人は『鬼の口』に飛び込む思いをしなければならない 第 97 号

 一流の男の背景には必ず母親から

の影響がある──。

 財界の巨人・土光敏夫の背景にもまた、母・

登美の影響が色濃くあったといいます。

 「人間というものは生涯にせめて 一度、

「鬼の口」に飛び込む思いをしなければ

ならない」そう語る、強く逞しく生き

た日本の母の生き方に注目です。

────────『今日の注目の人』──

◆ 土光敏夫の母の言葉 ◆

出町 譲(作家・ジャーナリスト)

───────────────────

 登美の生きる姿勢は、土光(敏夫)の生き方

と多くの面で重なるところがある。

 例えば、非行を行った女子生徒三人に対して

退学処分が下されようとしていた時のことだ。

 当時校長だった登美が「退学処分は許しま

せん。その娘たちは私が預かります」

言い切って、教室に寝具を運び込んで、

その生徒たちと学校の中で寝食を

ともにしたことがあった。

 当初、非行を働いた生徒たちは口を固く

閉ざしたままだったという。

 登美も自分から話し掛けることはなく、

校長室でただ読経していた。

 数日後、子供たちのほうから「先生、

いったい私たちは何をしたらよい

でしょうか」

 と尋ねてきたその瞬間を、

登美は逃さなかった。

 その後急速に登美に打ち解けた生徒たちは、

素直になり掃除に勉強、そして読経まで

進んでやるようになったという。

 土光もまた、いかに周囲から不良社員だと

いうレッテルを貼られた社員に対しても、

そんな社員こそ自分の部下にしたい

ということを述べている。

 作物と同じように早く芽が出る人間も

いれば遅く出る人間もいる。

 どんな人間であろうとも、人を切らない登美

の姿勢は土光にも受け継がれていた。

 どれだけ年を重ねようとも次世代のために

という思いで、骨身を惜しまずに学校建設

に打ち込んだ登美の姿勢もまた、80歳

を超えて日本の国家財政の立て直し

に尽くした土光の姿と重なる。

 「人間というものは生涯にせめて一度、

『鬼の口』に飛び込む思いをしな

ければならない。

 そういう機会を持たずに人生を終える

のは、恥ずかしことだ」とは登美の

言葉だが、まさに学校建設は登美

にとっての「鬼の口」だった。

 土光の場合、何度も「鬼の口」に飛び

込んでいるが、これとて母の教えに

忠実であらんがためにしてきた

ことだったのではなかろうか。

 月刊誌『致知』 2016年3月号 

        特集「願いに生きる」より

      今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。 感謝!  

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)