「 教育・思考・清浄 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
茶室という密室は機密情報の交換の場として適している  第 1,902 号

茶室という密室は機密情報の交換の場として適している 第 1,902 号

 足軽から身を起こした秀吉は父祖伝来の領地も なければ親族も少く、将から兵にいたるまで その人材に乏しくていつも寄合所帯だった。  秀長は人柄もよく、様々な実務に抜群の才 があったばかりではなく、いくさでも負け を知らなかった。兄の大胆さを補うに弟 の手堅さ、秀吉の成功はこの人なく してはありえなかった。  豊臣秀吉の弟である秀長の戦勝は凄まじい。 弱兵を率いるときはよく...

続きを読む

我慢すべき時と??るべき時を見極める  第 1,901 号

我慢すべき時と??るべき時を見極める 第 1,901 号

心臓手術数において、20年近くにわたり 日本一を記録する榊原記念病院。 その中でも7,000例以上の執刀経験を持ち、 98.7%という成功率を誇るのが、高橋幸宏 医師です。 その驚異的な実績は、 どこから生み出されるのか? 『7,000人の子の命を救った  心臓外科医が教える仕事の流儀』 は、手術の現場において大事にしてきた 仕事の流儀を51にまとめたもの。...

続きを読む

横から見て膝がつま先より前に出ないこと  第 1,900 号

横から見て膝がつま先より前に出ないこと 第 1,900 号

こんにちは、 岡田です。 前回は「+アウターマッスルの鍛え方」でした。 インナーマッスルとともに必要なアウターマッスルですが、 3分割の筋トレが一番楽で効率が良いというお話でした。 今回は「+アウターマッスルの筋トレ(A)」です。 図入りはこちら -------------------------------------- 『歩行整体』とは、 ...

続きを読む

あの涙は自分というものに気づかせてくれるきっかけでした  第 1,899 号

あの涙は自分というものに気づかせてくれるきっかけでした 第 1,899 号

1971年創業、富山県・石川県を中心に、 冠婚葬祭事業で発展を続けるオークスグループ。 しかし、そのグループ創業に至るまでの道のり は、室内設計会社の倒産など苦難の連続だった と言います。 グループ創業者・奥野博さんに当時を振り返って いただいた、約20年前の貴重なインタビューを お届けします。 ─────────────────── (――【※室内設計会社の倒産から...

続きを読む

自然と問題は解決し原因となっている記憶は消去されます  第 1,898 号

自然と問題は解決し原因となっている記憶は消去されます 第 1,898 号

ハワイには「ホ・オポノポノ」と呼ばれる 伝統的な問題解決の秘法があります。 「ありがとう」「ごめんなさい」 「許してください」「愛しています」という 4つの言葉を唱えることで、 自分の潜在意識に溜まった記憶がクリーニング され、目の前の問題が解決されていくという のです。 問題解決の鍵は外ではなく、自分の内にある、 というのが「ホ・オポノポノ」のユニークな 考え方。世界中を...

続きを読む

発想とは面白さの発見である  第 1,895 号

発想とは面白さの発見である 第 1,895 号

 日本の芸術や文化を見渡せば、さまざまな 新しい価値を生み出してきました。そうし た伝統文化を「型通り」と言う人もいま す。けれども、「型」があってこそ 「型破り」もできる。それこそが、 日本の創造力の源泉なのです。  本書では、日本人なら誰もが知っている有名 な歴史上の人物五人を取り上げ、彼らの 類い稀な発想力・創造力の素晴ら しさをご紹介します。  取り上げるのは、...

続きを読む

経営力を支える「正確さ」「迅速さ」「誠実さ」を大事にする  第 1,892 号

経営力を支える「正確さ」「迅速さ」「誠実さ」を大事にする 第 1,892 号

 会社の「お値打ち」って、どうやって決まる の ? なぜ、あの会社は長く続いているのか ? 決算書からは分からない本当の「企業価値」 って何 ? なぜ、資本金は会社の「金庫」 に無いのか ? 伝説の「プロ会計マン」 が「会計の作法とコツ」を完全伝授。  「純資産」は経営と会計の王様である。  純資産は経営の要。  私の長い会計体験の中で、心から感じる のは、「バランス...

続きを読む

不思議なもので雑談の中で言われたことは意外と覚えているものだ  第 1,891 号

不思議なもので雑談の中で言われたことは意外と覚えているものだ 第 1,891 号

 経営において変えるべきもの、変えてはなら ないものとは何か? 成功し続ける経営と失敗 する経営の差はどこにあるのか? これら成 功への哲学は、どんなに時代が変わろう とも、決して変えてはならない法則が あることを示している。  混迷を深める現代だからこそ経営者に読んで 欲しい一冊。「経営は『勝てば官軍』ではな く、勝ち方の美しさが大事」「『正しい仕 事』を日々積み重ねる以外...

続きを読む

この体操は2週間続けると体が軟らかくなり.動きやすくなる  第 1,890 号

この体操は2週間続けると体が軟らかくなり.動きやすくなる 第 1,890 号

こんにちは、 岡田です。 おかげさまで、第700号を達成できました。 創刊時からの読者さまは既に不在かも知れませんが、 みなさま本当に有り難うございました。(._.) 一年52週として14年間ぐらいかかりますが、 2005年創刊なので自分でもよく継続したと感心しています。 当初は1本仕上げるのに10時間ぐらいかかりましたが、 今では2~3時間で完成させられるようにな...

続きを読む

普通の庶民が本を立ち読みしている姿を見て「この国は植民地にはできない」  第 1,888 号

普通の庶民が本を立ち読みしている姿を見て「この国は植民地にはできない」 第 1,888 号

 「教養」とは、世の中に溢れるいくつもの 正しい「論理」の中から最適なものを選び 出す「直感力」、そして「大局観」を与 えてくれる力だ。では、教養を身に つけるためにはどうしたら良いのか。  教養の歴史を概観し、その効用と限界を明ら かにしつつ、数学者らしい独創的な視点で 「現代に相応しい教養」のあり方を提言する。  書物やネットにある情報量は、ほぼ無限だ。 この世に溢れ...

続きを読む

スポンサードリンク