弛緩性の便秘 第 72 号

では弛緩性の便秘の人は、具体的にどんな機能性食品をとったら

良いのでしょうか。

前回話したように食事に気をつけることが前提ですが、偏りきった

体質を中庸にすることで、本来のバラスを取り戻すことができます。

そこで、陰性の人におすすめしているのは黒いり玄米茶です。

穀類は食品の中でも中庸にあたり、その穀類の中でも玄米は中庸に

なります。穀類は人が一番分解しやすい食品で、老廃物を出す

ことなく、栄養素として摂り入れられます。

また、種子なので一粒のバランスが良く、完全体と云えるのです。

その種子をじっくりと焦がしたのが黒いり玄米なんです。

炊飯設備が整っていない昔は、これほどまでに黒いおこげは食べ

なかったものの、鍋底に焦げ付いた玄米を洗うために、お湯で

茹でて取っていたことは簡単に想像がつきます。

そして、そのお湯でさえ、食料の乏しい時代には美味しく飲めた

のではないかと思えるのです。

白いご飯を食べたいた大家の娘が流行病にかかり、おこげを

食べていた奉公人が元気だったという話があるように、玄米で

なくとも「おこげ」には体力をつける力があります。

現代では、わざわざ黒いり玄米をお茶に煮出して飲むのですが、

ミネラルも豊富にあり、体への吸収もしやすくなっています。

そして、中庸の玄米をじっくりと弱火で煎って真っ黒になった

黒いり玄米は、体に一番合う極陽性の食品ということなんですね。

現代人には陰性に偏った弛緩性の便秘が多いと云われるように食事は

陰性に偏っている傾向にあります。

それは、甘いモノや果物などの口当たりの良い食品が多いだけでなく、

農薬や添加物などの化学薬品を自然と食べているというのが原因の

ようです。

ですから、一見陽性過多のような体質の人でも、まずは黒いり玄米を

飲んで様子を見るのもひとつの方法ではないでしょうか。

それによってお腹が硬くなってしまうなら肉や塩気の多さが陽性を

作っているのが原因なので、カリウムの陰性が必要になるかもしれません。

でも、黒いり玄米茶を飲むことで、肉を食べたくなくなり調子が良く

なったから、陰性が極まった陽性だったと云えるかもしれません。

◇◆──────────────────※

    黒いり玄米は、ほぼ正解    

 ※──────────────────◆◇

個人の好き嫌いを除いて、黒いり玄米を飲んで体調の悪くなる人は

聞いたことがありません。

真夏の暑い時に、お茶を大量に飲めば暑くて辛いでしょうが、今の季節

ではまずありえません。それに穀類ですから、日本人の体に悪くなり

ようがないんです。

あまり偏見を持たずに、挑戦してください。

 【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士  佐野よう子さんのメルマガより引用

              http://mamakara.info/wp/

                     今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)