必要な食を考える肉食をするということ1 第 98 号

先日お会いした方が、ダシのカツオも食べない完全菜食主義でした。

食べれるお店がなく、お蕎麦屋さんに入って、持参した醤油とそばつゆで、

お蕎麦を食べていたのですね。

今までにいろんな菜食主義を見てきましたが、その光景は衝撃的でした。

このメルマガの読者の中にもビーガンの方はいらっしゃると思います。

ベジタリアンというと、その種類はいくつにも分かれ、こんなに細かく

分ける必要があるのだろうかと思うほど種類があります。

まぁ、それを云ったら「マクロビアンにもいろいろといるでしょう?」

と云われそうですが、マクロビオティックも7号食まであるので、

それだけで7つに分かれていると云えるかもしれません。

ましてや私のようにマクロビオチックというような、いい加減な分類を

作りながら、革製品はなるべく使わないというマクロビアンもいるはずです。

今まで肉食が平気だった人が菜食になるには、何かしらの理由があります。

マクロビアンは健康や美にこだわって始める人が多いのに対して、ビーガンは

どちらかといえば、思想が強く関係しているように感じます。

それだけ意思が強くないとできないとも云えるでしょう。

マクロビオティックで肉を食べない理由としては、『血液を汚す』

ことが理由です。

肉はその殆どが、肉食用に飼育されたものです。飼料や生活環境は人が

管理するため、農家の良心によって肉の質が変わってきます。

分かりやすくいえば、何を食べさせているのか?ということになります。

牛が大食いなのは、あなたも聞いたことがあると思います。

その牛を早く大きくして出荷しなくては、肉の単価が高くなってしまう

のです。

良心的ではない農家は、牛に草を与えません。

もっとコストの安いものを食料として与えるのです。

例えば、コンビニ弁当の残り。毎日大量に出る廃棄物を乾燥させて、

家畜に与えます。

ご飯もあれば、たまごも肉もあります。味付けをされて、消毒を

かけられたのがコンビニの弁当です。

でも、これはまだ良い方ですね。「とにかく、お腹がいっぱいに

なればいい」そんな発想の農家は、ダンボールを与えるところも

あります。

そんなものを食べている家畜を食べて、それでも血液が汚れないと

云えますか?

マクロビオティックが肉を食べない理由の1つとして、家畜の飼料の

悪さが挙げられているのです。

◇◆──────────────────※

       他にもあるけどね     

 ※──────────────────◆◇

飼料の質の悪さは、狂牛病を生み出すほどです。

あの狂牛病だって、牛に牛の骨髄を食べさせなければ、あのようなこと

にはならなかったのです。

牛だって、共食いをさせられるとは思ってもいなかったでしょう。

どちらにしても、私自身はたまに肉や魚も食べたくなりますし、卵も

1週間か10日に1度は食べます。

肉食はしますが、思っているほど美味しく感じないのも確かですね。

かといって、無理に植物たんぱくで肉の代用をしたいとも思わなく

なりました。

子ども達がいなくなったら、もしかしたら菜食主義になるかも

しれませんね。

【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士  

         佐野よう子さんのメルマガより引用

                  http://mamakara.info/wp/

        今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)