「 仕事・職 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
正しい歩行姿勢習慣は.精神や内臓の健康に多大な好影響!  第1,540号

正しい歩行姿勢習慣は.精神や内臓の健康に多大な好影響! 第1,540号

こんにちは、 岡田です。 前回は「本当の脚の長さは30cm長い」でした。 大腰筋というインナーマッスルは脚の一部である、 この筋肉を鍛えることで姿勢は良くなるという話でした。 今回は「歩行と筋トレは健康化の両輪」です。 図入りはこちら --------------------------- 『歩行整体メソッド』とは、 三本の矢による、...

続きを読む

師匠の好きな芸能を徹底的に吸収しようと思った  = 3-3 =  第1,536号

師匠の好きな芸能を徹底的に吸収しようと思った = 3-3 = 第1,536号

 落語ファンがよく言う。名人の落語のテープ を寝床で聴くとすぐに寝ちゃうんだよね、と。 それは音としてあまりに心地いいからである。  落語は極力、刈り込むべきである。覚える 時は目一杯の長尺で覚え、稽古をしながら そぎ落としてゆき、年齢を加え人間と しての深みが出てきたら、演出 を変えて少し長くする。  落語のフレーズの美学。  落語にはあまたの名フレーズがある。それ...

続きを読む

師匠の好きな芸能を徹底的に吸収しようと思った  = 3-2 =  第1,535号

師匠の好きな芸能を徹底的に吸収しようと思った = 3-2 = 第1,535号

 談志は、基本を固めようとしている前座を 対象に発言したのではない。一人前の 落語家に対しての言葉だろう。  落語を魅力的にするにはどうしたらいいのか。 答えは経験、あるいはカルチャーショック。  談志が凄いといわれる所以は、この経験値 がどの落語家より高いからだ。  刑務所にでも入ってくりゃあいいんだ。 談志は弟子に言う。悪事をなせという 意味じゃあない。常人には経...

続きを読む

師匠の好きな芸能を徹底的に吸収しようと思った  = 3-1 =  第1,534号

師匠の好きな芸能を徹底的に吸収しようと思った = 3-1 = 第1,534号

 それぞれの噺の本質を捉え、落語を進化させ 続けること。その上で「江戸の風」を吹か せること。これが、著者が自らにも課 した「現代の名人」に求められる 条件だ。  声質、語りの速度、所作といった身体論か ら、「抜け雀」「品川心中」「死神」等 の新たな落ちの創造に至るまでを、 全身落語家が熱く語る。  2001年10月1日、古今亭志ん朝師匠が六十三歳 という若さで亡くなり...

続きを読む

感謝を忘れたとき.組織は崩壊する  = 2-2 =  第1,532号

感謝を忘れたとき.組織は崩壊する = 2-2 = 第1,532号

 ホームページに、聞き取ってきた必要な物資 とその数を掲載し、それをツイッターにリン クして拡散し、全国の人から物資を直送し てもらい、送ったという報告だけは受け 取るようにして、必要な個数が送られ たら、その物資に線を引いて消していくのだ。  10分あればできることがある、いまの自分 にしかできないことがある。  フェイスブックのグループをつくる機能を使う ことで、グル...

続きを読む

感謝を忘れたとき.組織は崩壊する  = 2-1 =  第1,531号

感謝を忘れたとき.組織は崩壊する = 2-1 = 第1,531号

 この哀しみをどう乗り越え、今後の有事 の際に活かしていけるのか。  そこであまりにもひどい惨状を目の当たりに し、「もうリミッターを外すしかない」と プロジェクトを立ち上げ、全精力をかけ てきた生き様、気合、魂が一文字一文 字に乗り移っているからでしょう。  一人ひとりの小さな行動が大きな架け橋と なり、絆に変わる。シンプルな装丁です が、中身は非常に熱い本です。 ...

続きを読む

同調行動は日本人だけが陥りやすい罠ではない  = 2-2 =  第1,528号

同調行動は日本人だけが陥りやすい罠ではない = 2-2 = 第1,528号

 高橋中尉「原田さん、上層部はなぜ、いつまでも 決心しないのでしょうか。ぐずぐずしていると油 が断たたれ、なにもできなくなるに決まって いるのに」高橋中尉は、同調する反応が 原田少佐から聞けるものと期待していた。  しかし、ぜんぜん違った答えに驚いた。  原田少佐「君は本当にやったほうがいいと 思っているのかね。いいかい、ここでやけ っぱちで事を構えたら、満州はもちろん ...

続きを読む

同調行動は日本人だけが陥りやすい罠ではない  = 2-1 =  第1,527号

同調行動は日本人だけが陥りやすい罠ではない = 2-1 = 第1,527号

 太平洋戦争という日本の針路決定の陰に、20代、 30代の若者達の戦いがあった!東京工業大学 の学生に向けた、目からウロコの名講 義を再現。「時代に流されずに 生きるとは」を熱く説く。  人との出会いは不思議である。たまたま未知の 人物を訪ねると、そこに一枚、歴史を開く 扉があった。きっとそんな扉が 無数に存在するのだろう。  たったひとつの数字、あるいはひとつの決断 ...

続きを読む

暗号解読という営みに向けられるアメリカの国家的執念  第1,526号

暗号解読という営みに向けられるアメリカの国家的執念 第1,526号

 かくも重大な世界史的秘密が長期間、多くの 人々の眼から隠されてきたことへの驚き封印 されてきた歴史の真実。第二次世界大戦時、 アメリカはソ連の諜報活動に操られていた!  『ヴェノナ文書』とは、アメリカとイギリスの 情報機関が、1940~1944年のソ連の暗号を解 読したもので、1995年のアメリカの情報 公開法によって一斉公開された。  「ヴェノナ」とは、第二次世界大戦中...

続きを読む

一種の見えない「時」の物さしに照らして自分のあゆみを考える  第1,525号

一種の見えない「時」の物さしに照らして自分のあゆみを考える 第1,525号

“国民教育の師父”と謳われた 森信三先生による不朽の名著 『幻の講話』。 森先生が70代で執筆されたもので、 生徒を対象に講話(授業)を進めていく 形式で、年代別に各30篇、全150講話が 収録されています。 『修身教授録』と並ぶ代表的著作といわれ、 青少年への講話集でありながら、 その内容は年代を問わず、 「人間、いかに生きるべきか」の 指針となるものばかり。 ...

続きを読む

スポンサードリンク