「 思いやり 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
愛する人たちに幸せに なってほしいと願っています  第 737 号

愛する人たちに幸せに なってほしいと願っています 第 737 号

2017/07/16 (日) 7:30  シスターでもある鈴木秀子さんは『致知』の連載 で様々な人生の智慧を授けてくださいます。  大切な親が亡くなった時、私たちはどのような 心構えで生きたらよいのでしょうか。 ───────「今日の注目の人」─── 鈴木 秀子(国際コミュニオン学会名誉会長) ───────────────────  私たちが生...

続きを読む

いただいた価値ある情報を提供する⇒さらにいい情報が得られる  第 727 号

いただいた価値ある情報を提供する⇒さらにいい情報が得られる 第 727 号

 相手に対して何ができるのかを考えていくと いうことなのです。  現在、私の仕事は、人と会うことが一番の ベースになっている。  週5日、毎週月曜日から金曜日までのランチ とディナーは、かならず誰かと一緒に食事を することにしている。  どうしてこれほど多くの人に会っているのか。  理由は単純、私一人では何もできないからだ。  「いかにして相手の役に立つか」に...

続きを読む

雨の音はいいな!!人生を考えることができる  第 714 号

雨の音はいいな!!人生を考えることができる 第 714 号

 不世出の政治リーダーとして、日本人に鮮や かな記憶を残した田中角栄。   その言葉とふるまいは、世界の要人から雪国の 庶民まで、あらゆる人間を魅了し続けた。  時代を超えて語り継がれる人間・田中角栄 の「人生と仕事の心得」を厳選した 100の言葉で伝える。  「手柄はすべて連中に与えてやればいい。  泥は当方がかぶる。  名指しで批判はするな。  叱るときはサシの...

続きを読む

400年にわたって語り継ぐ≫恩を尊ぶ日本人の美しさ  第 712 号

400年にわたって語り継ぐ≫恩を尊ぶ日本人の美しさ 第 712 号

 戦国武将・宇喜多秀家とその妻・豪姫。 本日は二人にまつわる話をご紹介します。  「博多の歴女」こと白駒妃登美さんの語りを とおして人間の中に眠る美しい心が 感動と共に伝わってきます。 ───────「今日の注目の人」─── 白駒 妃登美(ことほぎ代表)     ───────────────────  戦国武将・宇喜多秀家とその妻・豪姫。 日本...

続きを読む

天から与えられた素晴らしい仕事だと思うことはとても大切  第 702 号

天から与えられた素晴らしい仕事だと思うことはとても大切 第 702 号

 これまで100人以上の弟子を育て上げて こられたというエーデルワイス会長・ 比屋根毅さん。  その愛弟子にして、関西で人気洋菓子店 を営む牧野眞一さんとが語る、師と 弟子との神髄とは。 ───────「今日の注目の人」─── 比屋根 毅(エーデルワイス会長)    × 牧野 眞一(ムッシュマキノオーナシェフ) ────────────────...

続きを読む

命は人間や動物というような垣根を越え.すべて深いところで繋がっている 第 699 号

命は人間や動物というような垣根を越え.すべて深いところで繋がっている 第 699 号

 『致知』の連載でお馴染みのシスター・ 鈴木秀子さんがある知人の体験談として 興味深い話を紹介されています。  四国遍路で体験した男性の不思議な話とは。 ───────「今日の注目の人」─── 鈴木 秀子 (国際コミュニオン学会名誉会長)     ───────────────────  定年退職後に四国遍路に行った 男性の知人がいます。 ...

続きを読む

僕はその人の心を変えようと思って.言葉を発したわけではない  第 697 号

僕はその人の心を変えようと思って.言葉を発したわけではない 第 697 号

 何気なく発した言葉が時に相手の人生を 大きく変えることがあります。  臨床心理士として多くの人たちの悩みに 耳を傾けてきた皆藤章さんが体験された 感動的なお話を紹介します。    ──『致知』2016年10月号特集より ───────────────────  10年ほど前のことですが、ある医者から 「カウンセリングをしてほしい」と患者 さんを紹介さ...

続きを読む

古きよき時代の英国紳士の典型といえよう  第 687 号

古きよき時代の英国紳士の典型といえよう 第 687 号

 常に活眼を世界に注ぎつつ、わが道を行く 天衣無縫の気概。  物事の筋を通し、自説を枉げぬ強靱さ。 と同時に、内に秘めた優しさ、しなやかさ、 ユーモア。  端正な面立ち、洒落た身なり、寸鉄の片言……。  白洲次郎の祖父退蔵が神戸女学院の創設に関与し、 その敷地を学校に提供したこともあって、女学院 の外人教師が白洲家に寄宿しており、次郎は その外人教師から英語を習い、中...

続きを読む

生きているからこそ敬意を払われる人になる様に努める  第 675 号

生きているからこそ敬意を払われる人になる様に努める 第 675 号

 明治期、貧しい人々の救済や女子教育の 充実に尽力された昭憲皇太后。  その足跡を顕彰するお二人が、これからの日本 のあり方についてお話しされています。 ───────「今日の注目の人」─── 近衛・日本赤十字社社長     × 西園寺・五井平和財団会長 ─────────────────── 【西園寺】  いまの社会を見ますと、学問や知...

続きを読む

おかしな同情から紆余曲折があり元の鞘に戻る  第 654 号

おかしな同情から紆余曲折があり元の鞘に戻る 第 654 号

引用元: ・嫁(旦那)との馴れ初めを語れ   81: 2014/07/11(金)22:43:38   小・中と同級生だったが、1学年2クラスしかない田舎の学校にも関わらず、   中学まで同じクラスになった事はなかった。  デリカシーはなかったが、席が隣になった事で何となく仲良くなり、   実は私の友達(A)が好きだと相談される。    Aの気持ちもあるし、全面協力はで...

続きを読む

スポンサードリンク