「 自然 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
ロシアの石油埋蔵量はサウジアラビアに次ぐ規模である  第1,166号

ロシアの石油埋蔵量はサウジアラビアに次ぐ規模である 第1,166号

 著者は、1975年東京大学理学部地質 学科卒業。1977年東京大学大学院 理学系研究科地質学専門課程修士卒業。  1977年石油公団入団。主に技術、プロ ジェクト分野を歩く。海外では、 オマーン、米国(ヒューストン)、 アゼルバイジャンのプロジェクトに従事。  2001~02年オクスフォード・エネルギー 研究所客員研究員。2004年独立行政 法人石油天然ガス・金属鉱物資...

続きを読む

金儲けとか勝ち負けに重点を置かないほうがいいと思う  第1,162号

金儲けとか勝ち負けに重点を置かないほうがいいと思う 第1,162号

 行儀が良くて堅実、そして社会を変え たいという理念で動いているという と、優等生すぎて物足りなく感 じる人がいるかもしれない。  ところが実際に彼らに会って話を 聞いてみると、堀江に負けず 劣らず発想は強烈だし、個性も強い。  目立つとおとなたちを刺激してしまう ので戦略的に行儀よくしているだけ で、やはり彼らも、生きるか死 ぬかのビジネスの世界で泥 にまみれつつ、...

続きを読む

花は散っていく!あなたも精いっぱい散りなさい  第1,156号

花は散っていく!あなたも精いっぱい散りなさい 第1,156号

1 考えるべきはいかに死ぬか 2 今日の「一日一言」/道は一筋 ────────────────  1 考えるべきはいかに死ぬか ──────────────── 五木 寛之(作家)    × 横田 南嶺(臨済宗円覚寺派管長) ────────────────  本誌初対談となる五木さんと横田さん。  お二人の話は終始ご縁の深い臨済宗 僧侶松原泰道さんとの話を軸 ...

続きを読む

その時々で柔軟に方向を変えていく姿勢が大切である  = 2-2 =  第1,152号

その時々で柔軟に方向を変えていく姿勢が大切である = 2-2 = 第1,152号

 ♣♣成功する社会起業家の6つの資質。 1.間違っていると思ったら          すぐに軌道修正する。  目標に近づくためには、目の前の課題、 新たなチャンス、環境の変化などに 対応して、その時々で柔軟に方向 を変えていく姿勢が大切である。 2.仲間と手柄を分かち合う。  手柄や名声を独り占めせず、仲間たちと 分かち合う姿勢も、社会起業家と...

続きを読む

奪うに益なく譲るに益あり.譲るに益あり奪うに益なしこれが天理  = 2-2 =  第1,146号

奪うに益なく譲るに益あり.譲るに益あり奪うに益なしこれが天理 = 2-2 = 第1,146号

 もし町村のうちで一人この道をふむ者 があれば、人々はみんな分を越えた 過ちを悟るだろう。  人々がみんなこの過ちを悟って、分度 を守ってよく譲れば、その町村は富み 栄えて平和になること疑いない。  古語(大学)に「一家仁なれば一国 仁に興る。」といっているのは、 このことだ。  よく心得なければならない。  仁というものは人道の極致であるが、 儒者の説明はや...

続きを読む

奪うに益なく譲るに益あり.譲るに益あり奪うに益なしこれが天理  = 2-1 =  第1,145号

奪うに益なく譲るに益あり.譲るに益あり奪うに益なしこれが天理 = 2-1 = 第1,145号

 尊徳の身辺で4年間暮らした門人・福住 正兄が翁の言行をまとめた不朽の名著 『二宮翁夜話』が、報徳記念館初 代館長・佐々井典比古氏の読 みやすい現代語訳となっ て甦りました。  本書には、広く知られる、水車やたらい の水、積小為大の説話はもちろん、「家 を興すのも積小から」「貧乏神・疫 病神の住所」「変事に備える道」 などなど、人々の心田を耕し、 人生を繁栄に導くための ...

続きを読む

人間は閑職にある時こそ何かと得られるところが多い  = 2-2 =  第1,143号

人間は閑職にある時こそ何かと得られるところが多い = 2-2 = 第1,143号

 大平の対米基軸は、大磯に隠棲して いた吉田茂から意識的に継承した ものでもあった。  外相になってからも大平は吉田を足しげ く訪ね、帰国報告も欠かさなかった。  大平は、「天衣無縫というか、屈託の ない吉田さんのユーモアに富んだお話 をうかがうのを楽しみにしていた。  大磯の吉田邸には、内外の要人の往訪 が多く、引退後も吉田さんは依然と して、隠然たる政治的影響力...

続きを読む

「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている  = 2-2 =  第1,135号

「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている = 2-2 = 第1,135号

 『易経』は、私たちが大人になっても 頭を抱えてしまうような悩みを、一瞬 でスパッと解決してくれるのです。  いつまでたっても勉強が 好きになれないわが子に。  自分のことが好きになれず、 泣いてばかりいる女の子に。  あっ! 友達とけんかして、ふて腐れて いる男の子も、読んでくれたら嬉しいな。  おとなだけでなく、子供たちが自ら 『易経』を読んで、解決策を...

続きを読む

「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている  = 2-1 =  第1,134号

「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている = 2-1 = 第1,134号

 いまから約5,000年前に中国で生まれた、  世界最古の書物『易経(えききょう)』。  時代や環境が変化していく中で起こる、 あらゆる出来事の解決策になる知恵が 記され、孔子や孫子から、当代の指 導者層まで、多くのリーダーたち がバイブルとしたとしてきました。  そんな書物を大人だけでなく、子供にも 役立ててほしいと、『易経』研究の第一 人者である竹村亞希子さんと都...

続きを読む

労働時間そのものを短くし.その分集中して仕事に取り組む  第1,131号

労働時間そのものを短くし.その分集中して仕事に取り組む 第1,131号

 企業の戦略ストーリーの創造は、経営者 の直観やセンスに大きく依存している。  その根底には、その人を内部から 突き動かす「好き嫌い」がある。  14人の経営者との「好き嫌い」について の対話を通じて、経営や戦略の淵源に迫る。  「人との競争」が嫌い 競争は大嫌いですね。  ゲームも駆けっこも、昔から 好きではありません。  もともと、人をビックリさせたり ...

続きを読む

スポンサードリンク