「 出逢い 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
「たとえる」と一瞬にして目の前の世界が変わる  第1,336号

「たとえる」と一瞬にして目の前の世界が変わる 第1,336号

 芥川賞作家・ピース又吉直樹や、直木賞作家・ 西加奈子らとの共著でも知られる文筆家、 せきしろ。 エッセイが東海大の入試 に使われるなど、確かな文章力に 定評があり、また数々の芸人 にコント脚本を提供する など、圧倒的なユー モアを生み出す せきしろの、表現力の秘密は「たとえ」にあった――。  「たとえる」とは何か。 たとえば驚いた時は 「オダギリジョーが本名と知ったときの...

続きを読む

「わたし、天国に行っちゃうの?」  第1,332号

「わたし、天国に行っちゃうの?」 第1,332号

ご長女の小児がん発病を機に、 小児がんの支援活動・いのちの授業などに 取り組むようになった鈴木中人(なかと)さん。 自らの体験をもとに、全国で講演活動を行い、 これまで30万人を超える聴衆に 深い感動を与えてこられました。 その鈴木中人さんがこのたび、 子どもたちのために熱い想いをもって 綴られた感動実話 『子どものための「いのちの授業」』 ~小児がんの亡き...

続きを読む

天の時というのは運だ.地の利というのは条件である.そして人の和  第1,324号

天の時というのは運だ.地の利というのは条件である.そして人の和 第1,324号

薩摩藩主の腹心でしかなかった西郷隆盛が、 思想的飛躍を経て、日本の西郷隆盛になった。 童門先生はそのきっかけをつくったのが、 水戸藩士・藤田東湖だと述べられています。 二人の間で、果たしてどのような やり取りがなされたのでしょうか。 ──────────  童門 冬二(作家) ────────── 西郷隆盛が藤田東湖に会ったのは安政元年 (1854)のことだったとい...

続きを読む

逆境に落ちたときに大きな救いになってくれるのは 友達だ  第1,323号

逆境に落ちたときに大きな救いになってくれるのは 友達だ 第1,323号

 ともに東京地検特捜部に逮捕され、有罪判決を 受けた外交官と衆議院議員。順風満帆だった 二人の目の前に突然現れたとてつもない逆境。  今まさにその真っただ中にいる石川氏が、その 逆境を乗り越えてきた佐藤氏に生き残るため に何が必要なのかを問いかける。  今、苦境に陥っている人への リアルなアドバイスが満載。  弱肉強食が進む現代、いつ訪れるわからない 逆境に備えるため...

続きを読む

信長の政商として天下統一事業を財政から支えた  = 2-2 =  第1,319号

信長の政商として天下統一事業を財政から支えた = 2-2 = 第1,319号

 戦国武将たちの生殺を握る商都「堺」。 堺を制する者は天下を制す。  信長は、将軍の足利義昭から副将軍か畿内の 管領に就くよう要請された。しかし信長は これを断り、堺、大津、草津に代官を 置く許可を願い出た。  これは、信長が経済観念に優れていたとして、 よく語られるエピソードだ。それらの地 は、当時、日本有数の港である。  流通拠点を押さえることは、経済だけではなく...

続きを読む

信長の政商として天下統一事業を財政から支えた  = 2-1 =  第1,318号

信長の政商として天下統一事業を財政から支えた = 2-1 = 第1,318号

 なぜ信長も今川も「桶狭間」を重視したのか? 「戦国最強」の武田軍団が天下を取れなかっ た最大の理由とは? 日本史上空前の高度 経済成長をもたらした信長の「デフレ 政策」とは? 戦国史の謎は「経済」 で見るとスッキリ解ける!  なぜ織田信長は今川義元が油断している時に、桶狭 間で攻撃することができたのか?その謎を解く カギが、実は「経済」なのである。  信長の経済力を支え...

続きを読む

日本を学び社会の繁栄と世界の発展に貢献せよ  第1,317号

日本を学び社会の繁栄と世界の発展に貢献せよ 第1,317号

 酒場で、酔って「天下国家」を語れ。 最近そういう人がいなくなった。  外国で40年間暮らすと、日本の良さが わかる。白洲次郎の方式だ。  芸術家が、普通の教育を受けたら邪魔に なる。ピカソやダリを見ればわかる。  自分の人格向上をせよ。そして愛の グレードアップをせよ。  アップル社のキャンパスには、中庭がある。 ジョブスが禅から学んだ、『悟り』 『一円相』を...

続きを読む

大切なことは顧客側に.多大の手間や努力をさせないこと  = 2-2 =  第1,316号

大切なことは顧客側に.多大の手間や努力をさせないこと = 2-2 = 第1,316号

ベスト3の顧客の名前、購入金額、購入プロセス、 媒体、ニーズ・ウォンツは知っておく必要はある。 この質問を幹部や社員にも聞いてみてもらいたい。 社員は、どれだけお客様のことを理解できているか? という自社の現状を、会議の場で訪ねてみるといいだろう。 意外かもしれないが、自社の担当社員が 「自分たちのお客様がどういう人か?」を、 深く理解できていない会社が意外にも多い。 ...

続きを読む

図書館が24時間開放されていないのはおかしい  第1,311号

図書館が24時間開放されていないのはおかしい 第1,311号

 「世界で活躍している日本人を1人挙げてください」 と言われたら、あなたは誰を思い浮かべますか?  イチロー選手、石川遼選手、浅田真央選手など、スポーツ 系のみならず、文化系、技術系など、世界の舞台で 活躍する日本人は数多くいます。  彼らの多くに共通するのは、幼い頃から「才能」を発揮し、 若い時から、世界...

続きを読む

何気ない言葉は深く魂に浸透し人生を支える大きな力となる  第1,307号

何気ない言葉は深く魂に浸透し人生を支える大きな力となる 第1,307号

本日はアメリカの教育博士である ドロシー・ロー・ノルトの詩を紹介します。 何気ない日常において、 人生で大切なことに気づいてほしい。 そんな願いを込めて、本誌でもお馴染みの 鈴木秀子さんに綴っていただきました。 これはドロシー・ロー・ノルトという アメリカの教育博士がつくった詩です。 まずは静かに、時間をかけて 噛み締めるように読んでみてください。...

続きを読む

スポンサードリンク