「 思いやり 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
電車の中で寝るって危機管理意識?‥疲れすぎ‥気持ちよすぎる‥  第 425号

電車の中で寝るって危機管理意識?‥疲れすぎ‥気持ちよすぎる‥ 第 425号

701: おーぷん@名無し 2016/04/19(火)20:10:50 ID:kCl   武勇伝とはちょっと違うかも、賛否両論だろうけど、自分的に すっきりした話。?   今朝電車で座っていたら、隣の隣に座ってる兄ちゃんが、   ♠寝ながらがっくんがっくん♠     盛大に横揺れしていた。 私と兄ちゃんの間にはスーツのおじさんがいて、 揺れるたびにおじさ...

続きを読む

天には天の.地には地のルールがあるように.人には人のルールがあります  第 420号

天には天の.地には地のルールがあるように.人には人のルールがあります 第 420号

 このたび、致知「人間力メルマガ」の姉妹版 となる一冊が登場いたします。  その名も、  『「孝経(こうきょう)」を素読する』 安岡正篤師の高弟・伊與田覺氏  101歳、伊與田覺先生の筆書による力強い 墨痕に、初心者でも分かりやすい現代語訳 が添えられ、初めて『孝経』を読まれる 方にもおすすめです。  そもそも『孝経』とは、孔子と門弟・曾子の 問答を記した書といわれ...

続きを読む

夢に生きるとは目の前のことを受け入れ.小さな一歩を踏み出し続けること  第 413号

夢に生きるとは目の前のことを受け入れ.小さな一歩を踏み出し続けること 第 413号

 江戸時代に歩いて日本列島を横断し、日本で 初めての実測地図をつくった人物がいます。  そう、伊能忠敬です。  本日はそんな伊能忠敬の生き方がイキイキと 語られた白駒妃登美さんの『子どもの心に光を 灯す日本の偉人の物語』からその一部を 皆さんにお届けします。 ───────────────────  夜になると、星空を見上げていた忠敬。  ...

続きを読む

自分自身がまず一生懸命に生き.真剣に生きることの大切さを伝える  第 401号

自分自身がまず一生懸命に生き.真剣に生きることの大切さを伝える 第 401号

 沖縄を拠点に、アジアの貧困地域に暮らす子供達 の支援活動を命がけで続けている著者が物質的 な豊かさの中で、「本当に大切なもの」を 見失ってしまった日本の子供達・親達 へ真摯に訴えるメッセージ。  数十年程前から、フィリピン、ベトナム、タイ など、主にアジアの貧困地域、スラム街、 山岳民族などを訪ねて子供達を 支援する活動を続けている。  本来の仕事はビデオカメラマン...

続きを読む

相手に関心を持ち理解しようと努力し味方であると言葉や態度で示すこと   第 399号

相手に関心を持ち理解しようと努力し味方であると言葉や態度で示すこと 第 399号

 本書はこんな人にオススメです   A,生まれてこの方、女性と恋愛関係になった  ことがない人。   B,最後の恋愛経験から2年以上経っており、  そろそろ恋人がほしい人。   C,これまでに恋人がいたことは何度もあるが、  いずれも長続きしない、もしくは彼女を怒らせて  ばかりでうまくいかなかった人。   D,そろそろ落ち着きたいけれど、婚活がうまく  いかない人。 ...

続きを読む

神話に連なる歴史を有する国は、世界にほとんどない   第 398号

神話に連なる歴史を有する国は、世界にほとんどない 第 398号

 神話に起源をもつ皇室は、世界が羨む日本の宝。  神武天皇から古代、現代に至る2671年の歴史を 通観して日本人と皇室の紐帯を解明。  皇室について、いまの日本の子供たちがどういう イメージをもっているかはわからないが、戦前、 私たちが子供だったころは、皇室は「日本人 の総本家」というイメージが共通して いたように思う。  昔は、日常の体験を通して、子供も本家と分家...

続きを読む

人という生物の不思議さと可笑しさ生きる喜び(災害列島) – 6 –  第 390号

人という生物の不思議さと可笑しさ生きる喜び(災害列島) – 6 – 第 390号

           冒頭画像は”竜巻„です。  災害列島と言われ、地震から火山の噴火・噴煙、 津波、台風、集中豪雨に伴う土石流や土砂災害 等々。  古くからそれぞれの災害と共に、その生きる 知恵を蓄積してきたはずの災害列島の住人 なのに‥‥  4月の熊本地震では、地元の人に”地震が少ない„ という思い込みが、あったと言われる。  8月末の台風10号による惨害。 ...

続きを読む

七十兆分の一の奇跡で今日も生かされています.ありがとうございます   第 384号

七十兆分の一の奇跡で今日も生かされています.ありがとうございます 第 384号

 ガンの遺伝子治療についてかなり注目が 集まっているようですが、人の想いに よってがんが完治するケースも 実際に存在します。  本日は「ありがとう」という言葉のシャワーで、 医者でさえ手がつけられなかったガンを完治 された女性の物語をご紹介します。 ─────────── ★ 髪の毛一本にも「ありがとう」 ★ 工藤 房美   × 村上 和雄...

続きを読む

人に学び、物事に学び、 森羅万象に学んで道を求めた人  第 379号

人に学び、物事に学び、 森羅万象に学んで道を求めた人 第 379号

 松下幸之助氏の生き方や考え方は、経営者に 限らず、広く人々の心を捉えて魅了する ものがあります。  松下幸之助氏がいまも親しまれる 理由は何なのでしょうか。  長年、氏に親しく接してきたお二人の 話から、その答えが見えてきます。 ─────────── ★ 松下幸之助が目指したもの ★ 岩井虔(PHP研究所客員)    × 上甲晃(志ネットワーク「青...

続きを読む

人という生物の不思議さと可笑しさ生きる喜び(音響効果) – 4 –  第 370号

人という生物の不思議さと可笑しさ生きる喜び(音響効果) – 4 – 第 370号

 当地では、雷雨(夕立)が通り過ぎる毎 に蒸し暑かった時が、少しずつ朝夕 涼しくなって来たようです。  8月23日(火)が「処暑」暦の上では暑さ が収まり、涼風に秋を感じる頃です。  「人」の五感 (視覚・聴覚・触覚・味覚・ 臭覚)の一つである臭覚については以下 人という生物の不思議さと可笑しさ 生きる喜び(心と身体+香り) – 3 – 第 360 号に書きましたが、 ...

続きを読む

スポンサードリンク