「 教育・思考・清浄 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
その言葉は本心 ? 本音なの? (その2) 第 101 号

その言葉は本心 ? 本音なの? (その2) 第 101 号

  文豪の山本有三(1887-1974)に『ことば の力』と題する次のような一文があります。       一個のパンをわけあう       分けあって食べるふたりの心       心と心がことばで通う       「ごちそうさま」「いいえ」    「山の上のあの花は なんという花だっけ」    ツリガネソウだ きれいだったな    ことばで その花がほかの花と区別され  ...

続きを読む

その言葉は本心 ? 本音なの?  (その1) 第 100 号

その言葉は本心 ? 本音なの? (その1) 第 100 号

 多言(たげん)は一黙(いちもく)に如(し)かず  おしゃべりは、私達の気持ちを相手に伝える 便利な手段ですが、ときとしてそれは「意 あまって言葉足らず」という事になる ことがあります。  いろいろ、言いたい事を手を変え品を変え、 表現しようとしても適当な言葉が見出せず、 ゼスチュアたっぷりに言外の言で、相手 を納得させようと努力した挙句「目は 口ほどにものを言い」で、目...

続きを読む

化学物質を体内に摂り入れない工夫が必要(食の怖-いお話) 第 99 号

化学物質を体内に摂り入れない工夫が必要(食の怖-いお話) 第 99 号

 マクロビオテイックで肉を食べない理由は、 前回お話をしたように飼料の悪さが 1つの原因です。  そして、飼料が悪ければ家畜は病気になり やすいために、病気になる前に薬を 与えておくのです。  今回子ども達が病院に行って思ったのですが、 薬というのは症状がなくても出されて、しか も「出るかもしれないから」という理由 で飲ませようとするのですね。  家畜にも同じことが...

続きを読む

必要な食を考える肉食をするということ 1 第 98 号

必要な食を考える肉食をするということ 1 第 98 号

 先日お会いした方が、ダシのカツオも 食べない完全菜食主義でした。  食べれるお店がなく、お蕎麦屋さんに 入って、持参した醤油とそばつゆで、 お蕎麦を食べていたのですね。  今までにいろんな菜食主義を見てきま したが、その光景は衝撃的でした。  このメルマガの読者の中にもビーガン の方はいらっしゃると思います。  ベジタリアンというと、その種類は いくつにも分か...

続きを読む

人は『鬼の口』に飛び込む思いをしなければならない 第 97 号

人は『鬼の口』に飛び込む思いをしなければならない 第 97 号

 一流の男の背景には必ず母親から の影響がある──。  財界の巨人・土光敏夫の背景にもまた、母・ 登美の影響が色濃くあったといいます。  「人間というものは生涯にせめて 一度、 「鬼の口」に飛び込む思いをしなければ ならない」そう語る、強く逞しく生き た日本の母の生き方に注目です。 ────────『今日の注目の人』── ◆ 土光敏夫の母の言葉 ◆ 出町 譲(作...

続きを読む

幕末の英傑・勝海舟の放つ言葉には心を強く鼓舞されるものがある 第 96 号

幕末の英傑・勝海舟の放つ言葉には心を強く鼓舞されるものがある 第 96 号

 江戸無血開城の立役者として知られる 幕末の英傑・勝海舟。  坂本龍馬や西郷隆盛にも多大な影響を与えた 海舟の残した語録を、修身に役立てていた だきたいとの願いから本書は誕生しました。  米澤藩士の娘だった祖母の元で育った著者 は長年、武士道を通じて人の在り方を模索 してきたが、海舟はその具体的な行動 規範を教えてくれた師の一人で あったといいます。  その言葉は実...

続きを読む

美しく、逞しく生きてほしい継続は力なり 第 95 号

美しく、逞しく生きてほしい継続は力なり 第 95 号

 美しく、逞しく生きてほしい──  その願いは、時代を超えて女の子を持つ 親に共通の思いですね。  水戸徳川家の流れを汲む松平洋史子さんと 会津藩士の血を引く石川真理子さんとの 対談には、武家の祖母から学んだ女性 が凛として生きる知恵が溢れています! ────────『今日の注目の人』── ◆ 明治生まれの祖母からの教え ◆ 松平 洋史子(葵パール社長)  ...

続きを読む

10年後の常識  ! しっかり速歩健康法 第 92 号

10年後の常識 ! しっかり速歩健康法 第 92 号

☆10年後の常識!健康のツボ☆       『健康度UPに役立つ77の方法』(対象者と目的)呼吸器や循環器系が弱い人、ランニングは苦しいという人、運動をするとすぐに息が上がる人、本格的に歩きたい人、しっかり歩行ではものたりなくなってきた人に。30分以上連続で行うことで骨盤を中心に全身の骨格を整え、呼吸循環器系の内臓機能を高めます。(売りは)歩行整体は岡田が提唱する健康法の基礎であり核心部分。「歩行...

続きを読む

欲望という名の煩悩を常に刈り取る (その2) 第 91 号

欲望という名の煩悩を常に刈り取る (その2) 第 91 号

 釈尊(しゃくそん)の在世当時、その弟子に チュ-ラバンタカという男がおりました。  彼は物覚えが悪く、いつも他の弟子たちから、 さげすまれていました。あるとき彼は釈尊に、 「どうしたならば自分のような愚か者が 悟りを得ることが出来ましょうか」と 問いかけたところ、師は、一本の箒 をあたえて、「これで毎日周囲の 塵を払い垢を除きなさい」と 教え、それからは字句通り    ...

続きを読む

欲望という名の煩悩を常に刈り取る (その1) 第 90 号

欲望という名の煩悩を常に刈り取る (その1) 第 90 号

    心を用いること鏡の如し  『荘子』(そうし)には同じように「明鏡止水」 (めいきょうしすい)という表現がありますが、 ともに心が澄みきった鏡や静かな水のよう に、私達の心が一点の曇りもない状態に なるようにすすめています。  禅門では悟りとはこうした境地であるといって 重視し、中国の禅の語録『六祖壇経』』(ろくそ だんきょう)には神秀禅師(じんしゅうぜんじ) (7...

続きを読む

スポンサードリンク