「 信念・心意気 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
我慢すべき時と??るべき時を見極める  第 1,901 号

我慢すべき時と??るべき時を見極める 第 1,901 号

心臓手術数において、20年近くにわたり 日本一を記録する榊原記念病院。 その中でも7,000例以上の執刀経験を持ち、 98.7%という成功率を誇るのが、高橋幸宏 医師です。 その驚異的な実績は、 どこから生み出されるのか? 『7,000人の子の命を救った  心臓外科医が教える仕事の流儀』 は、手術の現場において大事にしてきた 仕事の流儀を51にまとめたもの。...

続きを読む

発想とは面白さの発見である  第 1,895 号

発想とは面白さの発見である 第 1,895 号

 日本の芸術や文化を見渡せば、さまざまな 新しい価値を生み出してきました。そうし た伝統文化を「型通り」と言う人もいま す。けれども、「型」があってこそ 「型破り」もできる。それこそが、 日本の創造力の源泉なのです。  本書では、日本人なら誰もが知っている有名 な歴史上の人物五人を取り上げ、彼らの 類い稀な発想力・創造力の素晴ら しさをご紹介します。  取り上げるのは、...

続きを読む

成功によっても失敗によってもたえず世の注目を集めた  第 1,884 号

成功によっても失敗によってもたえず世の注目を集めた 第 1,884 号

 桁外れの資産と野心を持つ異能の経営者が、 「未来のプラットフォーム」の覇権を狙う。 強烈な個性がぶつかり合う開発競争の最前線!  アマゾンを立ち上げたときにはすでにイン フラがあった。おかげで1995年でももう、 新興のインターネット企業が成功を収 めることができた。いま、ベゾスは 宇宙に輸送網を築き始めたいと考えていた。  amazonには最初から必要なインフラが 用...

続きを読む

成功する人は.成功する考え方を持ってる  第 1,883 号

成功する人は.成功する考え方を持ってる 第 1,883 号

“知の巨人”と称された、渡部昇一先生の著書 『人生を創る言葉』をご存じでしょうか? 古今東西の偉人が残した94の名言を紹介しなが ら解説を加えたものですが、 あの斎藤一人さん(銀座まるかん創業者)が 「最低7回は読みな」と薦めた本としても 知られています。 そのエピソードが紹介されている 『斎藤一人商人道』(尾形幸弘・著/PHP研究所) の内容を一部ご紹介します。 ...

続きを読む

自分の頭で新しいことを考えなくなってしまうんです  第 1,881 号

自分の頭で新しいことを考えなくなってしまうんです 第 1,881 号

江戸時代から続く「鞘師」の6代目として、 日本刀の拵(外装)のコーディネートや 文化財の修理・復元に携わり、 その卓越した技術が国内外から高い評価を 受ける高山一之さん。 今年旭日双光章を受章され、 注目を集めました。 『致知』最新号から、 その高山さんがお父様の指導から 学んだことをご紹介します。 ─────────────────── (髙山)  父は見て覚...

続きを読む

危機を糧にして成長していった人だなとつくづく感じました  第 1,875 号

危機を糧にして成長していった人だなとつくづく感じました 第 1,875 号

経営の神様と称される松下幸之助氏。 赤貧・病弱・無学歴にも拘らず、 丁稚奉公から身を起こし、 戦後、財閥指定や公職追放をはじめ様々な逆境を 乗り越え、一代で世界的企業へと発展させました。 目下の新型コロナウイルス禍にどう対応するか。 そのヒントをも松下幸之助氏は 示してくれているといいます。 本日は、『致知』10月号の中から、 松下幸之助氏に薫陶を受けてきた中博氏...

続きを読む

独自のインテリジェンスこそ.ニッポンが生き残る力となる  第 1,874 号

独自のインテリジェンスこそ.ニッポンが生き残る力となる 第 1,874 号

 「あの時、MI6は、公安調査庁に極秘情報を 渡していた――」深い霧に覆われた情報組織、 これが公安調査庁だ。一般の目が届かない 深層で情報活動を繰り広げ、決して表舞 台に出ようとしない組織。逮捕権を持 たないため、人の心の襞に分け入る ヒューミント(対人諜報)に存在意義を見出している。  公安警察や外務省と情報コミュニティーの 主導権を競う公安調査庁。インテリジェン スの巨...

続きを読む

品格を磨き徳を高めていくと.よきご縁を引き寄せ運を開いていく  第 1,863 号

品格を磨き徳を高めていくと.よきご縁を引き寄せ運を開いていく 第 1,863 号

米沢藩士の娘として厳格なしつけを受け、 明治大正昭和の時代をたくましく生きた 祖母の生き方、言葉から、現代人に求められる 人としての心得や、女性としてのあり方を説い た『女子の武士道』『女子の教養』。 刊行以来、版を重ねる“武家の教えシリーズ" の最新刊である本書は、 「武士の娘の美学」を紐解いた一冊です。 本書の前半は、 日常生活における心のありようをはじめ、 挨拶の...

続きを読む

生きることは「習って高める」つまり死ぬまで勉強です  第 1,862 号

生きることは「習って高める」つまり死ぬまで勉強です 第 1,862 号

「学者棟梁」の異名をとった 大工棟梁の田中文男氏。 多くの木造建築技術の後継者を育てた ことでも知られています。 その田中氏が『致知』1999年10月号に ご登場いただいた際に紹介された 「大学の技術取得法」という興味深い お話しをお届けします。 …………………………………………………… 大工の技術取得法は、 大きく三つに分けることができます。 それは ...

続きを読む

生き甲斐が循環して広がっていく流れが出来れば高齢化社会も明るい  第 1,860 号

生き甲斐が循環して広がっていく流れが出来れば高齢化社会も明るい 第 1,860 号

2020/08/18 (火) 7:00 こんにちは、 岡田です。 前回は「健康寿命を伸ばすことの意味」でした。 いくら健康寿命が伸びたとしても、 生き甲斐がなければ満足感は少ないというお話でした。 今回は「生き甲斐と体力」です。 図入りはこちら -------------------------------------- 『歩行整体R』とは、 ...

続きを読む

スポンサードリンク