」 の秘密を“地形”から解き明 かすシリーズ集大成の一冊! なぜ大阪の街は「五・十日」(ごとう び)渋滞が名物なのか。「不合理」 に息づく商売の原点。  五十日(ごとうび)の渋滞は、 大阪の名物だ。 東京も五・十日は、混む。しかし大阪の 五・...

続きを読む

スポンサードリンク