「 癒す・感情・神経 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
ただ月のように母の命を静かに受け止める  第 1,893 号

ただ月のように母の命を静かに受け止める 第 1,893 号

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症を 発症するといわれ、誰もが認知症と無縁では いられない時代がやってきます。 そこで本日は、20年以上にわたる認知症の母の 介護に向き合い、その体験を詩に綴ってきた 藤川幸之助さんの作品を特別配信します。 藤川さんの体験談や詩作は、 近年、NHK Eテレ『ハートネットTV選』、 『朝日新聞』天声人語欄にて紹介されるなど、 大きな...

続きを読む

不思議なもので雑談の中で言われたことは意外と覚えているものだ  第 1,891 号

不思議なもので雑談の中で言われたことは意外と覚えているものだ 第 1,891 号

 経営において変えるべきもの、変えてはなら ないものとは何か? 成功し続ける経営と失敗 する経営の差はどこにあるのか? これら成 功への哲学は、どんなに時代が変わろう とも、決して変えてはならない法則が あることを示している。  混迷を深める現代だからこそ経営者に読んで 欲しい一冊。「経営は『勝てば官軍』ではな く、勝ち方の美しさが大事」「『正しい仕 事』を日々積み重ねる以外...

続きを読む

ボスとリーダーのリーダーシップの違い  第 1,885 号

ボスとリーダーのリーダーシップの違い 第 1,885 号

今年6月、スーパーコンピューター「富岳」が 国際ランキングにおいて四つの分野でトップ を独占し、大きな話題となりました。 その「富岳」開発のプロジェクトリーダーを 務める石川裕さんが、弊誌最新号のトップ インタビューにご登場されています。 石川さんはいかにして、世界一のスパコンを 実現していかれたのか。リーダーとして心掛け てきたことをお話しいただきました。 ──────...

続きを読む

成功する人は.成功する考え方を持ってる  第 1,883 号

成功する人は.成功する考え方を持ってる 第 1,883 号

“知の巨人”と称された、渡部昇一先生の著書 『人生を創る言葉』をご存じでしょうか? 古今東西の偉人が残した94の名言を紹介しなが ら解説を加えたものですが、 あの斎藤一人さん(銀座まるかん創業者)が 「最低7回は読みな」と薦めた本としても 知られています。 そのエピソードが紹介されている 『斎藤一人商人道』(尾形幸弘・著/PHP研究所) の内容を一部ご紹介します。 ...

続きを読む

天から賜った命を宿すこの体を大切にし.磨き上げ感謝して生きる  第 1,877 号

天から賜った命を宿すこの体を大切にし.磨き上げ感謝して生きる 第 1,877 号

本書の前半は、日常生活における心のあり ようをはじめ、挨拶の仕方から身だしなみの 基本、旅先の作法、ひとり時間の過ごし方、 メール、手紙、電話の使い分け、 よきご縁の育み方など、 すぐに実践できる行動指針を紹介。 後半では、不安と混迷を極める時代にあっても、 確固たる自己をもって生きるための心の整え方、 日本人としての誇りを培う歴史観にいたるまで、 品格のある日本人として、時...

続きを読む

若返り筋を意識し弱っている筋肉を再生するための筋トレをする  第 1,870 号

若返り筋を意識し弱っている筋肉を再生するための筋トレをする 第 1,870 号

こんにちは、 岡田です。 前回は「若返るための筋肉を鍛える順番(準備編)」でした。 はじめに関節と筋肉の柔軟性を中心に、 インナーマッスルの強度を併せて判断することで、 今後の青写真ができるというお話でした。 今回は「若返るための筋肉を鍛える順番(初動編)」です。 図入りはこちら ----------------------------------...

続きを読む

数え切れない感情が交錯するなかである者は去り.ある者は踏みとどまった  第 1,869 号

数え切れない感情が交錯するなかである者は去り.ある者は踏みとどまった 第 1,869 号

 異端児・堀江貴文とライブドア事件の真相。 窮地の藤田晋を救った人物。敗者が生んだ LINE。メルカリ創業者の凡人哲学。語 られざる楽天誕生秘話。時代を駆け 抜けた“若人たち”の熱き物語。 日経電子版の人気連載を単行本化。  この国にインターネットが到来して30年近く。 突如としてやって来た情報革命という巨大な 胎動に魅せられ、数々の名もなき若者たち が名乗りを上げた。 時は...

続きを読む

心の中に「好き」の感情が芽生える前には必ず「没頭」という忘我がある  = 2-2 =  第 1,867 号

心の中に「好き」の感情が芽生える前には必ず「没頭」という忘我がある = 2-2 = 第 1,867 号

 中高時代、勉強しなかったので成績が悪かっ た。しかし、九州を脱出したかったため、 東大を目指した。東大の過去問を何 度も読み返した結果、僕のたど り着いた結論はこうだった。  受験英語とは、とにかく英単語を極めること に尽きる。文法に惑わされてしまうのも、す べて単語の意味を取り違えているからだ。 単語力の強化が、そのまま英語力の 強化に直結する。  僕の単語力はかな...

続きを読む

心の中に「好き」の感情が芽生える前には必ず「没頭」という忘我がある  = 2-1 =  第 1,866 号

心の中に「好き」の感情が芽生える前には必ず「没頭」という忘我がある = 2-1 = 第 1,866 号

 誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。 失敗しても、またゼロに戻るだけだ。決 してマイナスにはならない。だから、 一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。  思えば学生時代の僕なんて、地味で ひねくれた田舎者でしかなかった。  そこからどうにか変わることができたのは、 小さな成功体験を積み重ね、自分の殻を打 ち破ってきたからだ。はじめの一歩は、 すべて地道な足し算である...

続きを読む

品格を磨き徳を高めていくと.よきご縁を引き寄せ運を開いていく  第 1,863 号

品格を磨き徳を高めていくと.よきご縁を引き寄せ運を開いていく 第 1,863 号

米沢藩士の娘として厳格なしつけを受け、 明治大正昭和の時代をたくましく生きた 祖母の生き方、言葉から、現代人に求められる 人としての心得や、女性としてのあり方を説い た『女子の武士道』『女子の教養』。 刊行以来、版を重ねる“武家の教えシリーズ" の最新刊である本書は、 「武士の娘の美学」を紐解いた一冊です。 本書の前半は、 日常生活における心のありようをはじめ、 挨拶の...

続きを読む

スポンサードリンク