「 教育・思考・清浄 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
子どものときぐらいは、 貧しさや不自由さを教えなくてはならない  = 2-2 =  第 369号

子どものときぐらいは、 貧しさや不自由さを教えなくてはならない = 2-2 = 第 369号

 岩崎弥太郎は、極めて短気で火の玉のような 男だった。  社員を叱りつけることもしばしばだった。  そんな弥太郎と重役との緩衝役になった のが、弟の弥之助だった。  このように彼は、いつも兄の陰になって、 社内の融和に尽力して会社の発展に 貢献していたのである。  いわば、縁の下の力持ちだったのだ。  丸の内を購入して計画した大事業とは。  海から陸に上...

続きを読む

子どものときぐらいは、 貧しさや不自由さを教えなくてはならない  = 2-1 =  第 368号

子どものときぐらいは、 貧しさや不自由さを教えなくてはならない = 2-1 = 第 368号

 カリスマだった創業者社長を継いだ二代目の 理想的なビジネス手腕とは! ?  三菱の創業者として初代社長の岩崎弥太郎は 有名だが、そのあとを継いだ二代目・弥之助 の業績はほとんど世に知られていない。  しかし、実は三菱財閥・三菱グループの基礎 を築いたのは、この弥之助だったのだ。  初代社長ほどのカリスマ性はないが、頭脳明晰・ 冷静沈着な弥之助は、三菱の危機を救い、...

続きを読む

普段何気なく使っている言葉.最初に傷つくのはその言葉を発した本人です  第 367号

普段何気なく使っている言葉.最初に傷つくのはその言葉を発した本人です 第 367号

 数々の名言を残したマザー・テレサ。  女子進学校の校長先生が、子供たちに思いを 伝えるためにいつも引用しているという マザー・テレサの二つの言葉とは── ─────────── ★ マザー・テレサの二つの言葉 ★ 梅沢 辰也 (中村中学校・中村高等学校前校長) ─────────────────── 【梅沢】  それからこれは校長になってからのこと...

続きを読む

人生動じることはない!!庭先の花が咲いてはまた散るようなものだから  第 365号

人生動じることはない!!庭先の花が咲いてはまた散るようなものだから 第 365号

 おもしろい! わかりやすい! マンガ中国の 思想シリーズ乱世を生きぬいた賢人たちの 教訓と人間讃歌を聞く!!  「人よく菜根を咬みうれば、すなわち 百事なすべし」。  儒者のこの言葉を引用し、名付けられた とされる「菜根譚」は、乱世を生きぬいた 賢人たちの処世術を格言にも似た短い言葉 で綴っている。  また、受難の時代を乗り超えた知識人たち のエピソード集「世...

続きを読む

一度の人生なのだから.嫌々仕事をやるよりも.楽しくやっていこう  第 364号

一度の人生なのだから.嫌々仕事をやるよりも.楽しくやっていこう 第 364号

 アース製薬社長の川端克宜さんは40代の 若手経営者です。  ここでは川端さんの入社当時の猛烈な働きぶり が分かるエピソードを紹介します。 ─────────── ★ 人生に夢があるのではなく、  夢が人生をつくるのだ ★ 川端克宜(アース製薬社長) ───────────────────  私が就職活動を始めたのは平成5年、バブルが 崩壊し、日本経...

続きを読む

同じ頭部うつ熱でも.タイプによって治療法は2種類に分かれる  第 362号

同じ頭部うつ熱でも.タイプによって治療法は2種類に分かれる 第 362号

 今回は『3種類のうつ熱と肩こりの治療法』に ついて解説します。    第21話『頭部うつ熱タイプの肩こり治療法』   ・熱中症によるうつ熱  高温環境や頭部への直射日光他の悪条件が重なる と熱中症を起こしますが、初期には、 頭部のうつ熱が現れます。  ・頭脳の使いすぎ  頭がフル稼働でパソコン本体が熱くなっている ような状態。  過度の思考や悩みなどで脳を使...

続きを読む

夏の暑さに負けず、元気に 過ごす日本人の“夏の知恵”   第 361 号

夏の暑さに負けず、元気に 過ごす日本人の“夏の知恵” 第 361 号

 本日は、先人の智恵で夏を元気に乗り切る ためのヒントをお伝えします! ─────────── ☆ 夏を乗り切るとっておきの智恵 ☆ 村尾 宏 (おばあちゃんの智恵袋の会理事長) ───────────────────  「日本の先人たちが受け継いできた生活の 知恵を守り、次世代に伝えたい」 との思いから設立された、 「NPO法人おばあちゃんの知恵袋...

続きを読む

自らの呼吸を数えることに集中すると自ずとさっぱりとした心境になる  第 359 号

自らの呼吸を数えることに集中すると自ずとさっぱりとした心境になる 第 359 号

 難しい禅の言葉を分かりやすく説いて くださる 鎌倉円覚寺管長の横田南嶺さん。  本日は人間の迷いをゴミに譬えて 語られた 説法の一部をご紹介します。 ─────────── ★ 本来無一物 ★ 横田 南嶺(鎌倉円覚寺管長) ───────────────────  この頃よく「ゴミ屋敷」なるものが 報道されているが、家のゴミはよく 見えても、心中の...

続きを読む

このような場面でこの力が出せるのがお母さんの大きな愛  第 358 号

このような場面でこの力が出せるのがお母さんの大きな愛 第 358 号

 「日本教育界の至宝」と讃えられた 東井義雄先生がある講演の中で、長崎に原子爆弾 が落ちた時、10才だった荻野美智子さんの 作文を紹介されています  原爆忌を前に、その作文を紹介します。 ─────────── 東井 義雄(教育者) ※『自分を育てるのは自分』(致知出版社) ───────────────────  雲もなく、からりと晴れたその日であった。 ...

続きを読む

自分の周りの基本的なことを整理し手抜きを考える⇒合理的な人間の動きが実現する  第 357 号

自分の周りの基本的なことを整理し手抜きを考える⇒合理的な人間の動きが実現する 第 357 号

 30万人の大組織を変革した強烈な個性は どこから生まれたのか。  学生時代、造船屋時代に培われた人生 哲学を率直に語った話題の書。 これがシントーイズムの源流。  子供の時から、どうも他人から習った ことをそのまま真似するのが嫌いだった。  九州帝国大学に入った当時は造船不況の 厳しいときであり、飛行機のほうに 進みたいと考えていた。  ところがいろいろ勉強し...

続きを読む

スポンサードリンク