「 教育・思考・清浄 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
先輩みたいな男を追っ払うためですよ~^^‥‥‥  第 423号

先輩みたいな男を追っ払うためですよ~^^‥‥‥ 第 423号

699: 名無しさん@おーぷん 2016/04/17(日)05:20:50 ID:ZvU 目付きと喋り方が何だか妙で服装や髪形が全体的にモッサリしてる 男子が同じ学部にいた。 ♠しかも壊滅的に空気が読めない♠ 仲良くもないのに話しかけてきたり会話に割り込んできたりする ところまでは許容できる。 こいつの場合は今この話をここでする?って聞きたくなるような ことを話...

続きを読む

仕事ができる人の「育休」は周りにいい影響を与える  第 421号

仕事ができる人の「育休」は周りにいい影響を与える 第 421号

686: 名無しさん@おーぷん 2016/04/13(水)08:13:37 ID:v06 「できる男性ほど育休は取らせてもらえない」「男性で育休が 認められるのはできない社員だから」という考えが ♥間違ってる、と気づかされたときが衝撃だった♥ 昨年、同じ部署の男性社員A、Bがほぼ同時期に、奥さんの出産の ため1年間育休を取りたいと言い出した。 Aさんはすごく仕事が...

続きを読む

天には天の.地には地のルールがあるように.人には人のルールがあります  第 420号

天には天の.地には地のルールがあるように.人には人のルールがあります 第 420号

 このたび、致知「人間力メルマガ」の姉妹版 となる一冊が登場いたします。  その名も、  『「孝経(こうきょう)」を素読する』 安岡正篤師の高弟・伊與田覺氏  101歳、伊與田覺先生の筆書による力強い 墨痕に、初心者でも分かりやすい現代語訳 が添えられ、初めて『孝経』を読まれる 方にもおすすめです。  そもそも『孝経』とは、孔子と門弟・曾子の 問答を記した書といわれ...

続きを読む

ネットの普及で情報の価値は下がったが.信用できる情報の価値はむしろ上がった  第 417号

ネットの普及で情報の価値は下がったが.信用できる情報の価値はむしろ上がった 第 417号

 在日華僑には、文字通り裸一貫からスタート して巨富を築いた成功者が過去、数え切れ ないほど輩出している。  こんな信じられないようなことがいまも在日 華僑の間では次々と起きている。  なぜだろうか。  この華僑の成功のノウハウとめざましいパワー の源泉を探ることは、きっとあなたの明日を 切り拓く鍵となることは間違いない。  世界三大商法のひとつ「華僑商法」の凄いパワ...

続きを読む

日本の常識?キラキラした瞳でのアツい励ましにそのガキは‥  第 416号

日本の常識?キラキラした瞳でのアツい励ましにそのガキは‥ 第 416号

197: 1/2 2015/06/13(土)23:01:34 ID:hx4 数年前の私じゃなくて友人がした武勇伝。 修造兄貴に見た目も中身も少し似ている友人は国境の ない医師団のような無医師の地域(海外) で医療提供している。 その時は久しぶりに日本に戻って来て甥っ子への プレゼントを買うのに付き合った。 電車の中でヨド〇シの袋を持ちながら買ったゲームに つ...

続きを読む

できるだけ若い人たちと接してフリーな考え方を知ることも必要  第 415号

できるだけ若い人たちと接してフリーな考え方を知ることも必要 第 415号

 全編、宮崎氏の学びへの貪欲な言葉で埋め尽く されています。  宮崎輝(みやざき かがやき)という稀有な企業 リーダーに対する興味は膨らむ一方です。  (略)「日本にもこんな経営者がいたのか」と その戦略や知識の広さ深さに感嘆すること しきりだったようです。  宮崎氏は平成4年に82歳で亡くなりました。 (以上、Amazonトップカスタマーレビューより転載)    ...

続きを読む

同族会社厳しい性格で有名!!家族会議の結果が楽しみだわ  第 414号

同族会社厳しい性格で有名!!家族会議の結果が楽しみだわ 第 414号

 155: 名無しさん@おーぷん 2015/05/24(日)16:39:48 ID:Qjp 俺の武勇伝じゃなくて申し訳ないんだが、気持ちよかったので。 親会社がミスしたしわ寄せが子会社であるうちの会社にも来て、 そのおかげで最近ずっと社員総出で休日出勤。   ♥今日が1ヶ月ぶりの休み♥ 休日出勤自体はいい。手当ても出てるし、ミスをフォローできる のがうちだけなんで、そこ...

続きを読む

夢に生きるとは目の前のことを受け入れ.小さな一歩を踏み出し続けること  第 413号

夢に生きるとは目の前のことを受け入れ.小さな一歩を踏み出し続けること 第 413号

 江戸時代に歩いて日本列島を横断し、日本で 初めての実測地図をつくった人物がいます。  そう、伊能忠敬です。  本日はそんな伊能忠敬の生き方がイキイキと 語られた白駒妃登美さんの『子どもの心に光を 灯す日本の偉人の物語』からその一部を 皆さんにお届けします。 ───────────────────  夜になると、星空を見上げていた忠敬。  ...

続きを読む

【10年後の常識!】情報洪水とうまくつきあい身体を守る⇒アバウトさが必要!!  第 412号

【10年後の常識!】情報洪水とうまくつきあい身体を守る⇒アバウトさが必要!! 第 412号

 テーマ : 心と病気の関係  こんにちは。   岡田です。    情報を入れすぎると脳が破たんする身体は   脳を守るために目を悪くする、ではどうすれば   良いかというお話。  目というのは唯一脳が外部に出ている部分。  簡単にいえば脳の玄関です。      外の世界を見たくないと思っていれば目は   悪くなるという話を以前しましたが...

続きを読む

歩いてきた道を振り返り.病んだ生き方を改めれば.ヒトは癒される  第 411号

歩いてきた道を振り返り.病んだ生き方を改めれば.ヒトは癒される 第 411号

 長者や賢人から直接伝授された、飾らない《叡智》 本書は、アメリカ在住の日本人女性ジャーナリスト が部族の長老や賢者たちに教えを請い、交流の なかで直接伝授された、  まさに“書物よりも賢い言葉”をまとめたものです。  不安と不信が渦巻く今こそ、素直に耳を傾けて ほしい優しい癒しに満ちたー冊です。  かつては日本式経営術を崇拝したアメリカ企業 までが、アメリカ・インディ...

続きを読む

スポンサードリンク