「 戦略・策謀・計略 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
世界のお役に立ちたい不条理や悲しみから一人でも多くの人を解放したい = 2-1 =   第 396号

世界のお役に立ちたい不条理や悲しみから一人でも多くの人を解放したい = 2-1 = 第 396号

 世界が認めた交渉の達人が、水面下の真実を語る!  交渉相手の警戒を解き真意を引き出すテクニック、 決裂必至の国際会議で合意を作る根回し術、当事者 全員に利がある調停の肝は、「戦わない」 交渉哲学から生まれた――。  コソボ軍事紛争調停からCOP10名古屋議定書採択 まで、不可能を可能にした交渉・調停の達人が、 知られざる国際交渉の舞台裏を生々しく伝える。  日本の...

続きを読む

戦国史の怪しい人たち. 今も裏方の人達が歴史を創っている   第 383号

戦国史の怪しい人たち. 今も裏方の人達が歴史を創っている 第 383号

 日本全土を戦乱の渦に巻きこんだ戦国時代、 この動乱期に活躍した人物や江戸時代以降、講談 などで人気を博した人物には、その出自や実績が 怪しい者が数多くいて、はては実在するのか 疑わしい者も少なくない。  天下人から武将、剣豪、忍者まで、“戦国有名人” の虚実を探る異色の戦国史。  戦国時代の歴史を眺めてみると、怪しげな人物が いくらも見え隠れしている。  この本...

続きを読む

何の為.誰の為に.仕事しているのか考えると目的が明確になる  第 381号

何の為.誰の為に.仕事しているのか考えると目的が明確になる 第 381号

 アフリカやアジアでマラリア撲滅に尽力 される水野達男さん。  前職の住友化学時代、マラリア防虫蚊帳の 普及に走り回るものの、思うように実績が 出せず、疲労も重なって水野さんは 鬱状態になってしまいます。  しかし、その療養中に心の底から湧いてきた 思いが水野さんの発想の転換と飛躍を もたらすのです。 ─────────── ★ 途上国のビジネスに懸...

続きを読む

子どものときぐらいは、 貧しさや不自由さを教えなくてはならない  = 2-2 =  第 369号

子どものときぐらいは、 貧しさや不自由さを教えなくてはならない = 2-2 = 第 369号

 岩崎弥太郎は、極めて短気で火の玉のような 男だった。  社員を叱りつけることもしばしばだった。  そんな弥太郎と重役との緩衝役になった のが、弟の弥之助だった。  このように彼は、いつも兄の陰になって、 社内の融和に尽力して会社の発展に 貢献していたのである。  いわば、縁の下の力持ちだったのだ。  丸の内を購入して計画した大事業とは。  海から陸に上...

続きを読む

分相応にして今の暮らしに満足することが.結果的に天寿を全うする  第 363号

分相応にして今の暮らしに満足することが.結果的に天寿を全うする 第 363号

 無理はするな、自然体で生きよ 紀元前中国の戦国時代に成立したとされる 書物『老子』。  その根幹思想である「道」は、いっさいの 現象の根底には人智の及ばない法則があるとし、 ただ自然の摂理に則して生きることを説いた。  急激な社会変化への対応ばかりが叫ばれる今、 あえて一歩立ち止まり、平和的で柔軟な先人の 知恵を学ぶ。  「なにもない」と考える。  それが...

続きを読む

自分の周りの基本的なことを整理し手抜きを考える⇒合理的な人間の動きが実現する  第 357 号

自分の周りの基本的なことを整理し手抜きを考える⇒合理的な人間の動きが実現する 第 357 号

 30万人の大組織を変革した強烈な個性は どこから生まれたのか。  学生時代、造船屋時代に培われた人生哲学を 率直に語った話題の書。 これがシントーイズムの源流。  子供の時から、どうも他人から習ったことを そのまま真似するのが嫌いだった。  九州帝国大学に入った当時は造船不況の厳しい ときであり、飛行機のほうに進みたいと 考えていた。  ところがいろいろ勉...

続きを読む

人生.悩み考えて行動すると.奇跡のような ことが次々と起こる  第 356 号

人生.悩み考えて行動すると.奇跡のような ことが次々と起こる 第 356 号

 リクルートで求人広告の営業部門に配属 された笹尾さん。  20代の頃の努力が実って30歳で マネジャーに昇進。  しかし、そこで大きな壁に直面します。  さて、笹尾さんの考え出したキャンペーンの 中身とは──。 ─────────── ★ 組織マネジメントの面白さに開眼 ★ 笹尾 佳子(シダックスビューティケアマネジメント社長) ────...

続きを読む

田中角栄の4側面・政治家、実業家、資産家、虚業家  第 351 号

田中角栄の4側面・政治家、実業家、資産家、虚業家 第 351 号

 私は「田中角栄研究」以来、いくつかの プロジェクトを通して、大テーマでかつ長丁場に わたる取材に関しては、資料の系統的蓄積と分類が 不可欠であることを体験的に学んだ。  「事件の核心」の取材がはじまると同時に、 資料専従班を設けて、この事件に関するあらゆる 活字メディアの完全なスクラップとその分類作業 を続けさせた。  したがって、新聞、週刊誌、月刊誌にのった あら...

続きを読む

目に宿る精気.表情のバランス.笑顔.顔はその人の心が最も表れやすい場所  第 347 号

目に宿る精気.表情のバランス.笑顔.顔はその人の心が最も表れやすい場所 第 347 号

 仕事に人間関係のストレスはつきものだ。  ぶつかり合いや、言い合いといった直接的な 諍いだけでなく、暗黙の敵意などを感じること もある。「アイツさえいなければ……」そう 思ったこともあるだろう。  しかし、こうした人間関係の怒りや悩みは、 仕事で成果を出すためには全くの無駄。  本書の内容は、多くが自らの「失敗」に もとづいて書かれている。  証券マン時代、...

続きを読む

今も.そのまま存在しているという厳然たる事実だけである = 2-2 = 第 330 号

今も.そのまま存在しているという厳然たる事実だけである = 2-2 = 第 330 号

 1949年、台湾に深い思い入れのある 明石元長は、根本博を台湾に密航さ せるため、資金調達に走りまわる。  GHQ支配下だった日本では、それは まさに国禁をおかす危険な 活動であった。  元長の筆舌に尽くしがたい資金集め 活動により、なんとか根本の密 航出発に成功する。  その4日後、台湾を助けるために奔走 した明石元長は精根使いきり、 急死した。42歳だった。...

続きを読む

スポンサードリンク