その言葉は本心 ? 本音なの? (その1) 第 100 号

多言(たげん)は一黙(いちもく)に如(し)かず

 おしゃべりは、私達の気持ちを相手に伝える便利な手段ですが、ときとして

それは「意あまって言葉足らず」という事になることがあります。

 いろいろ、言いたい事を手を変え品を変え、表現しようとしても適当な言葉が

見出せず、ゼスチュアたっぷりに言外の言で、相手を納得させようと努力した挙句

「目は口ほどにものを言い」で、目くばせなどの表情で以心伝心させる、といった

たぐいのものです。

 こうした腹芸は、特に日本人の間では得意の技で、「書かれた言葉」よりも

「語られる言葉」の内容の正確さや美しさを、とかく軽視する傾向があるようです。

 これはおそらく、今までの教育が文字を目で読むことを中心にして行ってきた

ので「書かれた言葉」を重視し、会話は証拠が残らないので、批判の対象から外され、

少しくらい無責任な言葉をはいても許され、「語られた言葉」尻をつかまえて、

とやかく批判すると狭量な人だとさげすまれ言挙(ことあ)げしないことを良しと

したからでしょう。

 その点西洋人の言葉は、私たちほど「書かれた言葉」と「語られる言葉」の差は

少なく、「語られた言葉」そのままが「書かれた言葉」といってよく、その内容が

支離滅裂という事はありません。

 これは多分にその言語構造に原因を求めることが出来、それにもまして「言葉」

そのものを自分のものにし、いかに自分らしい言葉で語るかに腐心している

証左(しょうさ)といえましょう。

 わが国では説得力のある話術にたけた人といえば、一部の専門家に限られ、

多くの人はそうした話術にたける事よりも、誠意ある朴訥(ぼくとつ)とした語り手に

なることを好むようです。 (とはいえ最近この傾向も、かなり変化しているかな?)

話術という語感が、何か作為的な技術を連想するところから、言葉自信を美しく

表現し、きちんと語ることを他人行儀なものとして意識的に避け、むしろ、ぶっきら

ぼうに語るほうが信用がおけるという、風潮になったのでしょう。

 このように「言葉」自体に外向きのタテマエの「言葉」と内輪同士で語るホンネの

「言葉」という両極がある限り、ホンネで書いたり語る自分の言葉を、磨き、発展

させる必要はなさそうです。

「このままでいいのだ。どうせ言葉なんて自分の意志を相手に伝える手段の一部であり、

要は相手が受け取ってくれればいいのだから、言葉の内容が支離滅裂であろうが、

表現が稚拙(ちせつ)であろうが、別にかまわないじゃないか」という意見にも一理は

あります。

 しかし、それは内輪同士では通用しても、種々雑多な人の同居する国際社会の中に

あって日本が文化国家を標榜し、日本人である私達が日本語の持つ美しさや独自性を

誇り得るとすれば、私たちが語る言葉自体を粗末にしてよいわけがありません。

 はたして私達は自分の言葉を語るとき、その発音や調子に気をつけて、語る相手に

理解されるように、美しくしかも簡潔明瞭に、そして的確に話そうとしている

でしょうか。

 それは、なにも改まった公式の席上で形式的に語りかけることではなく、日常会話

の中で、自分らしい言葉で相手に語りかけることにほかなりません。

                                     ( 長くなりましたので次号に続きます )

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)