疲れない冬の過ごし方”腰痛” 第 54 号

 現代人の80%が腰痛に悩んでいると

云われています。

 つまり、5人いたら4人が腰痛で悩んで

いると云うことになるんですね。

 そうやって考えると、自分は「だから

なのか」と思ってしまいがちです。

 でも、意識を腰痛持ちの仲間に合わせるの

ではなく、健康な人に合わせる

ことが大切ですね。

 食事が正しければ腰痛とは無縁。

 私のような生活に支障をきたす腰痛でも、

食事を整えたら腰痛は改善します。

 先週もお話をしたように、腸の汚れが

原因で、老廃物が体内に溜まって

いることにより起こります。

 もしあなたが、朝、起きる時に腰痛があって

不快な目覚めから毎日を過ごしているなら、

布団が柔らかくて腰が沈んでいるか、硬

すぎて骨に負担がかかっているか、

どちらかを疑ってみるのも良いでしょう。

 昼間、体を動かしていると痛くないという

人は、寝ている時に腰の筋肉のリンパ液に、

老廃物が溜まっているサインですね。

 まずは、布団を変えてみましょう。

 布団で痛みが改善できるなら、

安いものです。

 しかし、布団を変えて痛みがなくなったから、

何もしなくていいのではありませんよ。

 あなたの体はすでに老廃物が溜まっていて、

特別な布団にしなければいけない体だと

いうことを自覚する必要があるんですね。

 つまり、年齢に関係なく老廃物がたまりやすい

体は、体が錆びつき始めシミやシワなど、見

た目の老化も起こっているのです。

 痛みが和らいだからこそ、前向きに食事に

取り組んで、体内の老廃物を減らす

ゆとりに変えてくださいね。

 そういえば、「1日中寝ていて乳酸が

背中に溜まると短命になる」と母が

云っていました。

 私が本を直接読んだのではないので、

出処が分からないのですが、あな

がち間違いでもないですねぇ。

 当時は『疲労物質(老廃物)=乳酸』という

図式もありましたので、背中の筋肉に乳酸が

溜まるような生活は体のコリにつながり、

体全体のバランスが悪くなります。

 これでは、内臓もゆがみますし、骨も正

しい位置にいることはできませんね。

 短命になるかどうかは別としても、どこにも

不調を感じずに生活をするのは難しいでしょう。

 痛みだけではありません。

 痛みを伴って生活をしていれば、イライラも

起こりやすくなるかもしれませんね。

 背骨に近ければ、なおさらイライラ

しやすくなります。

 あなたの周りを見てください。

 腰の痛い人は、文句も多いのではありませんか?

 だったら、腰痛を改善しただけでも、どれだけ

人生が変わるか、想像がつくと思います。

◇◆──────────────────※

     傷みは食事で改善できます    

 ※──────────────────◆◇

 腰痛だけでなく、体中の傷みは毎日の食事で

改善することができます。

 

 自分の生活は食事を変えられないと、思い

込んでいませんか? 生活にあった食事

の改善にはコツがあります。

 自分で解決できる力を身につけましょう。

       魔女の家庭医学 元氣オピニオン

    佐野よう子さんのメルマガより引用  

                        http://www.genkikai.info/

 風邪がはやる時期です。

 うがいや手洗いと共に、太陽に当たり日光浴

をするとビタミンDが皮下にできて「免疫力」

が上がります。

 逆に、甘い物を食べ過ぎると「免疫力」が

落ちて風邪を引きやすくなります。

 お大事に!!

       今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)