美しく、逞しく生きてほしい継続は力なり 第 95 号

美しく、逞しく生きてほしい──

その願いは、時代を超えて女の子を持つ親に共通の思いですね。

水戸徳川家の流れを汲む松平洋史子さんと会津藩士の血を引く

石川真理子さんとの対談には、武家の祖母から学んだ女性が

凛として生きる知恵が溢れています!

────────『今日の注目の人』──

◆ 明治生まれの祖母からの教え ◆

松平 洋史子(葵パール社長)

    ×

石川 真理子(作家)

───────────────────

【松平】

私は祖母から教わったことで、一つとても印象に残っている

ことがあります。

中学校に入った時でしたけれども、祖母が私を呼んで、「洋史子ちゃん、

きょうからあなたは一人の女性になったのよ。

だからこれからたった一つだけ、これだけは一生やり続けようと思うことを

心に決めなさい。

人には内緒にして、もし誰かに気づかれたら、その時からお話ししてもいい

のよ」って言われたんです。

【石川】

あぁ、一生やり続けようと思うことを決めなさいと。

【松平】

それで何にしようかと考えていたら、たまたま雨の日に祖母が、傘で路面を

トントンって叩いて雨しずくを落としてから車に乗る仕草を見て、あぁ素敵、

これにしようって思ったんです。

私は雨の日にお車に乗る時、中を濡らさないように傘をトントンとやること

にしようと決めて、中学の時からずーっと続けてきたんです。

そうしたらつい最近なんですけど、雨の日にタクシーを拾って傘を

トントンってやってから乗ったら、運転手さんが「僕は長いことタクシーの

運転手をやってきたけれども、お客さんのように気を使って乗ってくれた方

は初めてです」って感激してくださったんです。

ずっと内緒にしてきたことが、そこでとうとう人にバレたのね(笑)。

それできょうこうしてお話しできるんですけれども。

【石川】

素敵なお話ですね。お祖母様はそのように、ご自分の姿でいろんなことを

教えてくださっていたのでしょうね。

 月刊誌『致知』 2016年4月号 特集「夷険一節」より

         今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)