「 景気・経済全般 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
勇敢とは危険を恐れないことではなく信念を持つことだ  = 3-2 = 第1,238号

勇敢とは危険を恐れないことではなく信念を持つことだ = 3-2 = 第1,238号

 軍の解隊が実行されると、部隊幹部 や兵士たちは各地の政府機関や国 有企業に転属させられた。    しかし、任は軍人出身者だ。当然、 市場経済はもとより、ビジネス のことをまったく理解していない。    そのため最初の取引で相手にだま され、200万元もの巨額資金を 回収不能にしてしまう。    仕事を失い、家庭も崩壊─。この時期の 任は人生のどん底を這いつくばっていた。    のちに任は1987...

続きを読む

国益の犠牲となる人々への配慮でもあり贖罪でもある 第1,236号

国益の犠牲となる人々への配慮でもあり贖罪でもある 第1,236号

 「TPPが経済を救う」。 そう信じて日本 は交渉参加に乗り出した。 自由貿易は 常に覇権国にのみ有利に働き、残り の国は主権すら奪われるという のに。 今や貿易交渉は現代 の「侵略戦争」であり、 超大国が主導する自由貿易協定 は世界を縛る「究極の法」となる。    日米繊維交渉と沖縄返還。    1969年から71年までに行われた 「日米繊維交渉」とは何か。    日本の国益という問題に対し、当...

続きを読む

人間は欲望が満たされると自惚れ.身勝手になってしまうものだ  = 3-3 = 第1,234号

人間は欲望が満たされると自惚れ.身勝手になってしまうものだ = 3-3 = 第1,234号

 1990年代末に始まったファーウェイの 国際化は、こうした自己犠牲を厭わぬ 社員たちの苦闘と貴い犠牲によって 贖われた。2006年の社内誌に、 ある社員はペンネームで 次のように書いている。    「硝煙が消えないイラクから伝染病が 蔓延するアフリカ奥地まで、ファー ウェイ社員の姿を見ない土地 はない。私たちはここ まで一歩ずつ歩んできた。 そしてこれからも、果てしなく続く 長征の道を断固として...

続きを読む

人間は欲望が満たされると自惚れ.身勝手になってしまうものだ  = 3-1 = 第1,232号

人間は欲望が満たされると自惚れ.身勝手になってしまうものだ = 3-1 = 第1,232号

 ファーウェイという企業をご存知でしょ うか。初めて明かされる紅い巨人の素顔、 中国語社名は「華為技術有限公司」。    世界170カ国に展開、世界人口の3分の1 にサービスを提供し、米国の経済誌に 「世界でもっとも革新的な企業」 として、フェイスブック、ア マゾン、アップル、グー グルに続く第5位に 選ばれるようなグローバルIT企業です。    1987年。任正非(レン・ツェンフェイ) という中...

続きを読む

情報技術によって大きな変化が生じるのはごく当然のことだ 第1,229号

情報技術によって大きな変化が生じるのはごく当然のことだ 第1,229号

あけましておめでとうございます  みなさまには新しいこの一年の無事と 健康や幸せを願われたことでしょう。  神様にお供えしてからいただく お祝いの料理であるおせちに関して はお正月行事と暦 第 46 号に 書いております(参考にして いただければ幸いです)。    仮想通貨を支える情報技術、ブロック チェーンが、いま、応用対象を拡大し、 ビジネスや経済、社会の姿を劇的 に変えようとしている。   ...

続きを読む

大きな社会変化が差し迫った時代の中で生き延びる秘訣 第1,222号

大きな社会変化が差し迫った時代の中で生き延びる秘訣 第1,222号

 世界の経済が、密接につながりあう 現代において、国家財政破綻は、 もう「対岸の火事」ではありません。    いざ、それが降りかかってきたとき、 はたして自分は冷静に対処すること ができるのか、はなはだ不安です。    その要因を探ると同時に、破綻の根底を 成している「変わらない人間の欲望」 を自戒するための書籍でもある。    デトロイト、2013年。アメリカ 自治体史上、最大の財政破綻。   ...

続きを読む

国民は悪夢から覚めたように冷静になったのも事実だろう  第1,207号

国民は悪夢から覚めたように冷静になったのも事実だろう 第1,207号

 日露戦争の戦費調達を命じられた高橋 是清は、ロンドンで日本国債を売り 出し、英語力と人脈を駆使し て成功を収める。  蔵相、首相をも歴任、金融恐慌の鎮静 化にも尽力するが、経済を破壊する 軍国主義の波が押し寄せる。  相場というのは、世の中の変化をもっと も敏感に察知し、先を争って動くものだ。  ロスチャイルド家の情報網は別格だった。  19世紀の三大通信社はどれ...

続きを読む

中国は底流に非常にアメリカ的なものを持っている  第1,202号

中国は底流に非常にアメリカ的なものを持っている 第1,202号

 中国はバブル崩壊とともに凋落するのか? それとも世界No.1の大国となるのか? 10年後、20年後の世界の行く末を 読み、日本の世界戦略を提言!!  中国「国家資本主義」の偽り なき実像に迫る。  国際社会では「カネで友情を買う」など 憎まれ口も耳にするが、即断即決ドーン とカネを突っ込めば必ず返ってくる という合理的な割り切り方は、 やはり中国ならではだ。  ...

続きを読む

強力な軍を持てたのは経済戦略の賜物だといってもいい  第1,188号

強力な軍を持てたのは経済戦略の賜物だといってもいい 第1,188号

 信長は金融改革でデフレ解消。龍馬は ニセ金で倒幕資金を調達。歴史上の 「謎」のほとんどは、「お金の 動き」で説明できる!  明治の日本が他のアジア諸国に見られ ない急速な文明開化ができたのは、 政府高官たちが賢かったから、 だけではない。  実は江戸時代のころから、それなりの 産業力、経済力、金融制度の土台 を持っていたのである。  古代から日本は技術立国だった...

続きを読む

経済やビジネスはパワーゲームであり.常に力がある者が勝つ  第1,169号

経済やビジネスはパワーゲームであり.常に力がある者が勝つ 第1,169号

 トランプ米大統領と習近平中国国家主席― 覇王を目指してついに経済戦争が開戦した。  崩壊するグローバリズムと、組み替えら れるインターナショナル体制の中、 平成後の日本が迎える新時代 の正体が明らかになる!  国際舞台での政治とは、国益 の追求に他ならない。  社会の裏と表の両方を住処として ファイナンスを行ってきた私に あるのは、「利益」の追求 だけである。 ...

続きを読む

スポンサードリンク