「 思いやり 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
こんなにマトモになれたのは全部彼女のおかげ  第 642 号

こんなにマトモになれたのは全部彼女のおかげ 第 642 号

引用元: ・嫁(旦那)との馴れ初めを語れ   83:  2014/07/12(土)06:24:18  高校の後輩。 2年の時に新入生で入ってきた。入学式でかわいくて一目ぼれ。 でも科も違うし部活も違うし声かける機会もない。 そんで、あまり真面目にやってなかった部活に毎日通い出した。 向こうの終わり時間を見計らってさりげなく一緒になるようにした。 地道な努力だよ。 駐輪場...

続きを読む

一杯のお茶と一緒に心を緩められる話題を発信する  第 634 号

一杯のお茶と一緒に心を緩められる話題を発信する 第 634 号

 察する人の“目の付けどころ”がわかる!日産 自動車で社長、会長などの秘書を歴任する著者が、 職場で「気配り上手」になるためのコツを解説。  気配りは、誰ならぬ自分のためです。  自分のためだと分かっている人は、気配り そのものを好きで楽しんでいます。  そういう人を見ていると、こちらも 心地よくなります。  心地よい人とは見ていたい人。  つまり、気配りので...

続きを読む

暗く生きていたら!あんたの周りには誰もいなくなってしまうよ  第 624 号

暗く生きていたら!あんたの周りには誰もいなくなってしまうよ 第 624 号

 歌手の小澤綾子さんが筋ジストロフィーと 診断されたのは二十歳の時でした。  いくつもの苦難を経て小澤さんが歌手として 歩み始めるまでの話の一部を紹介します。 ───────「今日の注目の人」─── ☆ いまを精いっぱい生ききる ☆ 小澤 綾子(歌手、会社員) ───────────────────  堪え続けた違和感の正体がようやく ...

続きを読む

大いなる大自然の、 吹く風や射し込む光に触れる  第 623 号

大いなる大自然の、 吹く風や射し込む光に触れる 第 623 号

 人間は死に直面してどのような心の 変化が起きるのでしょうか。  鎌倉円覚寺管長・横田南嶺さんの 興味深い文章を紹介します。 ───────「今日の注目の人」─── ☆ どん底の景色を見ると   真の慈悲心が生まれる ☆ 横田 南嶺(鎌倉円覚寺管長) ───────────────────  知人の漢方医で、多くの人の臨終を ...

続きを読む

一見無手勝流な聞き書きの裏に膨大な調査が隠されていた  第 605 号

一見無手勝流な聞き書きの裏に膨大な調査が隠されていた 第 605 号

 なぜ影に挑むのか。なぜ闇を追うのか。衝撃の ノンフィクション作品を放ち続ける斯界の第一人者が 10代の読者向けに説いたノンフィクション入門書。  「森の「聞き書き甲子園」」の研修会での基調 講演等を中心に加筆。  政治と経済の季節に僕が読んだ宮本常一の『忘れ られた日本人』という本は、いわば政治も経済 にもまったく背を向けて、あるいはまったく 巻き込まれないで、文字通り、...

続きを読む

育てられるのがうまい人は、育て方もうまくなる  第 595 号

育てられるのがうまい人は、育て方もうまくなる 第 595 号

 「前から言おうと思っていたんだけど」より、 「いま、気づいたんだけど」と言おう。  「前から言おうと思っていた」と言われたら、 「それなら、なんで前から言ってくれなかったのか、 前からずっと嫌われていたのか」という気持ちになる。  これは、ケンカ・指示・注意、あらゆるコミュ ニケーションの大切なポイント。  部下を叱るのは、メールではなく、目の前で。  叱るときは...

続きを読む

戦争孤児たちを不憫に思い養育する  第 577 号

戦争孤児たちを不憫に思い養育する 第 577 号

 東京の中野区にある「愛児の家」は、戦後 しばらくして、無名の主婦・石綿さたよ さんによって設立されました。  石綿さんは、戦争孤児たちを不憫に思い、 自宅に引き取って養育するように なります。  娘の石綿裕さんにその頃の思い出を 語っていただきました。 ───────「今日の注目の人」─── ☆ 孤児たちの幸せのために生きる ☆ 石綿 裕(「愛...

続きを読む

人は温かい愛に満ちた心に生まれ変わることができる  第 569 号

人は温かい愛に満ちた心に生まれ変わることができる 第 569 号

 何気ない言葉や振る舞いが時に、相手の人生を 大きく変えることがあります。  シスターとして活躍される鈴木秀子さんの お話に耳を傾けてみましょう。 ───────「今日の注目の人」─── ☆ 何気ない言葉が人生を甦らせる ☆ 鈴木 秀子(文学博士) ───────────────────  アメリカ人のある神父の話です。  彼は若い時、...

続きを読む

プロの仕事はとにかく悪戦苦闘して問題点を徹底して変革する  第 568 号

プロの仕事はとにかく悪戦苦闘して問題点を徹底して変革する 第 568 号

 高校教師であれば誰もが直面する荒れたクラス。  元高校教師の占部さんによると、荒れたクラス を立て直すには指導のツボがあるそうです。  そのツボとはどのようなものでしょうか。 ───────「今日の注目の人」─── ☆ 生徒指導の流儀 ☆ 占部 賢志(中村学園大学教授) ─────────────────── 【教師C】  ...

続きを読む

素直に感謝してお礼と労りが言えるようになった  第 564 号

素直に感謝してお礼と労りが言えるようになった 第 564 号

引用元: ・スカッとした武勇伝inOPEN   405: 2015/10/07(水)19:05:32 ID:KqT 妹の武勇伝。 美人で頭の回転も良い妹。自分に自信があるからか気も強い。 この妹が夫をやり込めてくれた。 当時私は産後三ヶ月目。 床上げは出産から一カ月前後って言うけど、骨盤の戻りが悪かったり 子供の夜泣きが酷く睡眠が取れないなど色々あって遅れていた...

続きを読む

スポンサードリンク