「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
ユダヤ人は商業と金融に頼らざるをえない生活を長い間強要され続け今を生きる  = 2-1 =  第 1,917 号

ユダヤ人は商業と金融に頼らざるをえない生活を長い間強要され続け今を生きる = 2-1 = 第 1,917 号

 亡国の民となったユダヤ人が「ネットワーク の民」として貨幣を操り、マイノリティなが ら世界の金融を動かしてこれたのはなぜか。  ユダヤ商人、宮廷ユダヤ人のグローバルな 活動に着目、経済の歴史の大きな 流れが一気にわかる!  結論を先に述べてしまえば、彼らユダヤ人が ローマ帝国によって祖国を奪われて散り散り になり、長い歳月、国家を形成出来ずに 生き長らえなければならなか...

続きを読む

省エネというのは.ある意味.手を抜くところは抜くというそれだけのこと  第 1,916 号

省エネというのは.ある意味.手を抜くところは抜くというそれだけのこと 第 1,916 号

 データを読めないド文系人間が日本を滅ぼす ! 「数量政策学」とは何か ? 言葉に頼るから言 葉に騙される。財政破綻という財務省の 煽動。戦争を数量的に考えろ !「統合 型リゾート(IR)整備推進法案」に は反対しない。「憲法改正」の 数量政策学的アプローチ。 「官僚国家」に騙されるな ! 憲法改正、消費税増税凍結の秘策。  文系の人間と理系の人間の違いは、物事を 数量的に...

続きを読む

現実をしっかり受け止め.決して無理をしない.いい人になろうと思わない  第 1,915 号

現実をしっかり受け止め.決して無理をしない.いい人になろうと思わない 第 1,915 号

人間として生まれた以上、 「老い」は誰もが直面することになる問題です。 自分自身の老いだけではなく、 年をとった親の介護なども 現在の日本社会では大きな問題となっています。 誰にでも訪れる老いや介護に、 私たちはどう向き合っていくべきか――。 シスターの鈴木秀子さんのお話は 優しく背中を押してくれます。 ─────────────────── (鈴木) 随分前の...

続きを読む

データに強くなりたいなら自分でグラフを描くクセを身につける  第 1,914 号

データに強くなりたいなら自分でグラフを描くクセを身につける 第 1,914 号

 「日本の借金は1000兆円以上もあり財政破綻 間近である」というウソ。「日本の人口は 8800万人にまで減少し日本経済が 衰退する」というウソ。  「財政再建のため、社会保障の財源が足りない から、消費増税するしかない」というウソ。  「年金制度は崩壊する」というウソ…等々。  世の中にはフェイクニュースや的外れ な議論が溢れている。  思い込み、というのは人に...

続きを読む

人間は皆.深いところで繋がっている  第 1,913 号

人間は皆.深いところで繋がっている 第 1,913 号

弊誌にて「人生を照らす言葉」を 好評連載中の文学博士・鈴木秀子さん。 シスターでもある鈴木さんは、 悩み苦しむ多くの人々の心の声に耳を 傾けてきました。 本日は最新号『致知』掲載の鈴木秀子さんの 連載から、心温まるエピソードをご紹介します。 ★鈴木秀子さんも好評連載中!月刊『致知』 には人生・仕事を深め、発展させていくヒント が満載です。 最新号の詳細・ご購読はこちら ...

続きを読む

大きな志を立てたら必ず具体的な小さな志を幾つか用意して毎日取り組む  第 1,912 号

大きな志を立てたら必ず具体的な小さな志を幾つか用意して毎日取り組む 第 1,912 号

「日本の資本主義の父」と称される渋沢栄一。 昨年4月、2024年度に刷新される新紙幣 の一万円札に肖像が描かれるとの発表を受け、 再び注目を集めています。 『致知』最新号では、 東洋の古典や人物に造詣の深い田口佳史氏と 渋沢栄一の玄孫である渋澤健氏が、 大転換期を迎えたいま、渋沢栄一から 学ぶべきことを語り合っています。 その対談記事の一部をご紹介します。 …………...

続きを読む

何か一つ黙々と続けていくことで自然に新しい道が開ける  第 1,911 号

何か一つ黙々と続けていくことで自然に新しい道が開ける 第 1,911 号

東京藝術大学を首席で卒業し、ピアニスト として早くから頭角を現していた舘野泉さん。 フィンランドに単身移住、自身の音楽性を 開花させ世界的な評価を獲得されます。 そんな舘野さんを脳出血が襲ったのは2002年。 片手が動かないという演奏者として 跳ね返しがたいハンディを負います。 その悲しみ、苦難の中で、舘野さんが 辿り着いた心境とは。 ────────────────...

続きを読む

肩や背中.脇腹.腰など主に体幹側面の補強が目的です  第 1,910 号

肩や背中.脇腹.腰など主に体幹側面の補強が目的です 第 1,910 号

こんにちは、 岡田です。 前回は「+アウターマッスルの筋トレ(B群)」でした。 インナーマッスルとともに必要なアウターマッスルの筋トレ、 3分割のうち(B群)の筋トレをお伝えしました。 今回は「+アウターマッスルの筋トレ(C群)」です。 図入りはこちら -------------------------------------- 『歩行整体』とは、...

続きを読む

話を聞く子供たちの目が皆真剣でキラキラ輝いていた  第 1,909 号

話を聞く子供たちの目が皆真剣でキラキラ輝いていた 第 1,909 号

遺伝子の研究に長年取り組まれ、遺伝子を「オン」 にすれば誰もが素晴らしい人生を送ることができ ると説いてきた、筑波大学名誉教授の村上和雄さん。 本日は村上さんが、不登校の生徒たちに語った 遺伝子の話をご紹介します。 ★村上和雄先生も連載中。最新号「根を養う」。 今号にも人生・仕事を深め、発展させていく ヒントが満載です。 最新号の詳細・ご購読はこちら  ───────...

続きを読む

成長のための門戸を切り拓くことがミッションのようであった  第 1,908 号

成長のための門戸を切り拓くことがミッションのようであった 第 1,908 号

 中国共産党による言論統制の下、反日感情うず まく中国で一人の日本人として発言を続け、大 学生たちとガチンコの討論を行い、アメリカ ではハーバードの権威主義と戦う日々……。  わたしは「三無状態」で中国に向かった。  言葉が話せない、お金を持た ない、誰も知らない。  草の根コミュニケーションで学んだ中国語。  三無状態からのスタートでサバイバルを展開 するために...

続きを読む

スポンサードリンク