「 仕事・職 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
どのような人であっても初めから優れてはいない  第1,736 号

どのような人であっても初めから優れてはいない 第1,736 号

   『道元一日一言』 曹洞宗の開祖であり、 日本に禅の思想を確立したひとりでもある 大宗教家の遺した膨大な著作の中から、 珠玉の語録366を精選しました。 その主著『正法眼蔵』は、 いまなお多くの人に読み継がれ、 近年では、アップルの創始者である スティーブ・ジョブズにも 影響を与えるなど、宗派や国境を超え、 多大な影響を与え続けており、 今回の「一日一言」にも...

続きを読む

這いつくばっての人生にも意味がある  第1,735 号

這いつくばっての人生にも意味がある 第1,735 号

 1988年にダイヤモンド映像を設立すると、 またたく間に年商100億円を突破。有名 女優に囲まれ、クルーザーを保有した 最盛期から一転、投資に失敗し、 負債総額50億円で倒産した。  その後、命すら危うい過酷な取り立て、医師 に「1週間以内に死にます」と宣告された病 を経て、借金完済。そんな酸いも甘いも、 天国も地獄も味わってきた男だから こそ、わかったことがある。 ...

続きを読む

吉田総理の見識に恐れ入ったものである  第1,734 号

吉田総理の見識に恐れ入ったものである 第1,734 号

 内閣調査室は本当に日本を親米反共国家に するための謀略機関だったのか―創設から 70年近くたった今日でも、なお闇に包ま れた戦後史最後の謎を解き明かす第一 級の史料 !  この物語の主人公の志垣民郎氏は、吉田茂 首相が国家地方警察本部警備課長だった村 井順に命じ、内閣総理大臣官房調査室を 創設した際の四人の配下の一人である。  志垣氏の主な仕事とは、優秀な学者・研究者 ...

続きを読む

あらゆる分野の関心に応える情報の宝庫である  第1,733号

あらゆる分野の関心に応える情報の宝庫である 第1,733号

 諸外国は日本をどのように取り上げてきた のだろうか。彼らの日本に対するイメージ はどのようなものであった(ある)のだろ うか。気鋭の郵便学者が、切手に隠さ れた意外な真実とドラマを、その過 去と現在からスリリングに読み解く。  使い古された表現だが、切手は「小さな 外交官」と呼ばれることがある。  これは切手が、郵便料金が前払いされた ことを示す証紙であるだけでなく、そ...

続きを読む

素晴らしい子守唄を日本人の心に取り戻す  第1,731号

素晴らしい子守唄を日本人の心に取り戻す 第1,731号

年間約16万件にも上るという日本の児童虐待 問題。現代人の心にいま何が起きている のでしょうか。 先達が残した大切な財産ともいえる 子守唄の伝承・普及に取り組む西舘好子 さんに、いま日本人に知ってほしい、 子守唄の力について伺いました。 ★西舘さんのインタビューを掲載! 『致知』最新号「先達に学ぶ」の 詳細・ご購読はこちら  ─────────────────── ...

続きを読む

骨盤と股関節のゆがみ解消と柔軟性の向上  第1,730号

骨盤と股関節のゆがみ解消と柔軟性の向上 第1,730号

こんにちは、 岡田宰治です。 前回は「筋肉絞り体操」解説1」でした。 この体操の概要、その準備体操と次の体操について、 実践のやりかたを解説しました。 今回は実践『「筋肉絞り体操」解説2』です。 図入りはこちら -------------------------------------- 『歩行整体』とは、 三本の矢による、 回復から若返り...

続きを読む

専門外の知識を経験することは.創造力を豊かにするため.とても重要  第1,729号

専門外の知識を経験することは.創造力を豊かにするため.とても重要 第1,729号

 平易な語り口で日常生活や仕事上の問題 を解決する方法を伝授します。  竹内流・問題解決思考法――難問に直面した からといって、即座にあきらめることはまっ たくありません。そういう時こそ、発想を 転換して、まずは「ざっくり」と考えて みると、意外に道が開けてくるものです。  竹内式の実践で役立つ「ざっくり思考」 の4パターン。  1.さっくりと絵やグラフにしてみる。  ...

続きを読む

誹謗中傷にさらされている人物を弁護するのは難しい  第1,728号

誹謗中傷にさらされている人物を弁護するのは難しい 第1,728号

 「松岡外交が太平洋戦争の引き金を引いた 元凶だ! 」というのが、昭和史を読む上で の“お約束"の理解であった。だが、事実 を調べていくと安易にその理解に従っ ては間違えるのではないかという 疑いが出てくる。  本書は、従来から、「松岡外交」の真意を 探ってきた著者が、満を持して書下ろした、 定説への挑戦状である。松岡洋右は、「 自分の最大目的は、日米戦争を避ける ことにあ...

続きを読む

益はなくとも.意味のある生き方をする  第1,726号

益はなくとも.意味のある生き方をする 第1,726号

 益はなくとも、意味のある生き方を。イエ ローハット創業者の仕事と人生の集大成。 掃除の実践を通して、仕事と人生を 切り拓いてきた。次世代 に 託すメッセージ。  かっての日本人は、今日のような、目先の 利益だけを追い求める、「今だけよければ、 自分だけよければ」というような自己中 心的な生き方を「はしたない、浅まし いもの」とし、「損得」よりも「善 悪」を、「私」よりも「...

続きを読む

人工知能はセンスがよくてプログラミングできる人が強い  第1,725号

人工知能はセンスがよくてプログラミングできる人が強い 第1,725号

 ディープラーニング(深層学習)の最先端を 知ることは現代の教養だ。コンピュータが プロの囲碁棋士を破り、世界中が注目す る人工知能。トヨタ、東大、スーパー コンピュータ開発の最先端研究者が はじめて語る、人工知能ビジネス のリアルな「今」と、2025年 の未来を先取りする一冊。  筆者はプログラマーで、経営 者で教育者でもある。  現在、筆者自身は深層学習用のソフトウ...

続きを読む

スポンサードリンク