「 価値観 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
天から賜った命を宿すこの体を大切にし.磨き上げ感謝して生きる  第 1,877 号

天から賜った命を宿すこの体を大切にし.磨き上げ感謝して生きる 第 1,877 号

本書の前半は、日常生活における心のあり ようをはじめ、挨拶の仕方から身だしなみの 基本、旅先の作法、ひとり時間の過ごし方、 メール、手紙、電話の使い分け、 よきご縁の育み方など、 すぐに実践できる行動指針を紹介。 後半では、不安と混迷を極める時代にあっても、 確固たる自己をもって生きるための心の整え方、 日本人としての誇りを培う歴史観にいたるまで、 品格のある日本人として、時...

続きを読む

ロシアの「境界」をめぐる物語  第 1,876 号

ロシアの「境界」をめぐる物語 第 1,876 号

 ロシアの対外政策を、その特殊な主権観を 分析しながら読み解く。今やロシアの勢力 圏は旧ソ連諸国、中東、東アジア、そし て北極圏へと張り巡らされているが、 その狙いはどこにあるのか。  北方領土問題のゆくえは。蜜月を迎える中露 関係をどう読むか。ウクライナ、グルジア (ジョージア)、バルト三国など、旧ソ 連諸国との戦略的関係は。中東政策に みるロシアの野望とは。  ロシ...

続きを読む

危機を糧にして成長していった人だなとつくづく感じました  第 1,875 号

危機を糧にして成長していった人だなとつくづく感じました 第 1,875 号

経営の神様と称される松下幸之助氏。 赤貧・病弱・無学歴にも拘らず、 丁稚奉公から身を起こし、 戦後、財閥指定や公職追放をはじめ様々な逆境を 乗り越え、一代で世界的企業へと発展させました。 目下の新型コロナウイルス禍にどう対応するか。 そのヒントをも松下幸之助氏は 示してくれているといいます。 本日は、『致知』10月号の中から、 松下幸之助氏に薫陶を受けてきた中博氏...

続きを読む

独自のインテリジェンスこそ.ニッポンが生き残る力となる  第 1,874 号

独自のインテリジェンスこそ.ニッポンが生き残る力となる 第 1,874 号

 「あの時、MI6は、公安調査庁に極秘情報を 渡していた――」深い霧に覆われた情報組織、 これが公安調査庁だ。一般の目が届かない 深層で情報活動を繰り広げ、決して表舞 台に出ようとしない組織。逮捕権を持 たないため、人の心の襞に分け入る ヒューミント(対人諜報)に存在意義を見出している。  公安警察や外務省と情報コミュニティーの 主導権を競う公安調査庁。インテリジェン スの巨...

続きを読む

組織に頼らず自分の力で生きていくスキルを創り活かす!  第 1,873 号

組織に頼らず自分の力で生きていくスキルを創り活かす! 第 1,873 号

 複数の収入源をもつことで、収入が上がる。 収入源が分散されていることで不安要素も 減る。適切に仕組み化するため、収入を 維持したまま労働量を減らしていく ことができる。万が一、事業や 資産運用がコケたとしても、スキルを 活かすことでいくらでもやり直しがきく。 さあ、あなたも人生というゲーム を攻略しましょう。  本書では、次のような価値観 を提唱しています。 ...

続きを読む

ロシア民族とロシア式体制が何たるかを肝に銘ずる必要がある  第 1,872 号

ロシア民族とロシア式体制が何たるかを肝に銘ずる必要がある 第 1,872 号

 戦後70余年、未だ日ロ間で平和条約が締結され ないのはなぜか ? 北方領土返還は如何にして 実現可能か ? 旧ソ連からプーチンに至る ロシアの対外交渉を、交渉学の諸理論 から紐解き、対ロ外交の修羅場を 経験した専門家の証言をもとに 緻密に分析・検討し、日ロ 関係の展望を考察する。  「俺のものは俺のものであり、お前のものを どう分けるか、交渉しよう」。これこそが ロシア式...

続きを読む

数え切れない感情が交錯するなかである者は去り.ある者は踏みとどまった  第 1,869 号

数え切れない感情が交錯するなかである者は去り.ある者は踏みとどまった 第 1,869 号

 異端児・堀江貴文とライブドア事件の真相。 窮地の藤田晋を救った人物。敗者が生んだ LINE。メルカリ創業者の凡人哲学。語 られざる楽天誕生秘話。時代を駆け 抜けた“若人たち”の熱き物語。 日経電子版の人気連載を単行本化。  この国にインターネットが到来して30年近く。 突如としてやって来た情報革命という巨大な 胎動に魅せられ、数々の名もなき若者たち が名乗りを上げた。 時は...

続きを読む

とにかく人前で話す!効率性を言い訳にグループ学習から逃げてはいけません  第 1,868 号

とにかく人前で話す!効率性を言い訳にグループ学習から逃げてはいけません 第 1,868 号

 世界最難関のアラビア語を24歳になってから 始め、天皇通訳、総理通訳まで務めた現役 外交官が、苦難の道のりの中で編み出 した秘伝の外国語習得術を惜しみ なく伝授 ! グローバル社会で 外国語を武器にしたいビジネス パーソン、英語を一からやり直したい 日本人必読の書。  「中川さんには、アラビア語をやってもら いますので、よろしくお願いします」  1993年秋、翌年春か...

続きを読む

心の中に「好き」の感情が芽生える前には必ず「没頭」という忘我がある  = 2-2 =  第 1,867 号

心の中に「好き」の感情が芽生える前には必ず「没頭」という忘我がある = 2-2 = 第 1,867 号

 中高時代、勉強しなかったので成績が悪かっ た。しかし、九州を脱出したかったため、 東大を目指した。東大の過去問を何 度も読み返した結果、僕のたど り着いた結論はこうだった。  受験英語とは、とにかく英単語を極めること に尽きる。文法に惑わされてしまうのも、す べて単語の意味を取り違えているからだ。 単語力の強化が、そのまま英語力の 強化に直結する。  僕の単語力はかな...

続きを読む

心の中に「好き」の感情が芽生える前には必ず「没頭」という忘我がある  = 2-1 =  第 1,866 号

心の中に「好き」の感情が芽生える前には必ず「没頭」という忘我がある = 2-1 = 第 1,866 号

 誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。 失敗しても、またゼロに戻るだけだ。決 してマイナスにはならない。だから、 一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。  思えば学生時代の僕なんて、地味で ひねくれた田舎者でしかなかった。  そこからどうにか変わることができたのは、 小さな成功体験を積み重ね、自分の殻を打 ち破ってきたからだ。はじめの一歩は、 すべて地道な足し算である...

続きを読む

スポンサードリンク