「 戦略・策謀・計略 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
物流の道を奪われると物流が破綻し国は存続できない  第 1,865 号

物流の道を奪われると物流が破綻し国は存続できない 第 1,865 号

 急速にグローバル化が進んでいる時代。だから こそ、ビジネスの現場では世界情勢を知らなけ ればなりません。世界情勢を理解し、話を するには「地政学」が必須です!  本書は「特別な図解を見るだけで、地政学の 会話・説明ができる」ようになります!  アメリカと中国の関係、中国の一帯一路政策、 イギリスのEU離脱、香港デモなど、日々さま ざまなニュースが流れています。これらを...

続きを読む

世界に冠たる大英帝国を築いてきた七人の人物たちの姿  第 1,864 号

世界に冠たる大英帝国を築いてきた七人の人物たちの姿 第 1,864 号

 歴史を動かした「悪いやつら」! 辺境の島国 イギリスを、世界帝国へと押し上げたのは、 七人の「悪党」たちだった。六人の妻 を娶り、うち二人を処刑したヘンリ 八世。王殺しの独裁者クロムウ ェル。砲艦外交のパーマストン。 愛人・金銭スキャンダルにまみれた ロイド=ジョージ。そして、最後の帝国 主義者チャーチル……。彼らの恐る べき手練手管を鮮やかに描く。  イギリスでは、歴史...

続きを読む

馬鹿馬鹿しいほどの準備を重ねるうち人間は「自信」を習得する  第 1,859 号

馬鹿馬鹿しいほどの準備を重ねるうち人間は「自信」を習得する 第 1,859 号

 2015年ラグビーワールドカップで日本代表を 奇跡の勝利に導き、現在イングランド代表 ヘッドコーチをつとめるエディー・ジョ ーンズと、ゴールドマン・サックス 日本法人社長、持田昌典。共に ラガーマンであり、現在は 世界を舞台にチームを 率いるリーダーである二人。  スポーツとビジネスという異なる分野で、健全 な野心を燃やしながら、大きな成果を上げて きた二人の言葉には、今...

続きを読む

「情報のおいしさ」は大きな宣伝効果を生み出す  第 1,858 号

「情報のおいしさ」は大きな宣伝効果を生み出す 第 1,858 号

 ヒトが何かを食べるとき、その食べ物に込め られた「物語」も一緒に味わっている――そ んなセリフを聞いたことはないでしょうか。  歴史のロマンを玩味するにせよ、知識欲の 渇きを潤すにせよ、深く知れば知るほどに、 その味わいもまた深まるというもの。  「イギリス近代化の陰にコーヒーあり」「フ ランス革命の陰にもコーヒーあり?!」「世界 のコーヒーをナポレオンが変えた?」「コ ...

続きを読む

早く見つけ.遅く行動し.粘り強く主張し.潔く譲歩する  第 1,853 号

早く見つけ.遅く行動し.粘り強く主張し.潔く譲歩する 第 1,853 号

 世界史に学ぶ「知恵」と「悪知恵」。混迷を 増す世界の中で、日本が生き残るためになす べきこと。時代の転換点を迎えた今、日本 の針路を見極めるために、世界史の事件 に学ぼう。維新、世界大戦、冷戦、ソ 連崩壊、グローバル化など、我々は 何を教訓として行動すべきか。  世界覇権の文明史。アングロ サクソンはなぜ最強なのか。  ヨーロッパの田舎国が生み出した300年 続く「支...

続きを読む

心臓・血管・血液・細胞を例にした譬えがわかりやすい  第 1,845 号

心臓・血管・血液・細胞を例にした譬えがわかりやすい 第 1,845 号

 ナポレオンも、最強ドイツ機甲師団も、旧 日本軍もこれで敗れた!兵站とは何か?なぜ 重要なのか?作戦上どう扱われるのか?な ぜ主たる敗因になりがちなのか?なぜ それが繰り返されるのか?兵站を担 当したことのある元陸将が過去の 戦役を例にわかりやすく説く!  戦史や戦争の分析を読むと、勝負を決した 主原因としてよく挙げられるのが「兵站」 ――「へいたん」と読む――である。 ...

続きを読む

幼児期から音楽や絵を描くことなどを通し感性を磨くことが大切  第 1,839 号

幼児期から音楽や絵を描くことなどを通し感性を磨くことが大切 第 1,839 号

 それは、異文化を理解することです。その ためには、まず言葉の壁をクリアしなけれ ばいけません。現在、世界の共通言語の ポジションにあるのは、文句なしに英語です。  ただ英語ができるだけでは、本当に国際社会 で通用する人間とは言えません。豊かな教養 と広い視野を持ち、クリエイティブに発信 していける力。この力がなければ、異文 化を理解して、国際社会で通用する 人間にはなれませ...

続きを読む

日本人が野蛮な世界で生き残るのに必要な武器   第 1,838  号

日本人が野蛮な世界で生き残るのに必要な武器 第 1,838 号

 教皇、皇帝、国王、貴族という一握りの特権 階級が支配者だった頃のヨーロッパ。人々は 「人殺し」に明け暮れていた。彼らの日常 は「戦争」とは異なる、単なる殺し合い。 平和は束の間の安らぎにすぎなかった。  血に飢えたライオンよりも野蛮な世界である。 この「国」という概念すらない16世紀に生ま れながら、「戦争にも掟(ルール)がある」 という英知を著す信じ難い学者がいた。 ...

続きを読む

現ナマよりダイヤのほうが.はるかに力をもっていた  第 1,835 号

現ナマよりダイヤのほうが.はるかに力をもっていた 第 1,835 号

 国税局査察部の秘密資料を駆使、暴かれる 日本の黒い人脈。ダイヤは超大物財界人の 手に渡っていた。児玉誉士夫から金丸信 へと続く黒幕たちの裏面史を描く迫真 のドキュメント。  児玉誉士夫が上海から持ち帰ったダイヤが 照らしだす日本の黒幕たちの暗部とは。  黒幕と呼ばれる男たちは、共通する3つ の力を持っている。人脈、集金力、 暴力装置の3つである。  政財界の有力者...

続きを読む

いつ潰れるか分からないんだと怒られました  第 1,833 号

いつ潰れるか分からないんだと怒られました 第 1,833 号

100円ショップの草分けである大創産業 (100円SHOPダイソー)の創業者・ 矢野博丈氏。 いまから18年前の『致知』にご登場いただ いた際、イトーヨーカ堂の創業者である 伊藤雅俊氏と会われた際の忘れ得ぬ エピソードをお話しくださいました。 ………………………………………………… イトーヨーカ堂の創業者・ 伊藤雅俊名誉会長とお会いした時の印象は 強烈でした。 ...

続きを読む

スポンサードリンク