「 思いやり 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
カフェはビジネスであり.街づくりである  第1,197号

カフェはビジネスであり.街づくりである 第1,197号

 伝説のカフェの仕掛け人が語る、お店 づくりから街おこしまで。話題の場 所をつくるヒントがここにある。  カフェはコミュニティの拠点となって、 文化や思想をつくります。  将来起業やカフェ開業を考えている 人だけでなく、カフェづくりの 裏話を読むだけでも楽し める内容になっています。  自然に人が集まってくる。遊びたく なる、心地よくなる。それがその まま素晴らし...

続きを読む

人生というのは何が起きても自分で立ち上がるしかない  = 2-2 =  第1,154号

人生というのは何が起きても自分で立ち上がるしかない = 2-2 = 第1,154号

 そういえば、私が体育大学に入った時、 兄から「いま何を読んでいるの?」 と聞かれたことがあります。  「陸上の試合で忙しいから読んで いない」と答えたら、怒り出し ましてね。「本は暇な時 に読むものではない。  苦しい時にこそ読むんだ。自分で自分 を高めなくて誰が高めてくれる」 って、そう言うんです。 ──読書によって自分自身を成長させよ、と。  ええ。だか...

続きを読む

その時々で柔軟に方向を変えていく姿勢が大切である  = 2-1 =  第1,151号

その時々で柔軟に方向を変えていく姿勢が大切である = 2-1 = 第1,151号

 この本に登場するのは、貧しい人に自 分の財産を寄付した慈善家ではない。  「困っている人を生み出している世の 中」を変えてやろうと挑み、成功 した人たちである。  小さな波から大きなうねりを巻き 起こす社会起業家の、「世界の 作り変え方」がここに。  この本に登場するのは、社会の抱える 問題に取り組み、小手先にとどまら ない大掛かりな解決を目指す人々である。 ...

続きを読む

覚悟の決まっている人と決まっていない人の差ですよね  第1,141号

覚悟の決まっている人と決まっていない人の差ですよね 第1,141号

1 大空襲のど真ん中を生き抜いた料理研究家 2 今日の「一日一言」/平澤 興 ─────────────────── 1 大空襲のど真ん中を生き抜いた料理研究家 ───────────────────  辰巳 芳子(料理研究家) ─────────────  料理研究家として93歳のいまも 全国を駆け回る辰巳芳子さん。  国の行方に寄せる思いは一方 ならぬものがあり...

続きを読む

子どもの貧困問題が継続的に注目されれば.支援の機運が高まっていく = 3-2 =  第1,137号

子どもの貧困問題が継続的に注目されれば.支援の機運が高まっていく = 3-2 = 第1,137号

 大きな台風24号、皆さんの安全を お祈りいたします。  社会的損失は所得が40兆円超、 財政収入が16兆円失われる。  子どもの貧困が改善された場合は、 もたらされる財政収入は約6兆 8000億円だが、子どもの 貧困が放置された場合 は約5兆7000億円 まで減少し、その 差は1兆1000億円である。  貧困状態に置かれた子ども全員が現状の まま放置されてしま...

続きを読む

子どもの貧困問題が継続的に注目されれば.支援の機運が高まっていく = 3-1 =  第1,136号

子どもの貧困問題が継続的に注目されれば.支援の機運が高まっていく = 3-1 = 第1,136号

 6人に1人の子どもが貧困という日本社会。  他人事だと放置すれば、43兆円が失われ、 政府負担も16兆円増える!!  「現在15歳の子ども1学年だけでも、社 会が被る経済的損失は約2.9兆円に達し、 政府の財政負担は1.1兆円増加する」 という衝撃的なレポートが、日本 財団より発表されました。  貧困によって学ぶチャンスを奪われた 子どもたちは職業選択の自由を奪わ ...

続きを読む

「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている  = 2-1 =  第1,134号

「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている = 2-1 = 第1,134号

 いまから約5,000年前に中国で生まれた、  世界最古の書物『易経(えききょう)』。  時代や環境が変化していく中で起こる、 あらゆる出来事の解決策になる知恵が 記され、孔子や孫子から、当代の指 導者層まで、多くのリーダーたち がバイブルとしたとしてきました。  そんな書物を大人だけでなく、子供にも 役立ててほしいと、『易経』研究の第一 人者である竹村亞希子さんと都...

続きを読む

子どもの脳はその苦しみに何とか適応しようとして自ら変形をしてしまう  第1,127号

子どもの脳はその苦しみに何とか適応しようとして自ら変形をしてしまう 第1,127号

──────────────────  衝撃の事実/子どもの脳が          傷つけられている     友田 明美(福井大学教授) ──────────────────  虐待をはじめとした親(養育者)から の不適切な養育(マルトリートメント) が、子どもの脳を傷つけることが 福井大学教授の友田明美さんに よって明らかにされました。       ───── ...

続きを読む

子供のやる気を起こさせることこそ真の教育  第1,108号

子供のやる気を起こさせることこそ真の教育 第1,108号

1 村上和雄氏が語る、我がこころの師 2 今日の「一日一言」/記憶こそが自分 ──────────────────  1 村上和雄氏が語る、我がこころの師 ──────────────────   村上 和雄(筑波大学名誉教授) ──────────────────  村上和雄さんが、“我がこころの師”と仰 ぎ見てきた京都大学元総長、平澤興さん について語っていただき...

続きを読む

家庭ではだいたい四歳までに躾けられている  第1,104号

家庭ではだいたい四歳までに躾けられている 第1,104号

 人生を振り返りつつ、「自分たちは父 から何を学び、それをいかに子供 たちに継承しているか。  家庭教育における父親の役割とは 何か」について語り合った。  男親にしか伝えられない愛情がある。  世論に一石を投じてきた両論客 が本音で語る痛快対談。  父親が私に叩き込んでくれたのは、ひと ことで言えばダンディズムである。  これは武士道の精神とも 騎士道の...

続きを読む

スポンサードリンク