腸内の有効菌を増やす 第 73 号

弛緩性・痙攣性の便秘に関係なく、体調が優れない時には、手当てに

入る前に腸内の環境を整えてもらっています。

それは、病名がついていない人でも、体調が悪いと自覚症状がある人は、

キレイな血液が作られていないと判断をするからです。

 逆に、キレイな血液を作れるほど環境の良い腸なら、体調が悪くなる

わけがないのです。ということで、おすすめしているのが

【さらさらきれい茶】です。

最近では、サラシアを使ったお茶やサプリメントも多く出回っていますが、

このお茶は中医学の先生がブレントされたお茶です。

 食前に飲むことで血中内にコレステロールや糖が吸収しすぎるのを防ぐ

ため、血液がキレイな状態を保つことができるのです。

そして腸内に残った糖質は腸内菌の餌となり、有効菌を増やしてバランス

の良い腸内にします。

 私は【さらさらきれい茶】を初めて飲んだ時に、一気に善玉菌が増えた

のか、悪玉菌の死骸がでたのでは?と思うほど、緩めの便が出てきました。

 その後も、腸のひだに隠れていたような、砂状の便がでたりと、何を

溜めていたのか分からないような便もでました。

 しかし、これらの便がジャマになって、栄養の吸収を妨げていたとしたら、

どんなに効果的な機能性食品を摂っても、吸収されずにでてしまう可能性も

あるはずです。

それを同じように梅肉酵母エキスも、腸内の有効菌を増やすために

おすすめです。

青梅の汁を煮詰めた梅肉は、胃腸の手当てとして昔から使われる

強酸性の機能性食品です。

強酸性の中でも死なない酵母が梅肉酵母エキスの中には入っていて、

腸内の菌を丈夫にする働きがあります。

もともと山に自生する菌ですが、梅肉と混ぜる前に、菌同士を

戦わせて生き残った優秀な菌を混ぜてあるのだということです。

説明では、悪玉菌が嫌いな梅肉で悪玉菌を弱らせて酵母と喧嘩させると

いうような話だったと思います。

どんな形であれ、腸内菌のバランスが良ければ便秘になることはありません。

便秘にならなければ、変なガスも発生しないし、キレイな血液も作れます。

 最終的な目標は、それくらいでちょうどいいと考えてください。

◇◆──────────────────※

   バランスに必要なのは気負わないこと 

 ※──────────────────◆◇

どんな手当てにも言えることですが、「よし、やるぞ~」みたいな

気負いは不要です。

特別なことと意識をしたのでは、長続きしません。

手当てをしている生活が、ごく当たり前になっている生活を、

想像してください。

普通ですよね。その普通を最初から意識するのです。

殆どの人が上手く行かない理由は、特別だと意識をしたり、家族にアピールを

するからです。それでは、家族も落ち着きませんよ。

 【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士  佐野よう子さんのメルマガより引用

              http://mamakara.info/wp/

                  今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)