共に喜び合える社会に生きる (その1) 第 80 号

 石一つだけでは高い山が出来ないように、天下のあらゆる事も多くの人の

協力があってこそ、成就(じょうじゅ)するという意味で、なにか人以上に

抜きん出て成功する人も、それを支える陰の力があってこそ可能なわけで、

それを自分の努力だけで勝ち得たように考え、「お山の大将我一人」と

優越感にひたって人を見下すのは越権というものです。

「実るほど頭の下がる稲穂かな」という諺があるように、自分が成功すれば

するほどむしろ謙虚になり、そこまで導いてくれたすべてのものに感謝

すべきでしょう。

この世にあるものは、どれ一つとしてそれ自身が独立して存在している

ものはなく、お互いが持ちつ持たれつの相依(そうえ)関係にあり、

生成発展しています。

仏教ではこうした世の中全てのものが相依関係にあることを

「縁起の法則性」と言い、『相応部経典(そうおうぶきょうてん)』で、

      「これあるによりてかれあり、これ生ずるときかれ生ず。

       これなきによりてかれなく、これ滅するときかれ滅す」と

記しています。

すなわち、「これ」とは自分自身であり生成発展の正因(しょういん)

(第一原因)となるものですが、それは助因(じょいん)(第二原因)である

「かれ」のお蔭によって可能になり、また逆も真なりで、「かれ」も

「これ」がなければ成立しないことを意味しています。

例えば、いくら植物の種(正因)があっても、それを蒔く土地や太陽の

熱や水など(助因)がなければ木や花として立派に生育せず、また、

いくら土地などの助因があっても種という正因がなければ、木や花は

育たないようなものです。

こうしてすべてのものが相依関係を保ちながら、この世に存在している

にもかかわらず、人間だけが自分一人で生きているような錯覚をおこし、

その自分を成り立たせている、他の存在を無視して孤高を誇示している

のはどういう事でしょう。

  フランスの思想家ルネ・ジラ-ルはその著『欲望の現象学』で、

 「一つの構造が完成したときそれ自身が閉鎖性を持ち始める。

 一つの文化、一つの社会、一つの国家、いずれもが完成と同時に

 閉鎖的となり、その外部のものを取り込むことが困難となる」と

述べていますが、私達は自分の生成発展の段階では、周囲のものを

利用しその協力を得ながら、いったん自分の城を築き上げて

しまうと、それを他から壊されまいと孤高を保ち、たえず自分の

中の異質的なものを排除して、わが身の保全を図る存在

なのでしょうか。

人間特有のこの自己中心性は、今日いたるところで見受けられます。

自分さえ良ければ人はどうなっても構わない、という利己主義は

個人だけでなくあらゆる集団や組織や国家にみられ、それぞれが自分

のところの発展を目指しているようです。

個人としては蓄財に狂奔し、企業体では組織の拡大化を目指し、

国家は自国民の保護主義に走り、発展すればするほど求心的となり、

自らの安全と純粋性を保つために、それ自身にとって都合の悪い

ものや、対立する異質的な存在を排除して独自の秩序を構築

しようとしています。

                                     ( 長くなりましたので次号に続きます )

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)