徒歩30分圏内は、わたくしの常識 第 83 号

『97歳の幸福論。ひとりで楽しく暮らす、5つの秘訣』

♦5つの秘訣。 

1.温かい家で暮らす。死ぬまで「自分のお城」がいいわ。

2.ちゃんと食べる、ちゃんと歩く。「どうしてそんなに若いの?」

 にお答えします。

3.身だしなみに手を抜かない。やっぱり「見た目」も大切。

4.年齢を悟られずに生きる。ホントに大事なのは、ココロモチ。

5.読む、書く、仕事&恋をする。人生の転機は、好奇心から

 生まれる。

♦わたくしは1914年、大正3年に東京に生まれて、26歳で

報道写真家になりました。

今だって現役ですから、キャリアは約70年です。

♦わたくし、都会に暮らす女なんですよ。東京の高層マンションの

10階に住んでいます。

正確に言うと58歳からここに住み、70歳で夫が亡くなってから

ひとり暮らし。

♦ベランダのたくさんの緑が元気をくれます。

♦わたくしはひとり暮らし。しかもこの年齢ともなれば、真剣に最期

のことを考えておかねばなりません。

♦遺書も書き、尊厳死協会にはとうに入会済み。

死んだら骨をセーヌ川に流してもらうのが夢でしたが、大量に流すのは

ダメだと聞きました。

だから諦めて、自分一人用のお墓を東京に買ってあります。

♦老人ホームは、やーめた。ホームに入ったと思って、その代わりに

今の家をリフォームするためにお金を使いましょう。「終のすみ処」を

もっと快適にしちゃおう。

こうして、94歳でリフォームが始まったのです。

♦住まいの空気を作るのは「色」。

♦東急ハンズ、大好き。イケアでも初めて買い物したわ。

♦三食手作りだからできる、わがままな食卓。

♦わがまま食卓で心がけていることは、2つ。

1.腹八分目にする。子供のころから祖母や母に言われてきた。

「おいしいものをちょうどいい量食べなさい」食べすぎは

万病のもと。

2.いつ、誰に見られても恥ずかしくない食卓にする。

♦駅から遠くても問題ないわ。徒歩30分圏内は、わたくしの常識。

♦97歳、ファッションは一生の楽しみ。装うことが好き。

ユニクロも買ってきますよ。

♦アクセサリーをつけるのは、頭の体操。

♦コティの誘惑。この香水を買おう。心に決めた香水は

コティのロリガン。繊細な瓶のデザインも美しかった。

♦ずっと年下の友人とも、同じ年のつもりで付き合うの。わたくしの

宝物は友達。

♦「明治の女」シリーズの取材をしているときに、ことさら感じ

入ったのは彼女たちの遣う日本語の美しさです。

何しろ、明治の女性たちは、年下のわたくしのことを「あなたさま」

って読んでくださるのですよ。

♦たくさん勉強するわ。でも、ひけらかさない。

♦ハードスケジュールは、自分への挑戦です。

♦「無印」のらくがき帳が宝物。

自分がフリーランスの無印だから、「無印良品」というブランド名

を知ったとき、なんだか嬉しくなってしまったのね。

その「無印」の一冊93歳のらくがき帳を20年以上愛用しています。

♦芸は身を助く。

  笹本恒子『97歳の幸福論。

         ひとりで楽しく暮らす、5つの秘訣』の

           詳細、amazon購入はこちら↓

             http://amzn.to/KbxdW0

  笹本さんの言葉を聞くと、まだまだ若造の自分が

休んでいる暇なんてないな、と思うと共に元気を

頂き、自分への挑戦があるのみと思う。

   今回も最後までお読みくださり、

          ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)