「 教育・思考・清浄 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
経営力を支える「正確さ」「迅速さ」「誠実さ」を大事にする  第 1,892 号

経営力を支える「正確さ」「迅速さ」「誠実さ」を大事にする 第 1,892 号

 会社の「お値打ち」って、どうやって決まる の ? なぜ、あの会社は長く続いているのか ? 決算書からは分からない本当の「企業価値」 って何 ? なぜ、資本金は会社の「金庫」 に無いのか ? 伝説の「プロ会計マン」 が「会計の作法とコツ」を完全伝授。  「純資産」は経営と会計の王様である。  純資産は経営の要。  私の長い会計体験の中で、心から感じる のは、「バランス...

続きを読む

不思議なもので雑談の中で言われたことは意外と覚えているものだ  第 1,891 号

不思議なもので雑談の中で言われたことは意外と覚えているものだ 第 1,891 号

 経営において変えるべきもの、変えてはなら ないものとは何か? 成功し続ける経営と失敗 する経営の差はどこにあるのか? これら成 功への哲学は、どんなに時代が変わろう とも、決して変えてはならない法則が あることを示している。  混迷を深める現代だからこそ経営者に読んで 欲しい一冊。「経営は『勝てば官軍』ではな く、勝ち方の美しさが大事」「『正しい仕 事』を日々積み重ねる以外...

続きを読む

この体操は2週間続けると体が軟らかくなり.動きやすくなる  第 1,890 号

この体操は2週間続けると体が軟らかくなり.動きやすくなる 第 1,890 号

こんにちは、 岡田です。 おかげさまで、第700号を達成できました。 創刊時からの読者さまは既に不在かも知れませんが、 みなさま本当に有り難うございました。(._.) 一年52週として14年間ぐらいかかりますが、 2005年創刊なので自分でもよく継続したと感心しています。 当初は1本仕上げるのに10時間ぐらいかかりましたが、 今では2~3時間で完成させられるようにな...

続きを読む

普通の庶民が本を立ち読みしている姿を見て「この国は植民地にはできない」  第 1,888 号

普通の庶民が本を立ち読みしている姿を見て「この国は植民地にはできない」 第 1,888 号

 「教養」とは、世の中に溢れるいくつもの 正しい「論理」の中から最適なものを選び 出す「直感力」、そして「大局観」を与 えてくれる力だ。では、教養を身に つけるためにはどうしたら良いのか。  教養の歴史を概観し、その効用と限界を明ら かにしつつ、数学者らしい独創的な視点で 「現代に相応しい教養」のあり方を提言する。  書物やネットにある情報量は、ほぼ無限だ。 この世に溢れ...

続きを読む

ボスとリーダーのリーダーシップの違い  第 1,885 号

ボスとリーダーのリーダーシップの違い 第 1,885 号

今年6月、スーパーコンピューター「富岳」が 国際ランキングにおいて四つの分野でトップ を独占し、大きな話題となりました。 その「富岳」開発のプロジェクトリーダーを 務める石川裕さんが、弊誌最新号のトップ インタビューにご登場されています。 石川さんはいかにして、世界一のスパコンを 実現していかれたのか。リーダーとして心掛け てきたことをお話しいただきました。 ──────...

続きを読む

成功する人は.成功する考え方を持ってる  第 1,883 号

成功する人は.成功する考え方を持ってる 第 1,883 号

“知の巨人”と称された、渡部昇一先生の著書 『人生を創る言葉』をご存じでしょうか? 古今東西の偉人が残した94の名言を紹介しなが ら解説を加えたものですが、 あの斎藤一人さん(銀座まるかん創業者)が 「最低7回は読みな」と薦めた本としても 知られています。 そのエピソードが紹介されている 『斎藤一人商人道』(尾形幸弘・著/PHP研究所) の内容を一部ご紹介します。 ...

続きを読む

自分の頭で新しいことを考えなくなってしまうんです  第 1,881 号

自分の頭で新しいことを考えなくなってしまうんです 第 1,881 号

江戸時代から続く「鞘師」の6代目として、 日本刀の拵(外装)のコーディネートや 文化財の修理・復元に携わり、 その卓越した技術が国内外から高い評価を 受ける高山一之さん。 今年旭日双光章を受章され、 注目を集めました。 『致知』最新号から、 その高山さんがお父様の指導から 学んだことをご紹介します。 ─────────────────── (髙山)  父は見て覚...

続きを読む

あなたの道を歩み始めたとき初めて「運」がやってきます  第 1,878 号

あなたの道を歩み始めたとき初めて「運」がやってきます 第 1,878 号

 デキる人や成功者はいつでも忙しく動き回っ ている、休むヒマもなく頑張らないといけ ないと思っていませんか?それは大きな 間違いです。これからの時代、成功 するために必要なのは「スキマ」です。  「スキマ」とは心や時間の「ゆとり」や空間 における「空きスペース」のこと。悩みだら けの心やへとへとに疲れた体、予定が詰め 込まれた毎日では、余裕がなく、新しい ものが入ってくる「ス...

続きを読む

天から賜った命を宿すこの体を大切にし.磨き上げ感謝して生きる  第 1,877 号

天から賜った命を宿すこの体を大切にし.磨き上げ感謝して生きる 第 1,877 号

本書の前半は、日常生活における心のあり ようをはじめ、挨拶の仕方から身だしなみの 基本、旅先の作法、ひとり時間の過ごし方、 メール、手紙、電話の使い分け、 よきご縁の育み方など、 すぐに実践できる行動指針を紹介。 後半では、不安と混迷を極める時代にあっても、 確固たる自己をもって生きるための心の整え方、 日本人としての誇りを培う歴史観にいたるまで、 品格のある日本人として、時...

続きを読む

ロシア民族とロシア式体制が何たるかを肝に銘ずる必要がある  第 1,872 号

ロシア民族とロシア式体制が何たるかを肝に銘ずる必要がある 第 1,872 号

 戦後70余年、未だ日ロ間で平和条約が締結され ないのはなぜか ? 北方領土返還は如何にして 実現可能か ? 旧ソ連からプーチンに至る ロシアの対外交渉を、交渉学の諸理論 から紐解き、対ロ外交の修羅場を 経験した専門家の証言をもとに 緻密に分析・検討し、日ロ 関係の展望を考察する。  「俺のものは俺のものであり、お前のものを どう分けるか、交渉しよう」。これこそが ロシア式...

続きを読む

スポンサードリンク