「 情熱・熱意 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
法律というものはものすごく面白いもので.生き物だ  第 883 号

法律というものはものすごく面白いもので.生き物だ 第 883 号

 「日本の悲劇」が近づいている―日米 経済戦争を基軸とする国際経済環境は、 いやがうえにも厳しく、日本経済の 破綻は目前に迫っている。  危機管理の方法とは?組織管理の極意とは? 希有の天才政治家田中角栄の「現場報告」 を通じて、常勝の戦略戦術を抽出  重要人物の発言を分析し、動向を読む。  田中角栄は、国会議員がいつ、いかなる ところで、どんな発言をしたかを、瞬時 ...

続きを読む

目の前の出来事を.しっかりと考えて消化していくことが必要です  第 877 号

目の前の出来事を.しっかりと考えて消化していくことが必要です 第 877 号

 ともに若くして海外で腕を磨き、世界を 舞台に、その才能をいかんなく発揮 してこられたお二人の医師に ご登場いただきました。 ─────────────────── 佐野 俊二 (カリオルニア大学サンフランシスコ校外科学教授)    × 南 和友 (ドイツ ボッフム大学 永代教授) ─────────────────── 【佐野】  僕がいつも...

続きを読む

仕事には個性があり.個性に合った働き方というものがある  第 875 号

仕事には個性があり.個性に合った働き方というものがある 第 875 号

 過酷なビール営業の世界でプロ として立つ4人の営業マン。 そこに共通するものは何か。 ──────────────────  前野 雅弥(日本経済新聞記者) ──────────────────  アサヒビールが市場シェアで39,5%を 獲得し、ついにキリンビールと1.1ポ イント差の業界トップに立ったの は1998年のことでした。  以来、今日に至る...

続きを読む

最も良い情報源の数々は.長年にわたって親しくなった知人  = 2-2 =  第 872 号

最も良い情報源の数々は.長年にわたって親しくなった知人 = 2-2 = 第 872 号

 小野寺信は、岩手県の前沢に 1897年に生まれた。  仙台陸軍幼年学校、中央幼年学校を経 て、1917年に陸軍士官学校に進んだ。  卒業後、連隊勤務となり、その部隊が シベリア出兵の関係でロシア駐留となる。  そこで情報関係に入るきっかけ となるロシア語に出会う。  ロシア語の教師は、旅団司令部の タイピストの姉妹だった。  耳から口へのロシア語習得は効果...

続きを読む

最も良い情報源の数々は.長年にわたって親しくなった知人  = 2-1 =  第 871 号

最も良い情報源の数々は.長年にわたって親しくなった知人 = 2-1 = 第 871 号

 同胞の無理解を超えて独ソ戦を予言し、 対米参戦の無謀を説き、王室を仲介と する和平工作に砕身した小野寺信。  大戦末期、彼は近代史上最大級の 「ヤルタ密約」を掴み、ソ連の 日本参戦情報を打電する。  ユダヤ系諜報網から得た正確無比な オノデラ電は、しかし我が国中枢 の手で握り潰された。  欧米を震撼させた不世出の情報士官 の戦果と無念を完全スクープ。  19...

続きを読む

健康になると思い健康な習慣を身につける  第 870 号

健康になると思い健康な習慣を身につける 第 870 号

こんにちは、 岡田です。 前回は「細胞は日々生まれ変わっている」でした。 日々体の細胞は生まれ変わっており、 数年間ですべての細胞は入れ替わる。 歩行習慣は、 全身に酸素を送り届けて心と体にプラスになるが、 健康的な細胞作りにも欠かせないというお話でした。 今回は「諸行無常」を健康に生かすというテーマです。 体のリモデリングの話をしましたが、 ここが腑に...

続きを読む

エネルギー源の確保は.金儲けであり.安全確保である  第 865 号

エネルギー源の確保は.金儲けであり.安全確保である 第 865 号

 著者はモスクワ在住20年以上。ソ連崩壊 以前から、この国の「地獄」と「復活」 を目の当たりにし、一般ロシア人 からロシアン・エリートまで、 そのメンタリティーと行動 パターンを知りつくしている。  「卒業生の半分は外交官、残りはKGB を養成する超エリート機関」とよばれた、 ロシア外務省付属モスクワ国際関係大 学を卒業した初めての日本人である。  プーチン大統領は、...

続きを読む

まさしく武士道精神に基づく優しさをもつ作戦だ  第 862 号

まさしく武士道精神に基づく優しさをもつ作戦だ 第 862 号

 戦後70年、日本の誇りを取り戻そう アジアの人たちが教えてくれた 本当の日本!  カンボジア、スリランカ、パラオ、 ミャンマー、ネパール、ラオス…、 人々は日本と日本人を愛して くれていた!  20年以上、アジア各国で支援と交流 を続けてきた著者が見たアジア と日本の真実。  日本は殿様が責任を取る国である。  日本は、庶民はこれまでどおりの 暮らしを続け...

続きを読む

繰り返し読むこの回数の多さが記憶の秘訣の一つだ  第 861 号

繰り返し読むこの回数の多さが記憶の秘訣の一つだ 第 861 号

 思考力、発想力、知識力、語学力、集 中力、世界の「知」と「富」を握る卓 越した能力はなぜ、身につくのか。  物事に疑問を持ち、自分の力で独創的な 答えを導き出す思考力の伸ばし方とは――。  65億人の人間が地球にいるが、その中で ユダヤ人はわずか1400万人しかいない。  それなのに学問やビジネスで大きな 存在感を示している。  ユダヤ社会に息づく勉強法には ...

続きを読む

歩行習慣は身体の細胞に酸素を送る運動⇒血流が良くなる⇒気分が良くなる  第 860 号

歩行習慣は身体の細胞に酸素を送る運動⇒血流が良くなる⇒気分が良くなる 第 860 号

こんにちは、 岡田です。 前回は「からだを守る自然治癒力」でした。 自然治癒力とは回復力でもあり生きていく力のこと。 だから、ふだんから備えるべきことは、 回復力の高い体を作りそれをキープすること。 これが後悔のない人生には必要という内容でした。 今回は細胞の生まれ変わりのお話です。 (細胞は日々変化し続けている) 整体歩行のセミナーの際には、 ...

続きを読む

スポンサードリンク