「 価値観 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
ただ月のように母の命を静かに受け止める  第 1,893 号

ただ月のように母の命を静かに受け止める 第 1,893 号

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症を 発症するといわれ、誰もが認知症と無縁では いられない時代がやってきます。 そこで本日は、20年以上にわたる認知症の母の 介護に向き合い、その体験を詩に綴ってきた 藤川幸之助さんの作品を特別配信します。 藤川さんの体験談や詩作は、 近年、NHK Eテレ『ハートネットTV選』、 『朝日新聞』天声人語欄にて紹介されるなど、 大きな...

続きを読む

経営力を支える「正確さ」「迅速さ」「誠実さ」を大事にする  第 1,892 号

経営力を支える「正確さ」「迅速さ」「誠実さ」を大事にする 第 1,892 号

 会社の「お値打ち」って、どうやって決まる の ? なぜ、あの会社は長く続いているのか ? 決算書からは分からない本当の「企業価値」 って何 ? なぜ、資本金は会社の「金庫」 に無いのか ? 伝説の「プロ会計マン」 が「会計の作法とコツ」を完全伝授。  「純資産」は経営と会計の王様である。  純資産は経営の要。  私の長い会計体験の中で、心から感じる のは、「バランス...

続きを読む

夢中になって好きなことに取り組んでいる人のほうがいい  第 1,889 号

夢中になって好きなことに取り組んでいる人のほうがいい 第 1,889 号

世界的なデザイナーとして活躍する コシノ・ジュンコさん。 いま好評発刊中の最新号の表紙を飾って いただいています。 本日は弊誌2019年8月号掲載、コシノさんと 人気ラーメン店「一風堂」の創業者・ 河原成美さんの対談から、「一流の人の 共通点」をご紹介します。 ★あなたの人生・仕事を導く珠玉の体験談が満載! 最新号にはコシノジュンコさんもご登場。 月刊『致知』の詳細・ご購読...

続きを読む

普通の庶民が本を立ち読みしている姿を見て「この国は植民地にはできない」  第 1,888 号

普通の庶民が本を立ち読みしている姿を見て「この国は植民地にはできない」 第 1,888 号

 「教養」とは、世の中に溢れるいくつもの 正しい「論理」の中から最適なものを選び 出す「直感力」、そして「大局観」を与 えてくれる力だ。では、教養を身に つけるためにはどうしたら良いのか。  教養の歴史を概観し、その効用と限界を明ら かにしつつ、数学者らしい独創的な視点で 「現代に相応しい教養」のあり方を提言する。  書物やネットにある情報量は、ほぼ無限だ。 この世に溢れ...

続きを読む

日本の農業は生産性や所得が2倍から3倍になる可能性  第 1,887 号

日本の農業は生産性や所得が2倍から3倍になる可能性 第 1,887 号

2020/09/14 (月) 18:00  2025年までに世界700兆円に達すると言わ れる超巨大市場「フードテック」――。あ なたの食体験はどう変わり、どんなビジ ネスチャンスが生まれているのか?  本物の肉のような「植物性代替肉」「培養肉」、 食領域のGAFAとも言われる「キッチンOS」、 店舗を持たないレストラン「ゴーストキ ッチン」、Amazon Goに代表される ...

続きを読む

現金決済の会社が行き詰るのは.銀行がそっぽを向いたとき  第 1,886 号

現金決済の会社が行き詰るのは.銀行がそっぽを向いたとき 第 1,886 号

 大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西 支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融 資の承認を取り付けた会社が倒産した。  すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。 四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多か りし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。  そんな世代へエールを送る痛快 エンターテインメント小説。  銀行用語で「裸」といえば、信用貸しのこと。 ...

続きを読む

成功によっても失敗によってもたえず世の注目を集めた  第 1,884 号

成功によっても失敗によってもたえず世の注目を集めた 第 1,884 号

 桁外れの資産と野心を持つ異能の経営者が、 「未来のプラットフォーム」の覇権を狙う。 強烈な個性がぶつかり合う開発競争の最前線!  アマゾンを立ち上げたときにはすでにイン フラがあった。おかげで1995年でももう、 新興のインターネット企業が成功を収 めることができた。いま、ベゾスは 宇宙に輸送網を築き始めたいと考えていた。  amazonには最初から必要なインフラが 用...

続きを読む

成功する人は.成功する考え方を持ってる  第 1,883 号

成功する人は.成功する考え方を持ってる 第 1,883 号

“知の巨人”と称された、渡部昇一先生の著書 『人生を創る言葉』をご存じでしょうか? 古今東西の偉人が残した94の名言を紹介しなが ら解説を加えたものですが、 あの斎藤一人さん(銀座まるかん創業者)が 「最低7回は読みな」と薦めた本としても 知られています。 そのエピソードが紹介されている 『斎藤一人商人道』(尾形幸弘・著/PHP研究所) の内容を一部ご紹介します。 ...

続きを読む

会社はやはり最後は人だということだ  第 1,882 号

会社はやはり最後は人だということだ 第 1,882 号

 逃げたらあかん!「不良債権と寝た男」、死に 物狂いの仕事人生。安宅産業処理、平和相銀・ イトマン事件、磯田一郎追放劇、銀行大 合併、UFJ争奪戦、小泉・竹中郵政 改革……。現場にいたのは、い つもこの男・西川善文だった。  「最後の頭取」=ザ・ラストバンカーと呼ば れた著者が綴った、あまりに率直な肉声!  銀行員として営業を経験した期間は、新入行員 時代に大阪の支店で過...

続きを読む

自分の頭で新しいことを考えなくなってしまうんです  第 1,881 号

自分の頭で新しいことを考えなくなってしまうんです 第 1,881 号

江戸時代から続く「鞘師」の6代目として、 日本刀の拵(外装)のコーディネートや 文化財の修理・復元に携わり、 その卓越した技術が国内外から高い評価を 受ける高山一之さん。 今年旭日双光章を受章され、 注目を集めました。 『致知』最新号から、 その高山さんがお父様の指導から 学んだことをご紹介します。 ─────────────────── (髙山)  父は見て覚...

続きを読む

スポンサードリンク