「 世間動静全般 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
経営力を支える「正確さ」「迅速さ」「誠実さ」を大事にする  第 1,892 号

経営力を支える「正確さ」「迅速さ」「誠実さ」を大事にする 第 1,892 号

 会社の「お値打ち」って、どうやって決まる の ? なぜ、あの会社は長く続いているのか ? 決算書からは分からない本当の「企業価値」 って何 ? なぜ、資本金は会社の「金庫」 に無いのか ? 伝説の「プロ会計マン」 が「会計の作法とコツ」を完全伝授。  「純資産」は経営と会計の王様である。  純資産は経営の要。  私の長い会計体験の中で、心から感じる のは、「バランス...

続きを読む

普通の庶民が本を立ち読みしている姿を見て「この国は植民地にはできない」  第 1,888 号

普通の庶民が本を立ち読みしている姿を見て「この国は植民地にはできない」 第 1,888 号

 「教養」とは、世の中に溢れるいくつもの 正しい「論理」の中から最適なものを選び 出す「直感力」、そして「大局観」を与 えてくれる力だ。では、教養を身に つけるためにはどうしたら良いのか。  教養の歴史を概観し、その効用と限界を明ら かにしつつ、数学者らしい独創的な視点で 「現代に相応しい教養」のあり方を提言する。  書物やネットにある情報量は、ほぼ無限だ。 この世に溢れ...

続きを読む

現金決済の会社が行き詰るのは.銀行がそっぽを向いたとき  第 1,886 号

現金決済の会社が行き詰るのは.銀行がそっぽを向いたとき 第 1,886 号

 大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西 支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融 資の承認を取り付けた会社が倒産した。  すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。 四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多か りし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。  そんな世代へエールを送る痛快 エンターテインメント小説。  銀行用語で「裸」といえば、信用貸しのこと。 ...

続きを読む

成功によっても失敗によってもたえず世の注目を集めた  第 1,884 号

成功によっても失敗によってもたえず世の注目を集めた 第 1,884 号

 桁外れの資産と野心を持つ異能の経営者が、 「未来のプラットフォーム」の覇権を狙う。 強烈な個性がぶつかり合う開発競争の最前線!  アマゾンを立ち上げたときにはすでにイン フラがあった。おかげで1995年でももう、 新興のインターネット企業が成功を収 めることができた。いま、ベゾスは 宇宙に輸送網を築き始めたいと考えていた。  amazonには最初から必要なインフラが 用...

続きを読む

会社はやはり最後は人だということだ  第 1,882 号

会社はやはり最後は人だということだ 第 1,882 号

 逃げたらあかん!「不良債権と寝た男」、死に 物狂いの仕事人生。安宅産業処理、平和相銀・ イトマン事件、磯田一郎追放劇、銀行大 合併、UFJ争奪戦、小泉・竹中郵政 改革……。現場にいたのは、い つもこの男・西川善文だった。  「最後の頭取」=ザ・ラストバンカーと呼ば れた著者が綴った、あまりに率直な肉声!  銀行員として営業を経験した期間は、新入行員 時代に大阪の支店で過...

続きを読む

自分の頭で新しいことを考えなくなってしまうんです  第 1,881 号

自分の頭で新しいことを考えなくなってしまうんです 第 1,881 号

江戸時代から続く「鞘師」の6代目として、 日本刀の拵(外装)のコーディネートや 文化財の修理・復元に携わり、 その卓越した技術が国内外から高い評価を 受ける高山一之さん。 今年旭日双光章を受章され、 注目を集めました。 『致知』最新号から、 その高山さんがお父様の指導から 学んだことをご紹介します。 ─────────────────── (髙山)  父は見て覚...

続きを読む

経営は時間の経過とともに業績が伸びていくことが大切  第 1,879 号

経営は時間の経過とともに業績が伸びていくことが大切 第 1,879 号

日本を代表するメガバンクである 三井住友フィナンシャルグループを率いる 太田純さん、金融界に新たな地平を切り切り 拓いてきたSBIホールディングス社長の 北尾吉孝さん。 両トップに、経営を成功に要諦を学びます。 ─────────────────── (北尾)  私が野村證券時代に最も影響を受けたのは、 社長を務められた田淵義久さんでした。 田淵さんには、一...

続きを読む

ロシアの「境界」をめぐる物語  第 1,876 号

ロシアの「境界」をめぐる物語 第 1,876 号

 ロシアの対外政策を、その特殊な主権観を 分析しながら読み解く。今やロシアの勢力 圏は旧ソ連諸国、中東、東アジア、そし て北極圏へと張り巡らされているが、 その狙いはどこにあるのか。  北方領土問題のゆくえは。蜜月を迎える中露 関係をどう読むか。ウクライナ、グルジア (ジョージア)、バルト三国など、旧ソ 連諸国との戦略的関係は。中東政策に みるロシアの野望とは。  ロシ...

続きを読む

独自のインテリジェンスこそ.ニッポンが生き残る力となる  第 1,874 号

独自のインテリジェンスこそ.ニッポンが生き残る力となる 第 1,874 号

 「あの時、MI6は、公安調査庁に極秘情報を 渡していた――」深い霧に覆われた情報組織、 これが公安調査庁だ。一般の目が届かない 深層で情報活動を繰り広げ、決して表舞 台に出ようとしない組織。逮捕権を持 たないため、人の心の襞に分け入る ヒューミント(対人諜報)に存在意義を見出している。  公安警察や外務省と情報コミュニティーの 主導権を競う公安調査庁。インテリジェン スの巨...

続きを読む

ロシア民族とロシア式体制が何たるかを肝に銘ずる必要がある  第 1,872 号

ロシア民族とロシア式体制が何たるかを肝に銘ずる必要がある 第 1,872 号

 戦後70余年、未だ日ロ間で平和条約が締結され ないのはなぜか ? 北方領土返還は如何にして 実現可能か ? 旧ソ連からプーチンに至る ロシアの対外交渉を、交渉学の諸理論 から紐解き、対ロ外交の修羅場を 経験した専門家の証言をもとに 緻密に分析・検討し、日ロ 関係の展望を考察する。  「俺のものは俺のものであり、お前のものを どう分けるか、交渉しよう」。これこそが ロシア式...

続きを読む

スポンサードリンク