「 癒す・感情・神経 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
人間には自然治癒力という自己修復機能が内蔵されています  第 850 号

人間には自然治癒力という自己修復機能が内蔵されています 第 850 号

こんにちは、 岡田です。 前回は、未病からの健康回復(具体例)でした。 故障の回復から補強法まで、 クライアントの実例を参考にして、 目標に向けての具体的な進め方を示しました。 今回は、自然治癒力のお話です。 (自然治癒力とは何か) 医学の祖といわれるヒポクラテスは、 「からだ自体に不調を治す働きがある」といいました。 この自分で治す力のことを自然治癒力...

続きを読む

毎朝5分瞑想! 潜在意識の深みに潜んでいる能力が活用されるようになる  第 835 号

毎朝5分瞑想! 潜在意識の深みに潜んでいる能力が活用されるようになる 第 835 号

 「波動」の変化をつかんだ企業は進化し、 業績を伸ばすことができる。  著者の提唱する波動理論の実践方法 を具体的に解説する。  売り上げが伸びた企業の実践例も収録。  会社の波動をよくするための条件は、 次の3つ。 1.朝礼。 2.音楽(それもモーツァルト)をかけること。 3.瞑想。  経営者は波動に気づかなければならない。  見えない経営から良い波動が...

続きを読む

豊かで恵まれた中に.大事な大事な忘れ物をしているのである  第 832 号

豊かで恵まれた中に.大事な大事な忘れ物をしているのである 第 832 号

 本日は、人生を燃焼して生きた人たち の物語をお伝えします。 ───────「今日の注目の人」─── 行徳 哲男(日本BE研究所所長) ───────────────────  一昨年、私はある人から招待状をいただ き、「屋根の上のヴァイオリン弾き」 という芝居を見に行った。  大変感動的なドラマであった。  71歳になった森繁久弥さんが、...

続きを読む

健康的な皮ふなら.痛みもなく気持ちよくつまみあげられます  第 830 号

健康的な皮ふなら.痛みもなく気持ちよくつまみあげられます 第 830 号

こんにちは、 岡田です。 前回は「ゆがみを再発させる硬い筋肉 -解消編-」でした。 今までの常識では、 筋肉が硬化して体が硬くなると軟らかくならない。 特に加齢による硬さは「年だから仕方ない」 とされていましたが実は軟らかくできること。 その解消法は、 3段階の手順を踏むことで、 柔軟性と筋力ともに蘇るということ。 けっこう革新的な内容だったと思います。...

続きを読む

自分の家に泊まって.しばらくここで仕事をしてくれ!!  第 825 号

自分の家に泊まって.しばらくここで仕事をしてくれ!! 第 825 号

 イースター島のモアイ像を修復した人が 日本人石工だったことをご存じでしょうか。  左野勝司さんがその人。  この道60年以上の匠です。  「一流になる人は心構えが違う」と思わ せる若き日の修業時代のエピソード を紹介します。 ───────「今日の注目の人」───   左野 勝司(石工) ─────────────────── ──独立...

続きを読む

便利さと自然.生き物の命が同じ天秤にかけられている・・・  第 815 号

便利さと自然.生き物の命が同じ天秤にかけられている・・・ 第 815 号

 毎号、その道で活躍されている方々の人生を ギュッと凝縮してお伝えしている「致知随想」。  まず、このコーナーからいつも読んでいる という読者の方も多くおられます。  それぞれのご体験談から、生きた 人間学を学びます。 ─────────────────── 「必要でない命はない」 川下 都志子(一般社団法人Silva代表) ────────────────...

続きを読む

硬い筋肉の正体は伸び縮み不足の筋肉.つまり運動不足  第 810 号

硬い筋肉の正体は伸び縮み不足の筋肉.つまり運動不足 第 810 号

こんにちは、 岡田です。 前回は「骨格のゆがみと硬い筋肉の関係」でした。 骨格のゆがみと筋肉の硬化について、 4つのパターンに分けて説明しました。 今回は硬化した筋肉の発生原因について解説します。 (硬い筋肉ができるワケ) 前号で筋肉の潤滑整復術にふれました。 では筋肉の潤滑整復術とは、 いったいどんなことをするのでしょうか。 その前にもう一度、...

続きを読む

もう煮て食うなり焼いて食うなり.好きにしてください  = 2-2 =  第 809 号

もう煮て食うなり焼いて食うなり.好きにしてください = 2-2 = 第 809 号

 1987年3月に東京大学法学部を卒業した 私は、翌4月に大王製紙に入社した。  実は、入社1年目は本社人事部付という立場で、 東京の簿記専門学校に通っていた。  東大時代に父・高雄から簿記の基礎的な参考 書を渡されて読み、日商簿記3級程度 の知識は頭に入っていた。  のちに私が責任者を務めることになった家庭紙 事業部門は、長年赤字続きだった。  赤字部門だったた...

続きを読む

血液の循環を良くし「冷え」の症状がない人の体づくり  第 807 号

血液の循環を良くし「冷え」の症状がない人の体づくり 第 807 号

 病気を治せるのは、自らが持つ「自然治癒力」 のみである。  そのことに気づかず他力本願的な治療を受けて 行けば、さらに免疫力を低下させ、治癒からは 遠ざかるばかりである。  そのために、それらを治すための治療法は、「薬 物に頼らず」、「生活習慣を改善し」、「湯治」 により「血液の循環不全」を正し、「新陳代謝」 を「活性化」させ「代謝異常」を正し、「血液 の浄化」をはかり...

続きを読む

物を大切に扱う姿勢は「おかげさま」「もったいない」の 精神に通じている  第 806 号

物を大切に扱う姿勢は「おかげさま」「もったいない」の 精神に通じている 第 806 号

 奈良県天理市に佇む日本最古の神社の一つ、 石上(いそのかみ)神宮。  宮司の森正光さんと村上先生のお話から は、日本の歴史の懐の深さがじん わりと伝わってきます。 ───────「今日の注目の人」─── 森 正光(石上神宮宮司)    × 村上 和雄(筑波大学名誉教授) ─────────────────── 【村上】  そもそも日...

続きを読む

スポンサードリンク