生活習慣を改造し活性脳を作る 第 88 号

・10代のころ、断食を行い、10日目を過ぎる頃には記憶力が驚くほど

研ぎ澄まされ、英語の長文を何の苦もなくスラスラと暗記できるように

なった。

・断食やヨガを行うことで、活性脳が手に入る。

さまざまなものが満たされている現代では、一種の飢餓状態が脳の

潜在能力を引き出すきっかけになる。

・しっかりお腹を空かせてから食事をとる習慣をつけるだけでも活性脳になる。

一汁一菜の食事を1日に1、2回。これで体は軽快、頭は活性脳に。

・活性脳を作る最高の食材は「玄米」。

活性脳を作りたいなら、脳を甘やかす白砂糖は「毒」と心得よ。

・丸1日が断食期間の、手軽な「36時間断食」が食習慣の改造に役立つ。

・1日の要所要所で適度に行う深呼吸が活性脳を作る。

意識して息を吐ききること。そうすれば息が吸い込まれ、活性脳になる。

・意識して行うゆったりとした呼吸が精神を安定させて活性脳になる。

・息を止めると脳が活性化。

物事の記憶力もぐんと高まる効果あり。

・顎を引き、胸を張って、腰を伸ばした姿勢で歩くこと。

首が伸びると脳への血流がよくなり、活性脳に。

・利き手と反対側の手を積極的に使うことで、活性脳になる。

・睡眠の重要な目的は、内臓の疲れをとること。

食事の回数に比例して、睡眠時間は長くなる。

・活性脳を活かせば、記憶力なんてすぐ10倍になる。

瞬間記憶術によって、活性脳はカメラとなる。

藤本憲幸『できる人の活性脳の作り方』の詳細、

         amazon購入はこちら↓

                       http://amzn.to/H8KpZr

      今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)