「 戦略・策謀・計略 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
この世に.水ほど柔らかくしなやかなものはない  = 2-2 =  第 1,979号

この世に.水ほど柔らかくしなやかなものはない = 2-2 = 第 1,979号

 掴み所のない人  本当にわかっている者なら、多くは語らない。 わかっちゃいないヤツほど口数が多いのさ。  タオを生きてる人間なら、無駄に口を開かない。 口どころか、目も耳も、無駄には使わない。  ただ飄々と、己の心のトゲを抜き、こんがら がった心のもつれを解き、気づきと調和し ながら、塵舞う世間に混じっている。  大きな国を治めるなら、小魚を煮るときのよう に、...

続きを読む

この世に.水ほど柔らかくしなやかなものはない  = 2-1 =  第 1,978号

この世に.水ほど柔らかくしなやかなものはない = 2-1 = 第 1,978号

 現実に疲れたなら、ここに帰っておいで「ある がまま」の現実を生きたとき、人間が求め る愛と安堵、そして平和がある。  東洋哲学の原点にして最高峰の『老子道徳経』 は、あらゆる生命を窮屈な場所から解放し、 輝かせる奇跡の書でもあります。  そこで語られる『道(タオ)』という世界は、人間 の本質を的確に見抜いた上で提示される、もう ひとつの世界の姿であり、 人間の性(さが) ...

続きを読む

“この人になら”と部下たちに思わせる人望力が備わっていた  第 1,976号

“この人になら”と部下たちに思わせる人望力が備わっていた 第 1,976号

特別な才能や知識はないのに、 なぜか多くの人が協力し、 大きなことを成し遂げていく人がいます。 そうした人に共通するもの何か――。 『致知』最新号では、 人々をひきつける「人望力」の秘密を、 作家・政治史研究家の瀧澤中さんに 紐解いていただきました。 ─────────────────── …海軍で「髭の提督」と呼ばれた木村昌福中将も また人望力で部下の運命を切りひ...

続きを読む

「教養力」という深みをもった人間へと成長する道筋  第 1,975号

「教養力」という深みをもった人間へと成長する道筋 第 1,975号

 ネットなどを使って誰もが手軽に情報収集 できるようになった現代。すき間時間にSN Sを見る、スマホでニュースフィードに 流れてくる情報を見る―こうした手軽 なインプットの「量」に比例して、 集めた情報は本当に「自分のも の」になっているだろうか?  専業作家として、日々膨大なインプット、アウ トプットを行う著者が教える、学んだ知識を 「本物の教養」に変える知的生産術! ...

続きを読む

列島改造の問題意識と意欲を持っていたことが推察できる  第 1,971号

列島改造の問題意識と意欲を持っていたことが推察できる 第 1,971号

 戦後日本の政治を動かし続けてきた彼らの 政治的行動から日常の癖、意外な素顔に 至るまでを詳細に綴る。  幹事長室長として最初に仕えたのが田中角栄 その人であったのは、はたして幸福なこと だったのかどうか、私は今も結論が出せない。  後述する「金権的なもの」も含めて“政治”と いうのがいかに人間臭い所業であるのかを、 文字通り身をもって体験することが出来 たと思っている。...

続きを読む

よりよいものを探究し続けていくことが大切 1,969号

よりよいものを探究し続けていくことが大切 1,969号

小惑星探査機「はやぶさ2」。 地球から約3億キロメートル彼方に位置する 小惑星「リュウグウ」でのサンプルリターン ミッションを果たし、地球帰還が目前に迫って います。 その約600人の多国籍のスペシャリストから構成 される一大プロジェクトを牽引してきたのが 津田雄一さんです。 最新号では津田さんに困難なミッションを実現 に導く要諦、チーム力を高めるヒントを9ページ にわたっ...

続きを読む

絶対勝つんだという気がある人は才能を超える能力を発揮する 1,968号

絶対勝つんだという気がある人は才能を超える能力を発揮する 1,968号

『致知』1月号!表紙を飾って いただいたのは、ユニクロを擁するファースト リテイリング会長兼社長の柳井正氏。 FC今治オーナーの岡田武史さんとご対談いた だきました。このコロナ禍にあってもユニクロは 過去最高益を更新する見込みだといいます。 柳井氏は、逆境におけるリーダーのあり方につい て詳しくお話しされています。 最新号はこちらから ────────────────...

続きを読む

水路でつながる日本は文化や価値観に共通性を持ち文化圏を形成している 1,965号

水路でつながる日本は文化や価値観に共通性を持ち文化圏を形成している 1,965号

 竹村公太郎氏は、「地形」をテーマに日本史 の謎を解説しブームを巻き起こしました。そ の竹村氏が、本職である水も加えて、地形 と水をテーマに、日本史に斬り込みます。  日本は古くから水に恵まれ、同時に高い山も そびえ、地形も複雑でした。そのため、地形 や水を抜きにしては語ることはできません。  交易も川や海がもともとの中心。奈良の盆地 も湖があったから栄えたのです。いままで...

続きを読む

大事なのは多少のリスクはあっても遊び心でやってみること 1,963号

大事なのは多少のリスクはあっても遊び心でやってみること 1,963号

20201125 本日は、企業向けの宅配弁当で知られる 玉子屋の菅原勇継氏にご紹介いただいた 「事業に失敗するこつ十二か条」という 興味深いお話をご紹介します。 …………………………………………… 「事業に失敗するこつ十二か条」  菅原勇継(玉子屋社長)     ※肩書は『致知』掲載当時 …………………………………………… 社長室に掲げられている「事業に...

続きを読む

喧嘩の激しさに比例して丁寧に敬意を表するところだ  第 1,958号

喧嘩の激しさに比例して丁寧に敬意を表するところだ 第 1,958号

 これが本物の「創造」と「破壊」だ。動かな い人を動かす、脅しと笑顔の秘密に迫る。  難関にぶつかって立ち往生するすべての人 へ金正恩とも、政敵とも「脅し」と「笑顔」 で次々とディールに成功。NYダウはなん と史上最高値を更新した。メディアの 印象操作とは裏腹に次々と実績を残 す「トランプ式交渉術」をわかり やすく、刺激的に、解き明かします。  橋下徹の著書『問題解決の授...

続きを読む

スポンサードリンク