「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
子供をより有意義で価値ある人生を営むチャンスを得る方向付け  第 376号

子供をより有意義で価値ある人生を営むチャンスを得る方向付け 第 376号

 収入を増やすだけでは、金持ちにはなれない。  才能を金に換える方法、親に依存しない独立心、 無駄な浪費をしない判断力と意志、収入と 支出を管理する習慣……  金持ちになりたければ、「金持ちへの 基礎体力」を身に付けよ!!  富豪は自らのノウハウをたやすく 公開しないのだ。  企業秘密を簡単に教える商人はいない。  私は世界の大富豪たちの「裏調査」...

続きを読む

九死に一生を得た熊谷さん日常の心掛けが異常時に役立つ  第 375号

九死に一生を得た熊谷さん日常の心掛けが異常時に役立つ 第 375号

 毎号、小さな6つの珠玉の物語をお届けする 連載「致知随想」。  さて、最新号にはどんな物語があなたを 待っているのでしょうか── ───────『今日の注目の人1』── ★ 通り過ぎない嵐はない ★ 熊谷 浩典(大鍋) ───────────────────  来る、津波が来る。  かつて経験したこともない大津波が すぐにやって来る──。 ...

続きを読む

身につける数の知識とその手順.それは先祖代々受け継がれてきた知的財産  第 374号

身につける数の知識とその手順.それは先祖代々受け継がれてきた知的財産 第 374号

   著者はそのカギを握る「数学脳」が、生まれながら の能力なのか、それとも学習で身につくものなのか という素朴な疑問を解き明かしている。  特に、数の多い少ないを判断する「数のモジュール」 は生まれつきすべての人に備わっているという仮説 から、教育を受けていない先史時代の人間や乳児 が数をどう認識するかや、すべての人の脳に  「数のモジュール」が存在するのか、するとした...

続きを読む

与えられた仕事を忠実にこなしていけば.そこから必ず道は開ける  第 373号

与えられた仕事を忠実にこなしていけば.そこから必ず道は開ける 第 373号

 スーパードライの大ヒットで上げ潮に乗った アサヒビールの経営を担い、同社の地位を 盤石にした福地茂雄さん。  その経営力、人間力の原点となった 二十代とは──。 ─────────── ★ 二人の大先輩に導かれて ★ 福地 茂雄(アサヒビール社友) ───────────────────  仕事というのは、この人にやらせたら 絶対失敗するぞというよ...

続きを読む

【10年後の常識!】手と足の付け根を変えれば歩行が若返る  第 372号

【10年後の常識!】手と足の付け根を変えれば歩行が若返る 第 372号

 こんにちは。岡田です。  今日はいきなりクイズです。  あなたの手足の付け根はどこにある でしょうか? ヒント ※図はアメブロ版にあります 手の付け根はどこでしょうか?  腕の付け根なので大半は腕の付け根を指して 肩という答えが返ってきます。 (腕の付け根)  ところが正解は手の付け根は肩ではなく 胸鎖関節と肩甲骨です。...

続きを読む

運を強くするには人の道を ちゃんと守ることが 一番大切  第 371号

運を強くするには人の道を ちゃんと守ることが 一番大切 第 371号

 運を強くするために、一番大切なこと とは何か。  そのヒントを、10兆円企業を目指して 躍進を続ける、大和ハウス工業の トップ・樋口武男さんから学びます。 ─────────────────── 樋口 武男(大和ハウス工業会長兼CEO) ───────────────────  福岡時代には忘れられないお客様がいます。  工学博士の小田さんという方で...

続きを読む

人という生物の不思議さと可笑しさ生きる喜び(音響効果) – 4 –  第 370号

人という生物の不思議さと可笑しさ生きる喜び(音響効果) – 4 – 第 370号

 当地では、雷雨(夕立)が通り過ぎる毎 に蒸し暑かった時が、少しずつ朝夕 涼しくなって来たようです。  8月23日(火)が「処暑」暦の上では暑さ が収まり、涼風に秋を感じる頃です。  「人」の五感 (視覚・聴覚・触覚・味覚・ 臭覚)の一つである臭覚については以下 人という生物の不思議さと可笑しさ 生きる喜び(心と身体+香り) – 3 – 第 360 号に書きましたが、 ...

続きを読む

子どものときぐらいは、 貧しさや不自由さを教えなくてはならない  = 2-2 =  第 369号

子どものときぐらいは、 貧しさや不自由さを教えなくてはならない = 2-2 = 第 369号

 岩崎弥太郎は、極めて短気で火の玉のような 男だった。  社員を叱りつけることもしばしばだった。  そんな弥太郎と重役との緩衝役になった のが、弟の弥之助だった。  このように彼は、いつも兄の陰になって、 社内の融和に尽力して会社の発展に 貢献していたのである。  いわば、縁の下の力持ちだったのだ。  丸の内を購入して計画した大事業とは。  海から陸に上...

続きを読む

子どものときぐらいは、 貧しさや不自由さを教えなくてはならない  = 2-1 =  第 368号

子どものときぐらいは、 貧しさや不自由さを教えなくてはならない = 2-1 = 第 368号

 カリスマだった創業者社長を継いだ二代目の 理想的なビジネス手腕とは! ?  三菱の創業者として初代社長の岩崎弥太郎は 有名だが、そのあとを継いだ二代目・弥之助 の業績はほとんど世に知られていない。  しかし、実は三菱財閥・三菱グループの基礎 を築いたのは、この弥之助だったのだ。  初代社長ほどのカリスマ性はないが、頭脳明晰・ 冷静沈着な弥之助は、三菱の危機を救い、...

続きを読む

普段何気なく使っている言葉.最初に傷つくのはその言葉を発した本人です  第 367号

普段何気なく使っている言葉.最初に傷つくのはその言葉を発した本人です 第 367号

 数々の名言を残したマザー・テレサ。  女子進学校の校長先生が、子供たちに思いを 伝えるためにいつも引用しているという マザー・テレサの二つの言葉とは── ─────────── ★ マザー・テレサの二つの言葉 ★ 梅沢 辰也 (中村中学校・中村高等学校前校長) ─────────────────── 【梅沢】  それからこれは校長になってからのこと...

続きを読む

スポンサードリンク