「 自然 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
木材も石油も再生可能エネルギーも太陽から来る  第1,566号

木材も石油も再生可能エネルギーも太陽から来る 第1,566号

 日本のエネルギー問題は、世界でもまれな「地形」 と「気象」と「既存ダム」で解決できる! 未来に 希望が持てる、目からウロコの新経済論。  新規のダム建設は不要! 発電施設のないダムにも 発電機を付けるなど、既存ダムを徹底活用せよ ――持続可能な日本のための秘策。  「日本のダムは、ちょっと手を加えるだけで、 現在の水力発電の何倍もの潜在力を簡単に 引き出せる――。この事実...

続きを読む

世界覇権を目指す中国の野望を阻止することができる  第1,538号

世界覇権を目指す中国の野望を阻止することができる 第1,538号

 今からちょうど80年前、第2次世界大戦が はじまりました。日本は、その2年後、真 珠湾を攻撃。敗戦必至の戦争に突入しました。  この悲劇を二度と繰り返さないために、日本 はどう動けばいいのでしょうか?知りたい方 は、迷うことなく、この本をご一読ください。  私がこの本を書きはじめる目的は、大きく 2つある。1つが、米中覇権戦争が、わが 国にとって「深刻な問題」であること ...

続きを読む

偉い人間になんかならなくていい.立派な人間になれ!!  第1,515号

偉い人間になんかならなくていい.立派な人間になれ!! 第1,515号

現在、タレント、俳優としても活躍する ガッツ石松さん。 WBC世界ライト級チャンピオンにも輝いた ガッツ石松さんのボクサーとしての原点と、 お母様との心に染みるお話をご紹介します。 …………………………………………………  ガッツ石松さんを支えた母の言葉 ………………………………………………… 俺だって本当は高校に行きたかったけど、 そんな余裕がある家庭じゃな...

続きを読む

この星の上で笑いあいながら共存できる  第1,507号

この星の上で笑いあいながら共存できる 第1,507号

 キャスター滝川クリステルさんは、「地球 生き物応援団」の一員として名古屋で開催 される生物多様性条約第10回締結国会 議(COP10)の広報役も務める。  かつてブラジルで開かれた地球サミットで、 わずか12歳のセヴァン・スズキさんが「直 しかたがわからないものを壊し続けるの をどうかやめてください」と訴えた ことに感銘を受け、環境問題に 強い関心をもった。  そんな...

続きを読む

基本をしっかりと身につけることが近道だ  第1,506号

基本をしっかりと身につけることが近道だ 第1,506号

 「スローヨガとは?」‥‥‥‥心とからだを シンプルに生まれ変わらせる、インド の伝統的なヨガのこと。  自分のペースに合わせてゆっくりとおこなう ので、からだにやさしく安全。ハタヨガだけ ではなく、瞑想に代表される心のヨガも おこなうのが特徴。心とからだのバラ ンスを整え、自分で心身をコント ロールできる状態を目指す。  ヨガの世界的権威が監修した、日本ではじめ ての...

続きを読む

神話の話がそのまま歴史に結びついている  第1,489号

神話の話がそのまま歴史に結びついている 第1,489号

学校では教わらなかった 日本史にまつわる真実の物語や、 教訓溢れる先人たちの生き方・考え方 ギリシャ神話と日本の神話の違いは? ………………………………………………… 神話の時代と歴史の時代が 地続きになっている── これは日本の大きな特徴です。 どこの文明国でも神話時代が 歴史時代に続いている国はありません。 ギリシャにはギリシャ神話が ありますが、今のギリ...

続きを読む

朗らかさはその人の精神的なたくましさや深みを示すことでもある  第1,484号

朗らかさはその人の精神的なたくましさや深みを示すことでもある 第1,484号

 仕事をする上での「日本人の強み」や、 逆に「気を付けるべき点」について、 実例を交えてご紹介します。 「たまたまアメリカ人とエレベーターに乗り 合わせたら、目を合わせるべきか」「2、 3回仕事で会ったことのあるイタリア 人と、あいさつはどのようにすれば いいのか「人と違うことを恐れ ず、嫌われる勇気を持つ」」「自 国について“多角的な理解”と “静かなプライドを持つ”」 ...

続きを読む

貧乏神や疫病神がおられないように掃除せい  第1,455号

貧乏神や疫病神がおられないように掃除せい 第1,455号

「私は、あくまでも尊徳先生の残された  四ヵ条の美徳(至誠、勤労、分度、推譲)の  励行を期せんことを願うのである」             渋沢栄一 「尊徳先生は、至誠を本とし、勤労を主とし、  分度を体とし、推譲を用とする、  報徳実践の道を唱えられ、実行に移された  のでありますが、その手法は極めて科学的  であり、経済の論理にかなうものでありました」   ...

続きを読む

日本書紀があったからこそ.国難でも日本は生き残れた  第1,454号

日本書紀があったからこそ.国難でも日本は生き残れた 第1,454号

 本当は世界に向けた情報発信だった!「最古の 歴史書」誕生から1300年。古事記だけ では本当の日本はわからない!  日本書紀は奈良時代に成立した日本最古の 歴史書。正史である六国史の第一にあたる。  舎人親王らの撰で、養老四年(七二〇年)に完成。 神代から第四十一代・持統天皇の時代まで取 り上げ、漢文・編年体にて記述される。  全三十巻。系図一巻が付随したが散逸。 ...

続きを読む

いじけるな/あるがままに/おのれの道を/素直に/一途に/歩け  第1,448号

いじけるな/あるがままに/おのれの道を/素直に/一途に/歩け 第1,448号

97年間の生涯に創作した詩は 一万篇を超える、国民詩人・坂村真民。 共に若き頃から真民詩に魅せられてきた 坂村真民記念館館長の西澤孝一さんと、 弊誌連載でもお馴染みの臨済宗円覚寺派 管長の横田南嶺さんに、特に心に残る詩 を語り合っていただきました。 ★いよいよ『致知』8月号「後世に伝えたい こと」が発刊されます! あの人もご登場!最新号の詳細はこちら  ………………...

続きを読む

スポンサードリンク