「 協調性 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
リズムが会話の流れをつくる「好きな雑談のやり方」  第1,587号

リズムが会話の流れをつくる「好きな雑談のやり方」 第1,587号

 大幅にパワーアップして登場!「超一流の雑談 力」の続編となる作品です。雑談にも、一流、 二流、三流という違いがあり、「ただ意味 のない話をすることではない」、その違 いを具体的に紹介したのが前作でした。  そして今作は、「超・実践編」と題して、 内容を一新。「こんな内容がほしかった!」 「こんな悩みがあるのだけれどどうすれ ば?」といった、読者のみなさまの声、 また企業など...

続きを読む

人のためにお金を使えば.長く幸せになれる  = 2-2 =  第1,572号

人のためにお金を使えば.長く幸せになれる = 2-2 = 第1,572号

 ユダヤ人はヘブライ聖書の勉強を通じ、世界 の誰よりも人間の本質を知り尽くしている。 だとすれば、人間を知り尽くしている 人にお金が寄ってくるのは自然な ことなのだ。なぜなら金は人間 が作り出したものだからだ。  失ったものの大きさに成功は比例する。 「自己犠牲なくして成功は得られない」 という金銭哲学を超えた人生哲学なのだ。  豊かさの次には必ず大貧困が襲ってくる。 ...

続きを読む

人のためにお金を使えば.長く幸せになれる  = 2-1 =  第1,571号

人のためにお金を使えば.長く幸せになれる = 2-1 = 第1,571号

 ユダヤ人成功者の先見の明やリスク判断力 は、「タルムード」の叡智で磨かれていた。  世の中が好況に躍っている時には、みなと 一緒に浮かれることなく、手を広げすぎる リスクを避け、慎重に行動する。これが ユダヤ式のリスク管理であり、また 「お金儲け」の鉄則でもある。  物事には何にでもリスクがあるとユダヤ人は 考える。その意味でいえば、ユダヤ人に「想 定外」という言葉はな...

続きを読む

感謝を忘れたとき.組織は崩壊する  = 2-2 =  第1,532号

感謝を忘れたとき.組織は崩壊する = 2-2 = 第1,532号

 ホームページに、聞き取ってきた必要な物資 とその数を掲載し、それをツイッターにリン クして拡散し、全国の人から物資を直送し てもらい、送ったという報告だけは受け 取るようにして、必要な個数が送られ たら、その物資に線を引いて消していくのだ。  10分あればできることがある、いまの自分 にしかできないことがある。  フェイスブックのグループをつくる機能を使う ことで、グル...

続きを読む

感謝を忘れたとき.組織は崩壊する  = 2-1 =  第1,531号

感謝を忘れたとき.組織は崩壊する = 2-1 = 第1,531号

 この哀しみをどう乗り越え、今後の有事 の際に活かしていけるのか。  そこであまりにもひどい惨状を目の当たりに し、「もうリミッターを外すしかない」と プロジェクトを立ち上げ、全精力をかけ てきた生き様、気合、魂が一文字一文 字に乗り移っているからでしょう。  一人ひとりの小さな行動が大きな架け橋と なり、絆に変わる。シンプルな装丁です が、中身は非常に熱い本です。 ...

続きを読む

『同じ釜の飯を食う』ことで親密度が湧いてきた  第1,513号

『同じ釜の飯を食う』ことで親密度が湧いてきた 第1,513号

 「小泉純一郎は、ある時を境に化けた。だが、 進次郎は最初から化けている」と、財界トッ プに言わしめた若きホープの現実と未来。  進次郎はいう。「政治の世界ですから、正直、 きれい事ばかりではない。利用されることも あれば、利用することもある。利用される ときは、それを分かって利用されればいい」  「わたしは、いろんなそういうことに対して、 嫌だなと思わずに有り難いなと思え...

続きを読む

この星の上で笑いあいながら共存できる  第1,507号

この星の上で笑いあいながら共存できる 第1,507号

 キャスター滝川クリステルさんは、「地球 生き物応援団」の一員として名古屋で開催 される生物多様性条約第10回締結国会 議(COP10)の広報役も務める。  かつてブラジルで開かれた地球サミットで、 わずか12歳のセヴァン・スズキさんが「直 しかたがわからないものを壊し続けるの をどうかやめてください」と訴えた ことに感銘を受け、環境問題に 強い関心をもった。  そんな...

続きを読む

国づくりのバトンとは即ち私たちの親戚の物語  第1,493号

国づくりのバトンとは即ち私たちの親戚の物語 第1,493号

歴史教育の偏向と教育現場で戦い、教壇を去った いまも後進育成のために講座を開き、長年 培ってきた歴史授業を伝授している齋藤武夫さん。 その目から鱗の教育事業の実践例を お話しいただきました。 ★あなたの人生・仕事のヒントが満載! 月刊『致知』の詳細・ご購読はこちら  ─────────────────── 日本列島が誕生したのは一万数千年前。 悠久の時間をかけて日...

続きを読む

日本人が野菜を食べる習慣を広めた  第1,444号

日本人が野菜を食べる習慣を広めた 第1,444号

 ニッケイ新聞は、ブラジルに住む日本人・日系 人のための新聞で、サンパウロ市に本社を置 く日刊邦字紙(日本語新聞)である。  ブラジル移民の歴史は1908年にはじまり、 1932年、33年を絶頂期に戦前だけで19 万人、戦後には、6万人、あわせて 約25万人が移り住んだ。  その子孫は現在、6世まで誕生し、当国の 日系人は約150万人に増えた。全世界の 日系人数が約250...

続きを読む

昔から日本の政界には裏取引の達人が多い  第1,428号

昔から日本の政界には裏取引の達人が多い 第1,428号

 交渉事は相手に勢いがあるときは静観だ。力の 均衡が崩れたときこそ“出番”となる。  三木の策術にはまった格好で大野は数度の接触 の上、ついに保守合同へ向けて合意する。後日、 大野は自著の中で、こう述懐したものだった。  「私の話に対して、彼の答えは意外なほどまじめ  だった。じっと目をつぶり、三木さんの話を  聞いているうち、私も感激してしまった。   私の目の前にいる三...

続きを読む

スポンサードリンク