「 食 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
もって生まれた自分の心を変化させていくことこそが.我々が生きる目的  第1,148号

もって生まれた自分の心を変化させていくことこそが.我々が生きる目的 第1,148号

1 外食産業のパイオニアが語る人生の法則 2 創刊40周年「致知と私」/稲盛和夫 ─────────────────── 1 外食産業のパイオニアが語る人生の法則 ───────────────────   横川 竟(高倉町珈琲会長) ────────────────  「すかいらーく」創業者にして、80歳の いまも新感覚グルメカフェ「高倉町珈琲」 を東京近辺を中心に展開...

続きを読む

覚悟の決まっている人と決まっていない人の差ですよね  第1,141号

覚悟の決まっている人と決まっていない人の差ですよね 第1,141号

1 大空襲のど真ん中を生き抜いた料理研究家 2 今日の「一日一言」/平澤 興 ─────────────────── 1 大空襲のど真ん中を生き抜いた料理研究家 ───────────────────  辰巳 芳子(料理研究家) ─────────────  料理研究家として93歳のいまも 全国を駆け回る辰巳芳子さん。  国の行方に寄せる思いは一方 ならぬものがあり...

続きを読む

子どもの貧困問題が継続的に注目されれば.支援の機運が高まっていく = 3-3 =  第1,138号

子どもの貧困問題が継続的に注目されれば.支援の機運が高まっていく = 3-3 = 第1,138号

 問題解決に向けて 一人 ひとりができること。  子どもの貧困問題は、「ジブンゴト」 と捉えるべき問題である。  子どもの貧困を放置した場合、一学年の 生涯にわたってもたらされる社会的 コストは2兆9000億円である。  子どもの貧困問題はこれまで 見てきたように非常に規模 の大きく、複雑な問題である。  その解決のためには、資金や物資、人材、 知見などのあら...

続きを読む

汚れ仕事を嫌ったら駄目!!そこに宝が眠っている  第1,074号

汚れ仕事を嫌ったら駄目!!そこに宝が眠っている 第1,074号

1 井村屋グループ会長の「私の座右銘」 2 今日の「一日一言」/森信三一日一語 ────────────────── 1 井村屋グループ会長の「私の座右銘」 ──────────────────   浅田剛夫(井村屋グループ会長) ──────────────────  創業から120年の歴史を持つ井村屋。  現会長の浅田さんの座右の銘は、「人の 縁は仕事の縁、そして学び...

続きを読む

実は植物のほうが動物よりも生命力がずっと強く.エネルギーに満ちている  第1,068号

実は植物のほうが動物よりも生命力がずっと強く.エネルギーに満ちている 第1,068号

 根菜パエリア、豆腐で作るかば焼きもどき など、血液循環を良くして細胞の代謝機能 を高め、無理なくやせて若さを保つヨガ クッキングを味わってみよう。  精進料理の源流は古代インドに発した。  仏教はインド生まれ。  その骨格をつくっているのが、ヨガ。  フレデリック博士は、「太りすぎは、 血液の便秘だ」と言っている。  肥満や老化は血液循環がうまくいか ず、...

続きを読む

最も信用できるのはやはり歳月をかけて築き上げてきた”伝統食”である  第1,035号

最も信用できるのはやはり歳月をかけて築き上げてきた”伝統食”である 第1,035号

 添加物から離れる食生活。添加物の 働きを知り、そのメリットと デメリットを考える。  加工食品に表示されているラベルの読み 解き方を知り、購入時に役立てる。  塩、砂糖、酢、醤油、味噌、みりん ―いい素材と手間・暇をかけて造ら れた基本調味料の使いこなし方 を知り、地域の作り手を支える。  西日本新聞生活面で連載。  食品添加物を考えるうえで、大事な ポイン...

続きを読む

自分の命よりも自分の信用のほうを大切にする言葉は品格そのもの  第1,028号

自分の命よりも自分の信用のほうを大切にする言葉は品格そのもの 第1,028号

 「和敬清寂」の教えに学ぶ 美しい生きかた。  茶道と武士道に秘められた メッセージとは。  品格を磨くためには、まず中身を キレイにしておく必要がある。  学習の極意は、「読書百遍義自ら見る」 という諺に表される。  難解な本であっても、何度となく繰り 返し読んでいれば、そのうちに自然 に意味も理解できるようになる、 ということだ。  本物の格好良さ ...

続きを読む

黙って解毒し続けてくれる肝臓という本当にありがたい存在  第1,024号

黙って解毒し続けてくれる肝臓という本当にありがたい存在 第1,024号

 「皮膚には代謝システムがほとんどない」 では、体の中に取り込まれてしまったら、 一体どうなってしまうんでしょうか・・?  そこで理解したいのが、「排毒 のしくみ」です。  1. 肝臓での解毒作用を受けず直接血液 へ有害化学物質が「経皮吸収」で 取り込まれると、最初に肝臓 での解毒作用は受けません。  多くの物質は「毒性」を残したまま、 血液やリンパ液に流れ込み...

続きを読む

血管の柔軟性を取り戻すことで血圧上昇を抑える  第1,014号

血管の柔軟性を取り戻すことで血圧上昇を抑える 第1,014号

 薬剤師・体内環境師の加藤雅俊先生が 教える、たった1分の「降圧ツボ」と 1日5分の「降圧ストレッチ」で 無理なく簡単に血圧を下げた人が続々!   しかも、高血圧の人なら誰もが苦しめ られる毎日の味気ない「減塩食」は ナシ! 一生のお付き合いと覚悟 した「降圧剤」もナシ! なぜ なら減塩も薬も「高血圧」 の体を治すものではないからです。  「食事を変えずに最高血圧が ...

続きを読む

食材に感謝しつつ食べすぎは防ぎたいものです  第1,010号

食材に感謝しつつ食べすぎは防ぎたいものです 第1,010号

こんにちは、 岡田です。 前回は『私がイメージする晩年の健康像とは』でした。 健康は体と心に分けて考えると分かりやすい。 未来の健康を創るのは健康生活の習慣化、 そのためには現在の行動こそ大切という内容でした。 心の健康については、既に35回連載しているので、 体の健康についてさらに掘り下げてみましょう。 食事、質の良い睡眠、水、 疲労をためない、運動。 ...

続きを読む

スポンサードリンク