「 免疫力 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
生活リズムが狂い肌の老化を早めてません? 第 104 号

生活リズムが狂い肌の老化を早めてません? 第 104 号

 本日は、ほうれい線、しわの原因について、 お伝えします。  1)表情筋の衰え、  表情筋が衰えると、顔の脂肪を支える力が 低下します。  その結果、頬がたるみ、口元のほうれい線が目立 つわけです、さらに目尻にもシワができます。  2)カサカサ肌、乾燥肌  乾燥すると肌にヨレができ、それが定着 するとシワになります。  ここで、あせって変なものを塗るとますます ...

続きを読む

「10年後の常識」活性水素を作り出し!活性酸素を消去! 第 102 号

「10年後の常識」活性水素を作り出し!活性酸素を消去! 第 102 号

No.20★「水素水健康法」★「いまさら水素水?」と思われるぐらい有名です。水素水は健康通にはもはや常識となっていますが、まだ試したことないという人は以外に多いです。(対象者と目的)活性酸素を消去したい人、病気になりにくい水が欲しい人、病中病後の水分補給に、激しいスポーツをする人、疲労困憊の人、内臓を元気にしたい人など。目的は上の症状改善をはじめ、体を酸化から守る抗酸化健康法として。(売りは)岡田...

続きを読む

便・微生物移植 第 86 号

便・微生物移植 第 86 号

 貴方のお子さんのウンチ食べれますか?  あなたの身体を爆発的にエネルギッシュに 健康にお肌もプルんぷるんになるとしたら 普通だったら、他人のウンチはもちろん 自分の子供のウンチでもなんと なくイヤですよね、  でも、健康な人のウンチから細菌だけ取り出し て食べてあげる方法があるんです、そのことで 難病と言われてきた病気の改善も得られて いるんです。  生まれたばか...

続きを読む

幼年期教育は見ざる聞かざる言わざる 第 70 号

幼年期教育は見ざる聞かざる言わざる 第 70 号

 「心は万境(ばんきょう)に随(したが)って 転(てん)ず」人の心がその置かれた環境 によって変わる、という意味です。  私達の性格が形成されるのは、内因性(遺伝 による先天的要素)と、外因性(家庭や社会 など周囲の環境から受ける後天的要素) と、心因性(自分の現在の意志)による といわれていますが、そのうちで 多くの人が一番影響を受けやす いのは、二番目の外因性では ない...

続きを読む

機能性便秘と機質性便秘 第 68 号

機能性便秘と機質性便秘 第 68 号

 便秘には、機能性便秘と機質性便秘があります。  機能性便秘というのは、食べ物の影響で腸の 働きが悪くなって起こる便秘です。  機質性便秘というのは、腸が炎症を起こ したり、ポリープや癒着などで、便が スムーズに出ない便秘のことです。  直腸にポリープがあると、便が小指のように 細くしか出ないと云われています。  一時的なものなら便の太さは戻りますが、 いつまでも...

続きを読む

免疫細胞と腸内細菌 第 65 号

免疫細胞と腸内細菌 第 65 号

 便秘の改善の話をする前に、腸も賢いという話。  腸の中には、体の免疫細胞の60%が 集まっているのだそうです。  食べ物と一緒にお腹に入る確立が高いもの。  それは何となく想像が付きます。  その免疫細胞は、腸内細菌は殺さないけど、体に 危険な細菌が入ってきたと思えば、それを 攻撃する働きがあるんです。  時々免疫機能が狂ってアレルギーを起こしますが、 正常...

続きを読む

内臓機能が回復すると美肌になる 第 62 号

内臓機能が回復すると美肌になる 第 62 号

 最近、冷え性の方は傾向として、ダイエット によるエネルギー不足の人がいます。  私もプチ断食をおすすめしていますが、 体重を減らすためではありません。  食べないことで、内臓を休ませ機能を 回復させるのが目的です。  それによって、肝臓の解毒機能が働くように なったり、血管がきれいになって血流が 良くなったり、お腹に溜まって いた便が出たりします。  そうして...

続きを読む

拝啓、がんの神様へ(後半)+風邪予防 第 59 号

拝啓、がんの神様へ(後半)+風邪予防 第 59 号

 思いやりの心に触れた時、なぜ私たちの 心はほわっと温かくなるのでしょうか。  不思議ですね。  それでは、前半の続きをどうぞ。 ────────『今日の注目の人』── 長堀 優(育生会横浜病院院長)     × 村上 和雄(筑波大学名誉教授) ─────────────────── 【長堀】  実は彼女には肝硬変の夫がいたんです。  子供がいなくて親戚も近く...

続きを読む

拝啓、がんの神様へ(前半) 第 57 号

拝啓、がんの神様へ(前半) 第 57 号

 がん患者さんとの心の通った治療を 心掛けてこられたという育成会 横浜病院院長の長堀先生。  これまで患者さんとの間で数々の ドラマがあったそうです。  そこできょうから二日間は、長堀先生に とって思い出深い患者さんとのエピ ソードの一つをご紹介します。 とても素敵なお話ですよ。  ────────『今日の注目の人』──  長堀 優(育生会横浜病院)     ...

続きを読む

疲れない冬の過ごし方”腰痛” 第 54 号

疲れない冬の過ごし方”腰痛” 第 54 号

 現代人の80%が腰痛に悩んでいると 云われています。  つまり、5人いたら4人が腰痛で悩んで いると云うことになるんですね。  そうやって考えると、自分は「だから なのか」と思ってしまいがちです。  でも、意識を腰痛持ちの仲間に合わせるの ではなく、健康な人に合わせる ことが大切ですね。  食事が正しければ腰痛とは無縁。  私のような生活に支障をきたす腰痛...

続きを読む

スポンサードリンク