「 自然 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
神話の研究によって古代の出雲が強国であったことが証明されつつある  第 472号

神話の研究によって古代の出雲が強国であったことが証明されつつある 第 472号

 「魏志倭人伝」によると、卑弥呼の特使である 難升米(なしめ)が洛陽まで約2000kmの航海を 行ったという。  耶馬台国が畿内の内陸にあった場合、彼らは 本当に対馬海峡を渡ることができただろうか。  またこの時代、瀬戸内海は航路が未開発であった ため通ることができず、交易は主に日本海側で 行われたと考えられる。  当時の航海技術や地形に基づき、海人(かいじん)の 身...

続きを読む

感謝の気持ちを人に返していくことによって.感謝の心は完成する  第 462号

感謝の気持ちを人に返していくことによって.感謝の心は完成する 第 462号

 著者は阿蘇外輪山中で自作農業に勤しむ傍ら、 満願寺窯で自然灰釉の器を創作する陶芸家。  40日を超える完全断食を二度体験するなかで、 宇宙の叡智に触れ、魂の存在意義、生き方 の法則を解悟する。  本書はそんな隠者のような著者が明らかにした 人生繁栄の法則であり、生き方のルールである。  平易な言葉で綴られた法則や、それにまつわる エピソードなどの数々は、人は何のために...

続きを読む

【10年後の常識!】股関節と骨盤の動きが良くなると全身の骨格が一気に整う  第 460号

【10年後の常識!】股関節と骨盤の動きが良くなると全身の骨格が一気に整う 第 460号

 今回は、歩きながら歩幅を広げる コツについて。 以前、足の付け根はおへその奥あたり、 そこから筋肉で大腿骨につながり、 足の動きをリードしているという話です。 かんたんにいうと、 おへその奥から足が生えてると意識する。 一つ目のポイントはコレ。 意識の問題、イメージの問題ですが、 脚はおへその奥から左右に分かれて生えている。 この意識をもつことが重要で...

続きを読む

【10年後の常識!】変化とメリハリのある歩行は健康増進には最高  第 450号

【10年後の常識!】変化とメリハリのある歩行は健康増進には最高 第 450号

 今回のテーマは、 どこを歩けばいいのか。  歩く場所によって「狙い」がありますので、 まずインプットしてください。 ウォーキングマシンの上を歩く。 道路の端を歩く。 自然道を歩く。 上り坂、下り坂を歩く。 階段を歩く。 同じ歩くのでも 場所によって効果や違いがあります。 それぞれを例に説明しましょう。 ・ウォーキングマシンの上 ウォーキングマシンの上...

続きを読む

すべての都市は.人の交流により生まれ.そして衰退する  第 445号

すべての都市は.人の交流により生まれ.そして衰退する 第 445号

 これまで光が当たることの少なかった地形と 歴史との関係性。  しかし、これを解明することによって、いま までわからなかった多くの歴史の真実が 明らかになってきた。  その第一人者である竹村公太郎氏を一部監修に 迎え、土地や地形との関わりから歴史を再点検。  安土城の位置に秘められた信長の野望、歴史を 作った上町台地という地形、地形でわかった 元寇の勝利の理由などなど...

続きを読む

幕末の日本経済規模は.ヨーロッパの有力国に十分匹敵するものであった  第 436号

幕末の日本経済規模は.ヨーロッパの有力国に十分匹敵するものであった 第 436号

 戦後史をくっきり見晴らす圧巻の名著!!  英国人ジャーナリストと国際政治 学者がGHQとマスメディアの70 年にもわたる欺瞞を暴き、正 当な現代史を明示した。  ヘンリー・ストークス氏は、日本経済新聞が 手本として仰いできた、『ファイナンシャル・ タイムズ』『ニューヨーク・タイムズ』 『ロンドン・タイムズ』の日本支局長 を歴任した大記者だが、優れた 歴史家でもある。 ...

続きを読む

相互の関係が秩序だった規則性をもって配置されていることに気づく  – 2 –  第 428号

相互の関係が秩序だった規則性をもって配置されていることに気づく – 2 – 第 428号

 『古事記』や『日本書紀』などに記された古代の 物語を、その舞台となる場所の地理や地形を明確 にイメージしたり、大きく俯瞰したりしながら 読み解いていくと、文章からだけでは読み 取ることのできない物語の背景や、  物語の舞台となっているそれぞれの地域とある 地域との関連性が明確に浮かび上がってくる。  古事記も日本書紀も、その企画や編纂を意図した のは天武天皇であり、二つの...

続きを読む

相互の関係が秩序だった規則性をもって配置されていることに気づく  – 1 –  第 427号

相互の関係が秩序だった規則性をもって配置されていることに気づく – 1 – 第 427号

 驚異の古代史理論、まさにコロンブスの卵「常世」 「高千穂」「オノゴロ島」「高嶋宮」「両児の島」・・・・・・  建築家による精密な「空間的」「立体的」研究が 各種の古代史論争にピリオドを打ち、古代史学の 常識を覆す!高千穂宮、オノゴロジマはどこ なのかイザナギとイザナミが廻った柱は、 何故「逆」だったのか  なぜ「大八島」と「六島」が産まれたのか 神武天皇の不可解な「迂...

続きを読む

天には天の.地には地のルールがあるように.人には人のルールがあります  第 420号

天には天の.地には地のルールがあるように.人には人のルールがあります 第 420号

 このたび、致知「人間力メルマガ」の姉妹版 となる一冊が登場いたします。  その名も、  『「孝経(こうきょう)」を素読する』 安岡正篤師の高弟・伊與田覺氏  101歳、伊與田覺先生の筆書による力強い 墨痕に、初心者でも分かりやすい現代語訳 が添えられ、初めて『孝経』を読まれる 方にもおすすめです。  そもそも『孝経』とは、孔子と門弟・曾子の 問答を記した書といわれ...

続きを読む

夢に生きるとは目の前のことを受け入れ.小さな一歩を踏み出し続けること  第 413号

夢に生きるとは目の前のことを受け入れ.小さな一歩を踏み出し続けること 第 413号

 江戸時代に歩いて日本列島を横断し、日本で 初めての実測地図をつくった人物がいます。  そう、伊能忠敬です。  本日はそんな伊能忠敬の生き方がイキイキと 語られた白駒妃登美さんの『子どもの心に光を 灯す日本の偉人の物語』からその一部を 皆さんにお届けします。 ───────────────────  夜になると、星空を見上げていた忠敬。  ...

続きを読む

スポンサードリンク