「 価値観 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
自らを磨き.人格を高めようとひたむきに努力し続ける  第1,685号

自らを磨き.人格を高めようとひたむきに努力し続ける 第1,685号

京セラやKDDIを、日本を代表する大企業に 育て上げ、不可能と言われたJAL再生を 成し遂げた稲盛和夫氏。 本日は『致知』2003年4月号に掲載され、 当時大きな反響を呼んだ 「試練を通じて成長する」という 巻頭コラムの記事をご紹介します。 ───────────────────   「成功さえも“試練”である」   稲盛和夫(京セラ名誉会長) ──────...

続きを読む

人は自分の恥ずかしい部分は隠そうとするものです  第1,684号

人は自分の恥ずかしい部分は隠そうとするものです 第1,684号

人々の心に向き合い続けてきた 国際コミュニオン学会名誉会長の鈴木秀子さん。 最新号の『致知』に掲載の 鈴木先生の連載「人生を照らす」では、 「本当の友」を得るために大事なことを 教えていただいています。 ─────────────────── (鈴木) 人生において真の友を得ることは尊いことです。 しかし、一方でそのことの難しさも私たちは よく知っています。   ...

続きを読む

「知ること」と「できること」はまったく次元が違います  第1,683号

「知ること」と「できること」はまったく次元が違います 第1,683号

 予測不能な時代を勝ち抜くには自前の「情 報分析力」が欠かせない。防衛省情報分析 官として国家安全保障の情報分析に携わ ってきた著者が、プロも活用する情報 分析の手法をわかりやすく解説。事 例は国際情勢だけでなく、ビジネ スや生活一般からも取り上げました。  とくに強調しているのは情報分析の「効率 化」です。まず「何を知るべきか?」とい う視点で質問を設定します。次にその質 ...

続きを読む

中国情報機関は極めて有利な国際環境にある  第1,682号

中国情報機関は極めて有利な国際環境にある 第1,682号

 中国は伝統的に「戦わずして勝つ」という 独特の手法を我が国にも繰り出しているこ とが詳述されている。そして中国とのイ ンテリジェンス戦争に勝利する秘訣が 隠されている。直接的な対決を避け、 インテリジェンスによって優位な 態勢を築くというものである。  中国情報機関は国際世論を巧みに誘導し、日本 を含む敵対国家の反戦気運を醸成し、重要人物 を意のままに操るなどの秘密工作を行...

続きを読む

最大の障害は、実は自分自身のなかにある  第1,681号

最大の障害は、実は自分自身のなかにある 第1,681号

 組織論、リーダー観、育成術、人生法則…。 選手たちに繰り返し説いた「野村 の授業」を公開。  野村監督と他の監督との大きな違いは、その ミーティングにある。普通のミーティング では、フォーメーションやサインの確 認を行う程度である。しかし、野 村監督はそのようなことより もまず、「人生観」や「仕 事観」をミーティングで 選手やコーチたちに説くのである。  野村監督の...

続きを読む

人生は「小事」「細事」が「大事」を生んだ  第1,679号

人生は「小事」「細事」が「大事」を生んだ 第1,679号

 よく「木を見ず森を見よ」と言われるが、実 は「一流」ほど、どんなに些細なことでも確 認を怠らず、小さなこと細かなことに気づ く「感じる力」こそ、すべての成功に つながる!「一流」ほど、小さな こと細かなことに気づく。球界 随一の知将が、「勝てる仕事の技術」を伝授!  私自身は、一生涯のビジネスとなった野球 というフィールドで「生涯一捕手」と して長所を磨き上げた。  ...

続きを読む

彼は暗黒の人類史に革命を起こそううとしているのだ  第1,677号

彼は暗黒の人類史に革命を起こそううとしているのだ 第1,677号

 世界の果てまで薬を届け、虐げられた人々と ともに差別撤廃に挑む、日本財団会長の果て しなき旅。彼は約40年にわたって「業病」 と恐れられてきたこの病気に戦いを挑ん できた。世界各地のハンセン病患者の 施設に自ら赴き、薬を届け、差別や 偏見の撤廃を説く。「制圧」(有 病率が1万人あたり1人未満)を 達成するための施策を各国の 元首と話し合い、実行に導く。  こうした活動の継...

続きを読む

謙虚な人はあらゆる人や事象から学ぼうとします  第1,676号

謙虚な人はあらゆる人や事象から学ぼうとします 第1,676号

企業の盛衰はトップで決まるといわれます。 ジョンソン・エンド・ジョンソンやフィ リップスなど数々のグローバル・エクセレント・ カンパニーで経営を担ってきた新将命さんに、 勝ち残る企業の作り方、トップリーダーに 求められる条件について語っていただきました。 半世紀近く経営の第一線に身を置いてきた 新さんが語る「成功する人と失敗する人の違い」 とは? ★人生、経営、仕事を発展...

続きを読む

差別からの解放と社会復帰実現を求めつづけてきた  第1,673号

差別からの解放と社会復帰実現を求めつづけてきた 第1,673号

 本書は、競艇の創設に尽力し「日本のドン」 の汚名を背負った故・笹川良一氏と、ハンセ ン病制圧を中心とした慈善事業を担う三男 の笹川陽平・日本財団会長の、父と子の 物語である。  1899年に生まれた笹川良一氏は戦後、A級 戦犯容疑者として巣鴨プリズンに収監。48 年の釈放後、51年のモーターボート競走 法制定に尽力、全国モーターボート競 走会連合会、日本船舶振興会を設立 ...

続きを読む

本人がどれだけ熱意があるかが一番大事です  第1,672号

本人がどれだけ熱意があるかが一番大事です 第1,672号

 常に先を読み政治力ダントツ! 歴代最長幹事 長二階俊博のさらなる挑戦! 協調と剛腕と深 謀遠慮! 権力抗争の政界内幕史! 時によっ ては人たらしでコトを成就する実力者。  歴代最長の二階幹事長に、長いこと直接イン タビューできる大下英治が描く実力者たち の本音は面白く危険である。  二階は、 平成31年二月の党大会で党務報告の 中で、選挙について以下のように語っている。 ...

続きを読む

スポンサードリンク