自分自身に語り掛け.考え.生きる 第 105 号

イギリスの英雄にして、世界的政治家としても有名な

ウィンストン・チャーチル。

最新号では京都大学名誉教授の中西輝政先生に不屈の人チャーチルの魅力を

存分に語っていただきました!

────────『今日の注目の人』──

◆ 不屈の人チャーチルに学ぶ ◆

中西 輝政(京都大学名誉教授)

───────────────────

「決して屈服してはならない。決して屈服してはならない。

 決して、決して、決して、決して!」

チャーチルといえば、国民を奮い立たせる数々の名演説とともに、

葉巻をくわえ、ブルドッグのような厳つい顔でVサインを決める

姿を思い浮かべる方が多いのではないだろうか。

それはまさしく、ナチス・ドイツやソ連の脅威に敢然と立ち向かい、

強力な指導力で国に勝利をもたらした「ウォー・リーダー」としての

イメージからくるものである。

しかし、それはチャーチルという人物の一面でしかない。

実際の彼は実に繊細な心の持ち主であり、自分の弱さを熟知した人物であった。

国民を鼓舞する名演説も、実は国民に向ける以上に自分自身に語り掛けるものであった。

一国のリーダーとしてとてつもない重責を担う我が身を奮い立たせるために

発していたのである。

いま日本は、新しい時代に進むべき道を見極める重要な局面に

差し掛かっている。

その際に、これまでの人類の歴史に指針を求めることは

大変有意義なことである。

その点、このウィンストン・チャーチルという人物には、噛んでも噛んでも

味わい尽くせない深みがある。

現代にも通じる示唆に満ちた彼の人生を辿ってみたい。

  月刊誌『致知』 2016年4月号  特集「夷険一節」

               今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)