「 食 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
正月飾りと縁起物  第 866 号

正月飾りと縁起物 第 866 号

あけましておめでとうございます  みなさまには新しいこの一年の無事と 健康や幸せを願われたことでしょう。  ところで正月飾りも今はずいぶんと 簡略化されていますが、飾り物ひと つにも大切な意味があります。  古来から引き継がれてきた「しき たり」や「いわれ」を大切にして いきたいものです。  清々しい中で歳神様を迎える玄関口な どの門松は歳神様が降りてくるとき ...

続きを読む

ゆったりとした呼吸が精神を安定させて活性脳になる  第 853 号

ゆったりとした呼吸が精神を安定させて活性脳になる 第 853 号

 目の前のことがどんどん記憶でき、アイ ディアも泉のように湧き出る…そんな脳 がフル稼働した状態こそ【活性脳】。  そんな【活性脳】を作る方法をヨガの 第一人者であり、記憶術No.1に輝いた 栄光を持つ藤本憲幸氏が伝授する。  【活性脳】を作る方法は、じつに身近 なところにあった!  10代のころ、断食を行い、10日目を過ぎ る頃には記憶力が驚くほど研ぎ澄まされ、 ...

続きを読む

取るべき栄養が事足りてしまう万能な鍋料理  第 843 号

取るべき栄養が事足りてしまう万能な鍋料理 第 843 号

 酒と寝不足で肝臓“ボロボロ”から 奇跡の生還!!  当時球界一の頭脳派左腕が蘇る までのドキュメント。  そのパワーの秘密は家庭での 独特な食事法にあった。  工藤本人と夫人がその”魔法のレシピ” を伝授する  すべての鍵はその胃袋にあった。  「食べることも大きな仕事の一つ」工藤自身 も食への関心は生半可なものではない。  食事の原則は「粗食」。 ...

続きを読む

アジア各地の料理! 食文化を互いに融合させ.よりおいしく進化  第 839 号

アジア各地の料理! 食文化を互いに融合させ.よりおいしく進化 第 839 号

 旅や食に関する雑誌、書籍を中心に活動中。  アジアをテーマにした企画・取材に注力して おり、その拠点としてシンガポールに 長期滞在する機会が多い。  シンガポールの国を形成する三大民族、 中華系、マレー系、インド系が持ち 寄った料理は、豊かさの階段を 上がるごとにおいしく進化してきている。  東西貿易の中継で栄える港には、つねに 世界各地から選りすぐりの食材や 食...

続きを読む

言葉を大切にするのは.その人自身の生き方を大切にすることになる  第 813 号

言葉を大切にするのは.その人自身の生き方を大切にすることになる 第 813 号

 誰もが品格ある人になる可能性に満ちて いる日本人は本来「品位」と優しさ を兼ね備えている。  強欲な資本主義に毒され忘れかけた心性を 取り戻せば、誇りある美しい国は必ず甦る。  未来に希望を抱かせる一冊  品格を磨くためには、まず中身を キレイにしておく必要がある。  学習の極意は、「読書百遍義自ら見る」 という諺に表される。  難解な本であっても、何度と...

続きを読む

足りないと感じたところを改善すると.また新たな課題が見えてくる  第 811 号

足りないと感じたところを改善すると.また新たな課題が見えてくる 第 811 号

 飛騨高山市内に、行列の絶えないパン屋さん があるのをご存じでしょうか?  「パンが輝くかどうかはつくる人の人間性」  と説く、成瀬正さんのお店には、どんな ドラマがあるのでしょうか。 ───────「今日の注目の人」─── 成瀬 正(トラン・ブルー オーナーシェフ) ─────────────────── ──岐阜県高山市に行列の絶えないパ...

続きを読む

世界で食糧危機が起きれば.それを救う可能性のある国ウクライナ = 2-2 =  第 799 号

世界で食糧危機が起きれば.それを救う可能性のある国ウクライナ = 2-2 = 第 799 号

 コサックの生い立ち。  15世紀頃からウクライナやロシアの南部の ステップ地帯に住みついた者たちが、出自 を問わない自治的な武装集団を作り上げた。  「コサック」とはその集団や構成員のことである。  両帝国支配下のウクライナ。  18世紀末のポーランドの分割およびトルコの黒海 北岸からの撤退によって、それ以降第一次世界 大戦までの約120年の間、ウクライナはその ...

続きを読む

世界で食糧危機が起きれば.それを救う可能性のある国ウクライナ = 2-1 =  第 798 号

世界で食糧危機が起きれば.それを救う可能性のある国ウクライナ = 2-1 = 第 798 号

 ロシア帝国やソヴィエト連邦のもとで長く忍従 を強いられながらも、独自の文化を失わず、 有為の人材を輩出し続けたウクライナ。  不撓不屈のアイデンティティは、どの ように育まれてきたのか。  スキタイの興亡、キエフ・ルーシ公国の隆盛、 コサックの活躍から、1991年の新生ウクライ ナ誕生まで、この地をめぐる歴史を俯瞰。  人口5000万を数え、ロシアに次ぎヨーロッパ ...

続きを読む

日本は世界の中で尊敬され.必要とされ生きていくことを目指す  第 759 号

日本は世界の中で尊敬され.必要とされ生きていくことを目指す 第 759 号

 世界の支配層は、いま本気でテールリスクを 考え始めている。  テールリスクとは、起きる可能性はきわめて 低いが、起きたらとてつもない 損害になるリスク。  “ドル崩壊”というテールリスクに直面した 支配層が考える驚愕のシナリオ。  アメリカは世界の水と食糧と原材料と エネルギーを押さえた。  アメリカナイゼーションが行われる中で、 アメリカは人々が生きていく中...

続きを読む

安心出来る食材と病気になる食物  第 750 号

安心出来る食材と病気になる食物 第 750 号

 貴方今、食べたり飲んだりしている物 大丈夫ですか ??? 自分自身の身体 を作っています。  安価に手に入るビタミンCのサプリメントは、 その抽出過程ででる不純物が入っていて、そ れがかえって身体に害をもたらします。  また、では高額ならいいかと言うと、緊急の 場合は助けになることもありますが…、  やはり抽出過程で自然のものが損傷されて いることは否めません。 ...

続きを読む

スポンサードリンク