「 協調性 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
『同じ釜の飯を食う』ことで親密度が湧いてきた  第1,513号

『同じ釜の飯を食う』ことで親密度が湧いてきた 第1,513号

 「小泉純一郎は、ある時を境に化けた。だが、 進次郎は最初から化けている」と、財界トッ プに言わしめた若きホープの現実と未来。  進次郎はいう。「政治の世界ですから、正直、 きれい事ばかりではない。利用されることも あれば、利用することもある。利用される ときは、それを分かって利用されればいい」  「わたしは、いろんなそういうことに対して、 嫌だなと思わずに有り難いなと思え...

続きを読む

この星の上で笑いあいながら共存できる  第1,507号

この星の上で笑いあいながら共存できる 第1,507号

 キャスター滝川クリステルさんは、「地球 生き物応援団」の一員として名古屋で開催 される生物多様性条約第10回締結国会 議(COP10)の広報役も務める。  かつてブラジルで開かれた地球サミットで、 わずか12歳のセヴァン・スズキさんが「直 しかたがわからないものを壊し続けるの をどうかやめてください」と訴えた ことに感銘を受け、環境問題に 強い関心をもった。  そんな...

続きを読む

国づくりのバトンとは即ち私たちの親戚の物語  第1,493号

国づくりのバトンとは即ち私たちの親戚の物語 第1,493号

歴史教育の偏向と教育現場で戦い、教壇を去った いまも後進育成のために講座を開き、長年 培ってきた歴史授業を伝授している齋藤武夫さん。 その目から鱗の教育事業の実践例を お話しいただきました。 ★あなたの人生・仕事のヒントが満載! 月刊『致知』の詳細・ご購読はこちら  ─────────────────── 日本列島が誕生したのは一万数千年前。 悠久の時間をかけて日...

続きを読む

日本人が野菜を食べる習慣を広めた  第1,444号

日本人が野菜を食べる習慣を広めた 第1,444号

 ニッケイ新聞は、ブラジルに住む日本人・日系 人のための新聞で、サンパウロ市に本社を置 く日刊邦字紙(日本語新聞)である。  ブラジル移民の歴史は1908年にはじまり、 1932年、33年を絶頂期に戦前だけで19 万人、戦後には、6万人、あわせて 約25万人が移り住んだ。  その子孫は現在、6世まで誕生し、当国の 日系人は約150万人に増えた。全世界の 日系人数が約250...

続きを読む

昔から日本の政界には裏取引の達人が多い  第1,428号

昔から日本の政界には裏取引の達人が多い 第1,428号

 交渉事は相手に勢いがあるときは静観だ。力の 均衡が崩れたときこそ“出番”となる。  三木の策術にはまった格好で大野は数度の接触 の上、ついに保守合同へ向けて合意する。後日、 大野は自著の中で、こう述懐したものだった。  「私の話に対して、彼の答えは意外なほどまじめ  だった。じっと目をつぶり、三木さんの話を  聞いているうち、私も感激してしまった。   私の目の前にいる三...

続きを読む

国語は人生の基礎になるといってもいいでしょう  = 2-2 =  第1,398号

国語は人生の基礎になるといってもいいでしょう = 2-2 = 第1,398号

…………………………………………… 絶対量が足りない一年生の教科書 …………………………………………… そうした観点から現在の 小学校一年生の国語教科書を見ると、 力強さが足りません。 絵や写真を見て考えることを促す 対話的な授業に役立つ形式にはなっていますが、 何しろ活字が少ないので 思考が簡素にならざるを得ないのです。 国語という教科は、 まず子供たちに言葉を...

続きを読む

もしかしたら凄いことが起きるかもしれない  = 2-2 =  第1,303号

もしかしたら凄いことが起きるかもしれない = 2-2 = 第1,303号

 周りに物を置かない。わたしは思考のスピードを加速 するため、自宅にはできるだけ物を置かないように している。雑誌やメールはどんどん捨てる。  どんな仕事も「できない」と決めつけない。間違えても いいから、判断は早く。大切なのは、選択肢の中 から「2つに絞る力」。おそらく、私が 新しいことに挑戦することに躊躇 ...

続きを読む

母語で豊かな人生が送れる世界を作る 第1,241号

母語で豊かな人生が送れる世界を作る 第1,241号

 英語化を進める大学に巨額の補助金を 与える教育改革から、英語を公用語 とする英語特区の提案まで。   日本社会を英語化する 政策の暴走が始まった。   英語化推進派のお題目は国際競争力の 向上。しかし、それはまやかしだ。   社会の第一線が英語化されれば、知的な 活動を日本語で行ってきた中間層は没 落し、格差が固定化。多数の国民 が母国語で活躍してこそ国家 と経済が発展するという 現代政治学の最...

続きを読む

「関係の質」を高めるために大切なのは対話です 第 1,215号

「関係の質」を高めるために大切なのは対話です 第 1,215号

 素直にメンバーに助けを求め、メンバー を信じて仕事を任せる。それが、メン バーの力を引き出して、健全な チームワークを引き出す出発点なのです。    実際、私たちの会社は創業以来、「増収 増益」かつ「残業ゼロ・有給取得率 100%」を達成しながら、働き 方改革コンサルティングを 提供した約1000社に おいても、残業 時間の大幅 削減と業績向上を果たしてきました。    実際、クライアントも、ム...

続きを読む

情報は「聞く耳を持つ人」のところに集まる  第1,187号

情報は「聞く耳を持つ人」のところに集まる 第1,187号

 アメリカ対日戦略の壮大な仕掛け、北朝鮮 のクラシカルな交渉手法、中国のアメリカ をも翻弄した二枚腰外交、利害・駆け 引きが絡み合う外交現場は、最高 のビジネステキストである。  成功事例、失敗事例も含め、これまで 外務省の中だけに蓄積されてきた貴重 な交渉経験と、そこから導かれた 知恵の数々を、初めて一般に 公開したという意味でも、画期的な一冊!  大切なのは、日本人...

続きを読む

スポンサードリンク