「 戦略・策謀・計略 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
これがないとフランスでは何をするにもニッチもサッチもいかない 第1,273号

これがないとフランスでは何をするにもニッチもサッチもいかない 第1,273号

 フランス国民は、歴代大統領の恋愛スキャンダルを なぜ許すのか。ヨーロッパNo.1の出生率を実現 できたのはなぜか。世界で活躍する強い リーダーを輩出する教育制度とは。  記者活動に対しレジョン・ドヌール勲章シュヴァリエ など3つの勲章を受章した著者が、グルメ、アート、 歴史だけではわからないフランスをレポートする。  フランスは多分、...

続きを読む

国際政治は複数の国々の思惑で動く 第1,265号

国際政治は複数の国々の思惑で動く 第1,265号

 第二次世界大戦後 半世紀が過ぎ、多くの機密文書が 公開されたことで日本を開戦に追い込み、東欧と アジアの共産化に手を貸したルーズヴェルト 民主党政権の問題点が、アメリカの保守 系の歴史学者の手によって次々と明 らかにされてきています。  端的に言えば、アジア太平洋で戦争を引き起こしたのは 日本ではなく、ソ連・コミンテルンとルーズヴェルト ...

続きを読む

大久保の強固な意思が時代を突き動かした 第1,264号

大久保の強固な意思が時代を突き動かした 第1,264号

 最後の敵は皮肉にも盟友・西郷隆盛だった。大久保が西郷 を殺してまでもやり遂げたこととは? 幕末の動乱から 明治国家の成立まで--「未来への意思」を 貫いた男の真実を描く快作!  討幕を成し遂げてからが、大久保の本当の闘いだった。  幕末の政治家の誰もが、あるべき国家の理想を 共有していた。強い政府を作り、全国から 税を一斉に集め、日本...

続きを読む

水ほど柔らかくしなやかなものはない 第1,261号

水ほど柔らかくしなやかなものはない 第1,261号

  現実に疲れたなら、ここに帰っておいで。「あるが まま」の現実を生きたとき、人間が求める 愛と安堵、そして平和がある。  そこで語られる『道(タオ)』という世界は、人間の 本質を的確に見抜いた上で提示される、もうひと つの世界の姿であり、 人間の性(さが)を介入 させない「あるがまま」の現実です。  その存在に気づいたとき、人生は ...

続きを読む

潔さと勇敢さそれに弱者へのいたわりを身をもって知らしめる 第1,259号

潔さと勇敢さそれに弱者へのいたわりを身をもって知らしめる 第1,259号

 明治維新の孤高の英傑・大久保利通の寒々と して痛ましく、凄まじい執念の生涯を冷徹 に、史実に基づいて描ききる。  維新以後「富国強兵」「殖産興業」の2大スロー ガンを掲げ、史上最強の組織「内務省」を創設 し、不人気を覚悟で僅か11年の間に近代 国家日本の基礎を作った 。  大久保が内務卿の時代は、いまだ幕末動乱の 殺伐とした風が抜...

続きを読む

ただ単に民営化するだけで成長するわけがありません 第1,254号

ただ単に民営化するだけで成長するわけがありません 第1,254号

 日本のインフラが度重なる災害の影響 で、様々な問題を露呈してきた昨今。    インフラ整備など国づくりの根幹を担う 国土学の専門家である大石和久さんと 藤井聡さんは、この現状に警鐘を 鳴らしています。    本日は、お二人の対談の中から関西空港 の事例に関する議論を取り上げます。 ───────────────────藤井 聡(内閣官房参与)×大石 久和(国土技術研究センター          ...

続きを読む

忍者修行はさまざまな領域にわたる広い素養が求められた 第1,252号

忍者修行はさまざまな領域にわたる広い素養が求められた 第1,252号

 黒装束で素早く動き、手裏剣で敵を撃退 する…忍者に対するそんなイメージは、 すべてフィクションだった!「忍者」 という呼び名自体が昭和三十年 代に小説などを通じて定着 したもので、歴史的には 「忍び」と呼ばれた。  最も大事な使命は、敵方の情報を主君に 伝えるため必ず生きて帰ること。敵城 に忍び込んで情報を得ることはもち ...

続きを読む

勇敢とは危険を恐れないことではなく信念を持つことだ  = 3-3 = 第1,239号

勇敢とは危険を恐れないことではなく信念を持つことだ = 3-3 = 第1,239号

 自社開発のカギは、何と言ってもエン ジニアの才能に負うところが大きい。    任は通信機器分野の優れた人材を 取り込むことを考えた。    創業者の任は43歳でファーウェイを 創設し、一代で世界から一目置か れる巨大企業に育て上げた。    彼は一貫してマスコミと距離を 置き、もっぱら我が道を行く ワンマン社長である。    創業から今日までの30年間、任を直接 取材できた記者は1人もいない。 ...

続きを読む

勇敢とは危険を恐れないことではなく信念を持つことだ  = 3-2 = 第1,238号

勇敢とは危険を恐れないことではなく信念を持つことだ = 3-2 = 第1,238号

 軍の解隊が実行されると、部隊幹部 や兵士たちは各地の政府機関や国 有企業に転属させられた。    しかし、任は軍人出身者だ。当然、 市場経済はもとより、ビジネス のことをまったく理解していない。    そのため最初の取引で相手にだま され、200万元もの巨額資金を 回収不能にしてしまう。    仕事を失い、家庭も崩壊─。この時期の 任は人生のどん底を這いつくばっていた。    のちに任は1987...

続きを読む

国益の犠牲となる人々への配慮でもあり贖罪でもある 第1,236号

国益の犠牲となる人々への配慮でもあり贖罪でもある 第1,236号

 「TPPが経済を救う」。 そう信じて日本 は交渉参加に乗り出した。 自由貿易は 常に覇権国にのみ有利に働き、残り の国は主権すら奪われるという のに。 今や貿易交渉は現代 の「侵略戦争」であり、 超大国が主導する自由貿易協定 は世界を縛る「究極の法」となる。    日米繊維交渉と沖縄返還。    1969年から71年までに行われた 「日米繊維交渉」とは何か。    日本の国益という問題に対し、当...

続きを読む

スポンサードリンク