「 戦略・策謀・計略 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
マンデラはとにかくよく人の言うことを聞く人でした  第 1,928 号

マンデラはとにかくよく人の言うことを聞く人でした 第 1,928 号

約350年続いた人種差別(アパルトヘイト政策) から黒人たちを解放したネルソン・マンデラが、 この世を去って6年が過ぎました。 実に27年に及ぶ獄中生活にも屈することなく、 祖国のために闘い抜いた「南アフリカの父」が その果てに思い描いた「虹の国」とはいかなる ものだったか。 人種差別が大国を揺るがしているいま振り返り たいマンデラの人物像を、彼を敬愛してやま ない同志社...

続きを読む

専門のほかに幅広く一般知識をもち.業界の情報は世界的視野で集める  第 1,926 号

専門のほかに幅広く一般知識をもち.業界の情報は世界的視野で集める 第 1,926 号

「かんてんぱぱ」ブランドで知られる 寒天メーカー・伊那食品工業。 寒天製造ひと筋で48年連続増収増益という 偉業を成し遂げた同社を率いてきた塚越寛氏 が、『致知』2008年2月号のインタビューで 紹介された「二十一世紀のあるべき経営者の 心得」という興味深いお話があります。 ……………………………………………………… 「二十一世紀のあるべき経営者の心得」   ...

続きを読む

2人が初めて出会ってから27年が経っていた  第 1,924 号

2人が初めて出会ってから27年が経っていた 第 1,924 号

 堤康次郎の側近ナンバーワン、西武グループ 草創期の大番頭と呼ばれた中嶋忠三郎・元 コクド顧問弁護士。彼が遺した貸金庫 から、グループの歴史をひもとく 数々の証書類が出てくる。  その中から見つかった1枚の株券預り証が、 堅固を誇った西武帝国をやがて大きく揺る がすことになる。本書は、西武グループ の「血脈と株支配」を追い続けた著者 の執念の記録である。新聞記者、フ リー、...

続きを読む

業界の常識的なことはあまり信じないほうがいい  第 1,921 号

業界の常識的なことはあまり信じないほうがいい 第 1,921 号

家業の紳士服店を、 押しも押されぬ世界的衣料品企業に 育て上げたファーストリテイリング社長 の柳井正さん。 ユニクロやジーユー(GU)を擁する同社は アパレル分野で世界第3位の企業へと躍進を 遂げています。「チャンス」をどう掴むか、 「リスク」とどう向き合うか…… 稀代の経営者が様々なテーマについて切り込んだ 『致知』2001年の記事を特別にご紹介します。 ────...

続きを読む

ユダヤ人は商業と金融に頼らざるをえない生活を長い間強要され続け今を生きる  = 2-2 =  第 1,918 号

ユダヤ人は商業と金融に頼らざるをえない生活を長い間強要され続け今を生きる = 2-2 = 第 1,918 号

 近世以降の世界経済で、資本主義経済の成長、 方向づけでユダヤ商人や「宮廷ダヤ人」、ユ ダヤ系金融業者、経済学者などが大きな 役割を果たしてきたのです。それでは なぜ、そうしたことが可能になったのでしょうか。  そもそもユダヤ商人は、紀元前の時代には 中東の経済センターのシリアに隣接し、最 もエジプトに近いパレスチナ地方で活躍 したローカルな商人にすぎませんでした。  そ...

続きを読む

ユダヤ人は商業と金融に頼らざるをえない生活を長い間強要され続け今を生きる  = 2-1 =  第 1,917 号

ユダヤ人は商業と金融に頼らざるをえない生活を長い間強要され続け今を生きる = 2-1 = 第 1,917 号

 亡国の民となったユダヤ人が「ネットワーク の民」として貨幣を操り、マイノリティなが ら世界の金融を動かしてこれたのはなぜか。  ユダヤ商人、宮廷ユダヤ人のグローバルな 活動に着目、経済の歴史の大きな 流れが一気にわかる!  結論を先に述べてしまえば、彼らユダヤ人が ローマ帝国によって祖国を奪われて散り散り になり、長い歳月、国家を形成出来ずに 生き長らえなければならなか...

続きを読む

大きな志を立てたら必ず具体的な小さな志を幾つか用意して毎日取り組む  第 1,912 号

大きな志を立てたら必ず具体的な小さな志を幾つか用意して毎日取り組む 第 1,912 号

「日本の資本主義の父」と称される渋沢栄一。 昨年4月、2024年度に刷新される新紙幣 の一万円札に肖像が描かれるとの発表を受け、 再び注目を集めています。 『致知』最新号では、 東洋の古典や人物に造詣の深い田口佳史氏と 渋沢栄一の玄孫である渋澤健氏が、 大転換期を迎えたいま、渋沢栄一から 学ぶべきことを語り合っています。 その対談記事の一部をご紹介します。 …………...

続きを読む

茶室という密室は機密情報の交換の場として適している  第 1,902 号

茶室という密室は機密情報の交換の場として適している 第 1,902 号

 足軽から身を起こした秀吉は父祖伝来の領地も なければ親族も少く、将から兵にいたるまで その人材に乏しくていつも寄合所帯だった。  秀長は人柄もよく、様々な実務に抜群の才 があったばかりではなく、いくさでも負け を知らなかった。兄の大胆さを補うに弟 の手堅さ、秀吉の成功はこの人なく してはありえなかった。  豊臣秀吉の弟である秀長の戦勝は凄まじい。 弱兵を率いるときはよく...

続きを読む

双方の主張と勢力構造を理解しておくことは極めて有用だ  第 1,897 号

双方の主張と勢力構造を理解しておくことは極めて有用だ 第 1,897 号

 2016年アメリカ大統領選挙でトランプ勝利を、 現地取材と選挙データなどの根拠に基づくFact から予測した著者による2020年大統領選予測。  コロナ禍、人種問題、経済格差、失業、安全 保障の問題を抱えたアメリカはどんな選択を するか。そしてその結果、世界はどう変わ るのか。さらに日本はどんな舵取りを迫 られるかについて、実務家として事実 をもとにわかりやすく解説する。 ...

続きを読む

人の記憶に残る体験を「意図的に」作り出す方法  第 1,896 号

人の記憶に残る体験を「意図的に」作り出す方法 第 1,896 号

 リピート率98%のディズニーお客を 待たせても失客しない理由  でもディズニーに行くと、100人中98人の ゲストが「また行きたい」と思います。  その最大の理由は、商品でも、立地でも、 価格でも、ありません。秘密は「2つ の瞬間」にあります。  記憶に残る2つの瞬間ディズニーの実験に よれば、多くのゲストの記憶に残っている のは人気アトラクション「スプラッシュ ...

続きを読む

スポンサードリンク