「 ファッション 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
超一流は会話や議論が多岐でも全ての話題に鋭い見識を披露する  第 508号

超一流は会話や議論が多岐でも全ての話題に鋭い見識を披露する 第 508号

 世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・ 同僚に学んだ「最重要スキル+ 習慣+考え方」77か条!  あの人はなぜ、頭もよく学歴も高い のに、仕事ができないのか?  まわりに流されず、自分らしい天職 を選ぶにはどうすればいいか?  早起きエリートたちは、お酒を まったく飲まない。  彼らは恐ろしく規則正しい 生活を送っている。  朝早く起きると周囲も静かだ。 ...

続きを読む

“影薄女”さん?“影薄男”の家内です  第 479号

“影薄女”さん?“影薄男”の家内です 第 479号

96:  2015/02/11(水)07:25:07 ID:CN6 美人の武勇伝。 会社の同僚A子。当時20代後半。長澤まさみ似の美人。結婚することになった。 私を含めて課の全員が披露宴に招待され、「その幸運な男の顔を拝もう」と、 いそいそ出席。 輝くばかりに美しい新婦の隣には、 ものすごく影の薄い新郎。 今ここで会って、明日になったらもう顔が思い出せない。例えば警察...

続きを読む

熱く燃える時があるかと思えば心静かに内省の日々を送る時もある  第 468号

熱く燃える時があるかと思えば心静かに内省の日々を送る時もある 第 468号

 吉田松陰は29歳で亡くなるまで元気いっぱい、 生き抜いた人でした。  松陰の元気の秘密はどこにあったのでしょうか。 松陰研究一筋の川口雅昭さんにお話しいただきます。 ─────────── ☆『吉田松陰 修養訓』に学ぶ ☆ 川口 雅昭(人間環境大学教授) ───────────────────  私が特に現代の若者に掴んでほしいのは...

続きを読む

話題が豊富ならそれだけで立派な”ご馳走”の腕をもつことになる  第 466号

話題が豊富ならそれだけで立派な”ご馳走”の腕をもつことになる 第 466号

 どんなに人が変わろうと、もてなしの心はこの 国のために残しておきたい。  美と食の求道者・北大路魯山人のもとでこま やかなもてなしの心を学んだ著者による集成。  心入れ、思い入れ、心づかい、思いづくり、 心づくし、など、いろいろ言われるが、要 するに、ものや技に心を込めることである。  茶の湯では、とりわけ、繊細な心づかいが ほんのわずかなことの端々にもこもって ...

続きを読む

向かいたい未来のベクトルを一致させる方向に意識を向ける大切さ  第 441号

向かいたい未来のベクトルを一致させる方向に意識を向ける大切さ 第 441号

868: 名無しさん@おーぷん 2016/08/28(日)22:02:08 ID:aW3 私は3年前の24の時結婚式をした ♠結婚情報誌♠    とか色々見て ・一番お金かかるのは新婦のドレス! ・予算の倍はかかると思え! みたいなことを書いてあったので、ふんふんなるほどと参考にして 式のプランを立てた まず予算が倍になることを見越して、半額の150万で 式が挙げら...

続きを読む

饗宴には外交儀礼に則(のっと)り.さまざまに創意工夫を凝らしていた  第 439 号

饗宴には外交儀礼に則(のっと)り.さまざまに創意工夫を凝らしていた 第 439 号

 「エリゼ宮の食卓」「ワインと外交」などの 人気作品で知られる著者西川恵氏は、《料理・ ワインの世界》と《外交政治》というまさ に《軟》と《硬》、一見、別次元の領域 を見事にひとつの世界に融合させて 定評のあるジャーナリスト。  サミットやバッキンガム宮殿、ホワイトハウス ではどんな饗宴が繰り広げられているのか、ど んなワインが振舞われているのか・・・下世 話な興味なれど政治...

続きを読む

私は経営の一番の目的は社員の幸福の追求にあると考える  第 433号

私は経営の一番の目的は社員の幸福の追求にあると考える 第 433号

 「誰のカネやと思ってる!あんたにそれを使う 資格はない」官僚的な経営幹部らを容赦なく 叱り飛ばした稲盛。  リーダー不在という日本の課題に斬り込む 迫真のルポ。  「誰がやっても立て直せない」と言われた JAL(日本航空)に、稲盛はたった3人の 腹心を連れて飛び込んだ。  それから1155日間。  稲盛はJALに大手術を施したのだが、その 事実は断片的にしか伝...

続きを読む

先輩みたいな男を追っ払うためですよ~^^‥‥‥  第 423号

先輩みたいな男を追っ払うためですよ~^^‥‥‥ 第 423号

699: 名無しさん@おーぷん 2016/04/17(日)05:20:50 ID:ZvU 目付きと喋り方が何だか妙で服装や髪形が全体的にモッサリしてる 男子が同じ学部にいた。 ♠しかも壊滅的に空気が読めない♠ 仲良くもないのに話しかけてきたり会話に割り込んできたりする ところまでは許容できる。 こいつの場合は今この話をここでする?って聞きたくなるような ことを話...

続きを読む

今が旬のリアルタイムな話題は.その場を盛り上げる大切な情報  第 404号

今が旬のリアルタイムな話題は.その場を盛り上げる大切な情報 第 404号

 雑談とは、会話を利用して場の空気を生み 出す技術のこと。  会話というよりも“人間同士のお付き合い” に近い。  これからの時代、雑談力を身につけることは、 強く生き抜く力を身につけることそのもの なのです。  オチも結論もいらない!学校でも会社でもすぐに 使える50のアイデア。  雑談というのは、あなた自身の人間性とか人格とか 社会性といったものがすべて凝縮...

続きを読む

人生動じることはない!!庭先の花が咲いてはまた散るようなものだから  第 365号

人生動じることはない!!庭先の花が咲いてはまた散るようなものだから 第 365号

 おもしろい! わかりやすい! マンガ中国の 思想シリーズ乱世を生きぬいた賢人たちの 教訓と人間讃歌を聞く!!  「人よく菜根を咬みうれば、すなわち 百事なすべし」。  儒者のこの言葉を引用し、名付けられた とされる「菜根譚」は、乱世を生きぬいた 賢人たちの処世術を格言にも似た短い言葉 で綴っている。  また、受難の時代を乗り超えた知識人たち のエピソード集「世...

続きを読む

スポンサードリンク