絶対に諦めない生きること生きている 第 89 号

人は様々な願いに生きていますが、北朝鮮に拉致されためぐみさんの

帰国を願う横田夫妻もまた、長年にわたって願いに生きてこられました。

突然、娘が他国にさらわれて38年──。

「一日千秋」、という言葉がズリシと胸に響きます。

────────『今日の注目の人』──

◆ 絶対に諦めない心 ◆

横田滋(拉致被害者家族)

   ×

横田早紀江(拉致被害者家族)

   ×

佐藤佐知典(中学校教諭)

───────────────────

【早紀江】

私は政治家の皆様によく言うんですね。

「皆様のお嬢様がこうなってしまったら、どうなさいますか。

考えていただけますか」と。

黙って聞いていらっしゃいますけど、本当にそうなんですよ。

佐藤先生が「いのちの授業」をされているように、

命は本当に掛け替えのないもので、その命が不当にどこかに

連れて行かれているとしたら、何はさておき引っ張って

連れて帰らなきゃいけないんです。それが政府の役割ではないですか。

私たちもいますぐにでも船で乗り込んでいきたい気持ちです。

めぐみだけでなく、被害に遭われた方がもっとたくさんいらっしゃる

わけですから。

【佐藤】

それだけの強い覚悟をお持ちなんですね。

【早紀江】

私は偽の遺骨が帰ってきてから特にそう思うようになりました。

本当に死んでいるなら、わざわざ別人の骨を送る

必要なんかないわけでしょう。

だから、生きているのは間違いないんです。

【滋】

めぐみの遺骨といわれていたものをDNA鑑定すると、

よその男性の骨でした。

日本の技術ではいつ頃亡くなって、どうやって焼却されたか

ということまですべて分かるんですね。

それからというもの北朝鮮は拉致の真相究明に協力することが

なくなりました。

「拉致問題は終わった」という話になってしまったんです。

【早紀江】

ひょっとしたらめぐみは酷い目に遭っているかも分からない。

だけど生きていると私たちは確信しています。

生きている間に日本の土を踏ませてあげたい。

この国が自由なんだと思わせてあげたい。

それだけなんですよ、私が願っているのは。

【佐藤】

そういうご夫妻の思いを体して、私も生徒たちには

「何事も絶対に諦めるな。 

たとえ結果的には負けても、それでもなお諦めるな」と言っています。

私は生徒たちから「生きるって何?」とよく質問を受けるんです。

簡単で難しい質問ですが、私がご夫妻から教えられたのは、

たとえ絶望的と思われる状況でも、そこから一筋の希望を

見出すことでした。

尽きるところ、それが生きるということだと思います。

そして、そういう生き方をしていれば、平凡に生きられることが

どれだけありがたいか、そのことに感謝できるようになると

思うんです。

 月刊誌『致知』 2016年3月号  特集「願いに生きる」より

    今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!  

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)