「 想像・好奇心 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
その時々で柔軟に方向を変えていく姿勢が大切である  = 2-2 =  第1,152号

その時々で柔軟に方向を変えていく姿勢が大切である = 2-2 = 第1,152号

 ♣♣成功する社会起業家の6つの資質。 1.間違っていると思ったら          すぐに軌道修正する。  目標に近づくためには、目の前の課題、 新たなチャンス、環境の変化などに 対応して、その時々で柔軟に方向 を変えていく姿勢が大切である。 2.仲間と手柄を分かち合う。  手柄や名声を独り占めせず、仲間たちと 分かち合う姿勢も、社会起業家と...

続きを読む

その時々で柔軟に方向を変えていく姿勢が大切である  = 2-1 =  第1,151号

その時々で柔軟に方向を変えていく姿勢が大切である = 2-1 = 第1,151号

 この本に登場するのは、貧しい人に自 分の財産を寄付した慈善家ではない。  「困っている人を生み出している世の 中」を変えてやろうと挑み、成功 した人たちである。  小さな波から大きなうねりを巻き 起こす社会起業家の、「世界の 作り変え方」がここに。  この本に登場するのは、社会の抱える 問題に取り組み、小手先にとどまら ない大掛かりな解決を目指す人々である。 ...

続きを読む

意識的な理解と無意識の貯蔵庫とのつながりを作り脳を鍛える  第1,149号

意識的な理解と無意識の貯蔵庫とのつながりを作り脳を鍛える 第1,149号

 本を読むスピードが上がれば、よりたく さんの本が読め、たくさんの本を読め れば、より多くの情報にふれられ ることになり、脳を英語に 慣れさせることができるようになります。  フォトリーディングがなぜ、他の勉強法 と違い、驚異的な結果を出せるのかと いうと、この脳の「リラックス+ 集中」状態をうまく引き出す 勉強法だからです。  圧倒的なインプット力を身につけると、 ...

続きを読む

奪うに益なく譲るに益あり.譲るに益あり奪うに益なしこれが天理  = 2-2 =  第1,146号

奪うに益なく譲るに益あり.譲るに益あり奪うに益なしこれが天理 = 2-2 = 第1,146号

 もし町村のうちで一人この道をふむ者 があれば、人々はみんな分を越えた 過ちを悟るだろう。  人々がみんなこの過ちを悟って、分度 を守ってよく譲れば、その町村は富み 栄えて平和になること疑いない。  古語(大学)に「一家仁なれば一国 仁に興る。」といっているのは、 このことだ。  よく心得なければならない。  仁というものは人道の極致であるが、 儒者の説明はや...

続きを読む

日本語の語彙は.他言語に比べても非常に豊富である  第1,144号

日本語の語彙は.他言語に比べても非常に豊富である 第1,144号

 その一言に知性は滲み出る。  誰でもできる珠玉の言葉 を血肉にする技術。  語彙が豊かになれば、 見える世界が変わる。  教養あふれる大人になるための、 実践的「語彙力向上講義」。  語彙力を鍛えれば、一目を 置かれる存在になれる。  夏目漱石を音読する。  ウディ・アレンの映画をまとめて観る。  海外ミステリーを読む。  などといったトレーニング方法...

続きを読む

覚悟の決まっている人と決まっていない人の差ですよね  第1,141号

覚悟の決まっている人と決まっていない人の差ですよね 第1,141号

1 大空襲のど真ん中を生き抜いた料理研究家 2 今日の「一日一言」/平澤 興 ─────────────────── 1 大空襲のど真ん中を生き抜いた料理研究家 ───────────────────  辰巳 芳子(料理研究家) ─────────────  料理研究家として93歳のいまも 全国を駆け回る辰巳芳子さん。  国の行方に寄せる思いは一方 ならぬものがあり...

続きを読む

子どもの貧困問題が継続的に注目されれば.支援の機運が高まっていく = 3-3 =  第1,138号

子どもの貧困問題が継続的に注目されれば.支援の機運が高まっていく = 3-3 = 第1,138号

 問題解決に向けて 一人 ひとりができること。  子どもの貧困問題は、「ジブンゴト」 と捉えるべき問題である。  子どもの貧困を放置した場合、一学年の 生涯にわたってもたらされる社会的 コストは2兆9000億円である。  子どもの貧困問題はこれまで 見てきたように非常に規模 の大きく、複雑な問題である。  その解決のためには、資金や物資、人材、 知見などのあら...

続きを読む

子どもの貧困問題が継続的に注目されれば.支援の機運が高まっていく = 3-1 =  第1,136号

子どもの貧困問題が継続的に注目されれば.支援の機運が高まっていく = 3-1 = 第1,136号

 6人に1人の子どもが貧困という日本社会。  他人事だと放置すれば、43兆円が失われ、 政府負担も16兆円増える!!  「現在15歳の子ども1学年だけでも、社 会が被る経済的損失は約2.9兆円に達し、 政府の財政負担は1.1兆円増加する」 という衝撃的なレポートが、日本 財団より発表されました。  貧困によって学ぶチャンスを奪われた 子どもたちは職業選択の自由を奪わ ...

続きを読む

「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている  = 2-2 =  第1,135号

「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている = 2-2 = 第1,135号

 『易経』は、私たちが大人になっても 頭を抱えてしまうような悩みを、一瞬 でスパッと解決してくれるのです。  いつまでたっても勉強が 好きになれないわが子に。  自分のことが好きになれず、 泣いてばかりいる女の子に。  あっ! 友達とけんかして、ふて腐れて いる男の子も、読んでくれたら嬉しいな。  おとなだけでなく、子供たちが自ら 『易経』を読んで、解決策を...

続きを読む

「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている  = 2-1 =  第1,134号

「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている = 2-1 = 第1,134号

 いまから約5,000年前に中国で生まれた、  世界最古の書物『易経(えききょう)』。  時代や環境が変化していく中で起こる、 あらゆる出来事の解決策になる知恵が 記され、孔子や孫子から、当代の指 導者層まで、多くのリーダーたち がバイブルとしたとしてきました。  そんな書物を大人だけでなく、子供にも 役立ててほしいと、『易経』研究の第一 人者である竹村亞希子さんと都...

続きを読む

スポンサードリンク