化学物質を体内に 摂り入れない工夫が必要 第 99 号

マクロビオテイックで肉を食べない理由は、前回お話をしたように

飼料の悪さが1つの原因です。

そして、飼料が悪ければ家畜は病気になりやすいために、病気になる

前に薬を与えておくのです。

今回子ども達が病院に行って思ったのですが、薬というのは症状が

なくても出されて、しかも「出るかもしれないから」という理由で

飲ませようとするのですね。

家畜にも同じことが行われています。病気になる前に抗生物質を

飲ませ、病気にならないように栄養剤を飲ませるのです。

もちろん、天然のものでは高くつきますので、化学的に作り出された

ものだということは、想像がつきます。

天然のものでもドラッグストアにも置けないような質の悪いものが

あるかもしれませんが、豚や牛では体が大きすぎるので、役にたた

ないかもしれません。

これらの薬品は、血液やリンパ液を流れ、脂身に蓄積されます。

そんな訳でお肉を食べると、もれなく抗生物質と栄養剤を食べる

ことになるのです。

いつもお話をしていますが、人の作ったものは人の体の中に分解

する酵素が入っていません。

すべてが外に出ることなく、あなたの体内に残るのです。

嘘か真か分かりませんが、市販の食品には防腐剤がかかっている

ために、最近の人間は死んでも腐りにくくなったと云われて

いますよね。

科学的ではないので、これに対しては信じませんが、口から入れた

モノ、皮膚から入ったモノ、呼吸から入ったモノ──

これらの化学物質を肝臓で無毒化できなければ、体内に残るでしょう。

一部は外に出ますが、人は一生で250キログラムもの化学物質を食べる

と云われています。

それがどれだけ体に負担をかけていることなのか、想像することは

できますよね。

だからこそ、肉に限らず化学物質を体内に摂り入れない工夫が必要なのです。

その一口の中に、水道水に含まれる化学物質、農薬、防腐剤、香料、着色料、

酸化防止剤、うま味調味料、発泡ウレタンの融解物──

その他にも、私達の知らない化学物質は入っていませんか?

とりあえず、肉や体液の乳製品は、安全なものが

手にはいらないのなら、食べないという選択もあると思います。

◇◆──────────────────※

 (   「そば汁」ではなく「そば湯」   )

 ※──────────────────◆◇

前回、お話をした蕎麦を食べた方は、そば汁ではなく醤油をそば湯で

割って食べていました。

まぁ、考えようによっては、うま味調味料で作られたそば汁で食べる

なら、天然醸造の醤油の方が、美味しいと思います。

安全の前に美味しい。

時々、甘い変な味のそば汁もありますので、これに関しては驚いた

もののすぐに受け入れられました。

よく考えたら、母は塩を持ち歩いていますしね。同じだわ。

【ママの体づくり塾】生活習慣病予防指導士  

       佐野よう子さんのメルマガより引用

               http://mamakara.info/wp/

    今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)