「 教育・思考・清浄 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
体を清める必要はありません.すべて自分で清めておられます 第1,284号

体を清める必要はありません.すべて自分で清めておられます 第1,284号

 本日は登壇者のお一人である 安岡正篤師のご子息、安岡正泰さんが 『致知』の誌面で語られた父との エピソードをご紹介します。 ────────────────  縁と情/父・安岡正篤の教え ──────────────── 【安岡】 私の人生を振り返って父が望むような 生き方ができたかはまた別としても、 不思議な縁に導かれていまの私があることを しみじみと実感...

続きを読む

多くの人が何か困ると僕に助けを求めてきてくれた 第1,283号

多くの人が何か困ると僕に助けを求めてきてくれた 第1,283号

 世界一のヒト型ロボットをグーグルに売った 東大発ベンチャー・シャフト元CFO が究極の仕事術を熱く語る。  共感を軸にした6つの枠組み。多くの人たちが 考えもつかないような成果を残すために必要な 要素を6つの軸で、以下のように整理した。 1.リアルな現場に身を置き、全身でショックを受ける。 2.真面...

続きを読む

沖縄からアジアへとつながる新たなものづくり産業 第1,282号

沖縄からアジアへとつながる新たなものづくり産業 第1,282号

 空路4時間圏内に「20億人のマーケット」。 国際リレートランシップ港構想―アジア中の貨物が那覇港に。 44年連続出生率日本一、人口も着実に増加。 ハワイを抜いた観光客数。ノーベル賞学者が揃うOIST。 データセンターを中心としたIT基盤の強化… 「沖縄の起爆力」=「沖縄の経済発展の秘密」 をデータと共に解き明かす。  アジアが成長するときビ...

続きを読む

頭脳は正しく使えば使うほど、その能力を増大する 第1,281号

頭脳は正しく使えば使うほど、その能力を増大する 第1,281号

多くの財界人に師と仰がれた安岡正篤先生。 その教えは人物学を中心として、 今日もなお、私たちの進むべき方向を 示してくださっています。 ……………… 学問の目的 ……………… 学問の第一義は言うまでもなく、 道心の長養でなければならなぬ。 道徳の発揮でなければならぬ。 平たく言えば、純真な自己に生きようとするのが 学問の第一歩なのである。 (第7巻『いかに生くべきか』より) ……………...

続きを読む

筋肉の柔軟性の向上が期待できる体操 第1,280号

筋肉の柔軟性の向上が期待できる体操 第1,280号

こんにちは、 岡田です。 前回は「現在の立ち位置を知る(第三の矢編)」でした。 現在の立ち位置によって今何をすべきかが変わります。 その中で第三の矢(筋肉絞り体操&整体歩行)の話でした。 今回は、第三の矢(セルフケア)の中から、 筋肉絞り体操の原理にフォーカスしましょう。 ※図入りはアメブロ版をご覧ください。 ------...

続きを読む

家庭は赤ちゃんがはじめて「心」を学ぶ場所 第1,279号

家庭は赤ちゃんがはじめて「心」を学ぶ場所 第1,279号

 幼児才能教育は『全人的教育を目指すもの』 だと理解できます。  法律学者であったカール・ヴィッテは、1800年 にドイツのロヒョウという村に生まれた。  父親の名前は、同じくカール・ヴィッテ。  父親のほうは、片田舎の牧師であったが、 非常に博学な人であった。  ヴィッテ牧師は、息子の綿...

続きを読む

民主主義という暴走トラックを制御するものは国民の教養だけなのだ 第1,278号

民主主義という暴走トラックを制御するものは国民の教養だけなのだ 第1,278号

 「教養」とは、世の中に溢れるいくつもの正しい「論理」 の中から最適なものを選び出す「直感力」、そして 「大局観」を与えてくれる力だ。では、教養 を身につけるためにはどうしたら良いのか。  教養の歴史を概観し、その効用と限界を明らかに しつつ、数学者らしい独創的な視点で「現代に 相応しい教養」のあり方を提言する。  書物やネットにある情...

続きを読む

心のあり方によって幸せはそれぞれに感じられるものです 第1,277号

心のあり方によって幸せはそれぞれに感じられるものです 第1,277号

 15万部のベストセラーとなった稲盛和夫 さんと五木寛之さんとの共著『何の ために生きるのか』の出版から12年──。当時行われた出版記念講演会には、1,700名もの聴衆が詰めかけました。 講演のテーマは「何のために生きるのか」。 その中で、稲盛さんは次のような 発言をされています。 「私は、このたった一回しかない人生を、  精の限り、魂の限り、一所懸命に次ぐ  努力をしていこ...

続きを読む

極秘で日々記録し続けた戦いの軌跡だ 第1,276号

極秘で日々記録し続けた戦いの軌跡だ 第1,276号

 カリスマの腐敗と堕落歴史はまた繰り返された! そして今回のゴーンショックにつながる組織 の腐蝕はどのように生まれのか?  カルロス・ゴーンがやってくる13年前、4半世紀に わたって経営を壟断(ろうだん)してきた絶対的 権力者・塩路一郎に、たった一人で「義憤」 の戦いに挑み、少数の同志とともに、 23万人の労組体制を倒した サラリーマン...

続きを読む

肉体は滅んでも魂が生きている人間もいる 第1,274号

肉体は滅んでも魂が生きている人間もいる 第1,274号

 伝馬町の牢に入れられていた吉田松陰を気遣い、なに くれとなく世話をしたのが高杉晋作でした。  死を覚悟した松陰は、そんな晋作に対して 何を伝えようとしたのでしょうか? 童門先生が、松陰と晋作との最後の やり取りを克明に描いています。 ──────────  童門 冬二(作家) ────────── 伝馬町の牢にいた松陰を、言葉通り何く...

続きを読む

スポンサードリンク