「 信念・心意気 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
自らを磨き.人格を高めようとひたむきに努力し続ける  第1,685号

自らを磨き.人格を高めようとひたむきに努力し続ける 第1,685号

京セラやKDDIを、日本を代表する大企業に 育て上げ、不可能と言われたJAL再生を 成し遂げた稲盛和夫氏。 本日は『致知』2003年4月号に掲載され、 当時大きな反響を呼んだ 「試練を通じて成長する」という 巻頭コラムの記事をご紹介します。 ───────────────────   「成功さえも“試練”である」   稲盛和夫(京セラ名誉会長) ──────...

続きを読む

最大の障害は、実は自分自身のなかにある  第1,681号

最大の障害は、実は自分自身のなかにある 第1,681号

 組織論、リーダー観、育成術、人生法則…。 選手たちに繰り返し説いた「野村 の授業」を公開。  野村監督と他の監督との大きな違いは、その ミーティングにある。普通のミーティング では、フォーメーションやサインの確 認を行う程度である。しかし、野 村監督はそのようなことより もまず、「人生観」や「仕 事観」をミーティングで 選手やコーチたちに説くのである。  野村監督の...

続きを読む

体に有害なゆがみを直し健康な状態への復元に直結  第1,680号

体に有害なゆがみを直し健康な状態への復元に直結 第1,680号

こんにちは、 岡田宰治です。 前回は「ゆがみから若返りまでのプロセス」でした。 歩行整体メソッドについてまとめてみました。 今回は4年ぶりに「潤滑整復術」の紹介です。 図入りは 潤滑整復術はあらゆるゆがみに最適な方法です。 なぜなら、 どこに行っても治らないような症状が、 いとも簡単に消えてしまうからです。 症状が消えたら終わりは考えていませ...

続きを読む

人生は「小事」「細事」が「大事」を生んだ  第1,679号

人生は「小事」「細事」が「大事」を生んだ 第1,679号

 よく「木を見ず森を見よ」と言われるが、実 は「一流」ほど、どんなに些細なことでも確 認を怠らず、小さなこと細かなことに気づ く「感じる力」こそ、すべての成功に つながる!「一流」ほど、小さな こと細かなことに気づく。球界 随一の知将が、「勝てる仕事の技術」を伝授!  私自身は、一生涯のビジネスとなった野球 というフィールドで「生涯一捕手」と して長所を磨き上げた。  ...

続きを読む

激増する薬物犯罪に敢然と立ち向かうのが麻薬取締官  第1,678号

激増する薬物犯罪に敢然と立ち向かうのが麻薬取締官 第1,678号

 麻薬取締官、通称「マトリ」麻薬、覚醒剤、 MDMAなど違法薬物の摘発、密輸組織との 熾烈な攻防、「運び屋」にされた女性の 裏事情、薬物依存の子供の救済、ネッ ト密売人の正体の猛追、危険ドラッ グ店舗の壊滅……  元麻薬取締部部長が薬物事犯の実態と知られ ざる専門組織の実像を全解説。薬物犯罪撲滅 のために明かされた本邦初の稀少なドキュメント。  マトリには、約300名の麻...

続きを読む

彼は暗黒の人類史に革命を起こそううとしているのだ  第1,677号

彼は暗黒の人類史に革命を起こそううとしているのだ 第1,677号

 世界の果てまで薬を届け、虐げられた人々と ともに差別撤廃に挑む、日本財団会長の果て しなき旅。彼は約40年にわたって「業病」 と恐れられてきたこの病気に戦いを挑ん できた。世界各地のハンセン病患者の 施設に自ら赴き、薬を届け、差別や 偏見の撤廃を説く。「制圧」(有 病率が1万人あたり1人未満)を 達成するための施策を各国の 元首と話し合い、実行に導く。  こうした活動の継...

続きを読む

膨大な公開情報を独自の視点から読み解き日々蓄積に努める  第1,675号

膨大な公開情報を独自の視点から読み解き日々蓄積に努める 第1,675号

 米朝衝突の危機に加え、帝国主義化する中露 の指導者は独裁色を強めつつある。グローバ リゼーションの進展で、経済も政治も各段 にスピードが早くなり、国家の意思決定 はますます迅速さが求められるように なった。手間もコストもかかる民主 主義への市民のいらだちは募るばかりだ。  しかし、だからといって、 民主主義は捨てられない。  獄中から彗星のように現れた佐藤優さん は、...

続きを読む

人物全体を一語で表現する適切な言葉が見あたらない  第1,674号

人物全体を一語で表現する適切な言葉が見あたらない 第1,674号

 国粋大衆党の党首、衆議院議員、A級戦犯の 容疑者、「戦犯者」の援護、モーターボート 競走の創立者、日本最大の社会貢献団体の トップ…毀誉褒貶をものともせず我が道 を貫いた「大きな男」。  笹川良一は、原田和尚のもとでは朝早く から雑巾掛けをさせられるなど、 つらいこともあった。  しかし、和尚が『菜根譚』など漢籍の講義を してくれたおかげで漢詩が好きになり、後 年、巣...

続きを読む

差別からの解放と社会復帰実現を求めつづけてきた  第1,673号

差別からの解放と社会復帰実現を求めつづけてきた 第1,673号

 本書は、競艇の創設に尽力し「日本のドン」 の汚名を背負った故・笹川良一氏と、ハンセ ン病制圧を中心とした慈善事業を担う三男 の笹川陽平・日本財団会長の、父と子の 物語である。  1899年に生まれた笹川良一氏は戦後、A級 戦犯容疑者として巣鴨プリズンに収監。48 年の釈放後、51年のモーターボート競走 法制定に尽力、全国モーターボート競 走会連合会、日本船舶振興会を設立 ...

続きを読む

一生動ける体へとシフトしていくことが可能  第1,670号

一生動ける体へとシフトしていくことが可能 第1,670号

こんにちは、 岡田です。 前回は「若返り筋とTSURUKAME体操」でした。 前回は、インナーマッスルではうまく伝えられないので、 若返り筋と称して重要性を伝えたいという内容でした。 今回は「若返り筋の正体は?」です。 図入りは --------------------------- 『歩行整体メソッド』とは、 三本の矢による、 回復から若返りまでの...

続きを読む

スポンサードリンク